デジタル製品・家電 流通

【肌の老化を進めないために】必要な水分量を保つ、敏感肌も安心のコスメ

Areti株式会社
美容家電メーカーが作った髪と素肌のためのコスメを期間限定でプライスダウン

4/19までareti.jp、楽天市場、amazon、Yahoo!ショッピングにて、アレティコスメのセールを開催。これからの時季に欠かせない日焼止めなど、敏感肌でも使えるやさしい処方のスキンケア、ドライヤー・ヘアアイロンユーザーのための熱を味方にダメージを補修するヘアケア商品を揃えております。





日焼け対策で忘れがちな首の後ろや手の甲、掻きむしってしまいがちなお子さんの肌に


1年中降り注ぐ紫外線。4~8月は特に強まり、紫外線量が落ち着きはじめると乾燥シーズンに突入し、夏までに受けた紫外線のダメージが表面化。そのため、秋は『肌の老化を進める季節』と言われています。

紫外線ダメージの蓄積は肌の角質層が乱れる原因のひとつ。角質層が乱れると肌の水分はキープされず、どんどん蒸発してしまうため、シワも目立ってしまいます。

そうならないためには今から秋にかけて、長期的な紫外線対策が必要です。


2歳以上のお子様からご使用になれます。
アレティのおすすめは多機能UVクリーム“CampBaby(SPF37 PA+++)”。抗酸化作用のある青森カシスエキス、高保湿成分の栗セラミド、メラニンの合成を阻害するα‐アルブチンなど、天然由来の美肌成分をたっぷり配合。
乾燥を防ぎ、太陽の下でも、エアコンの効いた室内でもしっとりとした肌を持続させます。

また、紫外線吸収剤、着色料、皮膚トラブルが心配な旧指定成分は不使用。マスクで敏感になっている顔はもちろん、皮膚が薄い首元、手洗いで春も乾燥しがちな手元にも安心してご使用いただけます。
そして、やさしい処方だから親子で使用可能。

なかなかじっとしてくれなくても、のびが良いので素早く塗れ、汗や水遊びにも対応するウォータープルーフ。虫が嫌いな柑橘系の香りで、汗っかきなお子さんの肌をガード。
帰宅後は普段使いのせっけんやボディソープで落とすことができます。

多機能UVクリームの他、熱を加えることで髪のダメージを補修するγ‐ドコサラクトン配合のシャンプー、トリートメント、ヘアミストなど、アレティこだわりのコスメを週末限定でプライスダウン。

強まる紫外線対策にぜひ取り入れてください。


ヘアケア・スキンケアコスメがお得な期間限定セール
4月16日(金)18:00~ 19日(月)17:59
詳細は下記の『美の旅』にてご確認ください。




美の旅 スペシャルコンテンツ

セール情報やいち押しコスメの詳細をお伝えしております。


【SALE情報掲載!】『美容家電とのあわせ使いで美容効率UP』
https://areti.jp/aretist/cosmetics/

『春の花が咲きはじめたら、紫外線対策を本格スタート』
https://areti.jp/aretist/u1906spring/

『小さなお子さんとのお出かけ準備に』
https://areti.jp/aretist/u1906/

『トリートメントをしてもパサつく。そんなときは・・・』
https://areti.jp/aretist/t1607/

ヘアアイロンやドライヤーをはじめ、美顔器やスキン&ヘアケアコスメを展開する東京・日本橋発の美容家電メーカー。 様々なスタイリングを楽しめるだけではなく、顔まわりの髪がうねる、年齢とともにボリュームがなくなったなど、ユーザーの悩みに応えるため、ヘアアイロンは特にバリエーションが豊富。 自社ブランドには、品質・保証にもこだわったAreti.(アレティ)、“使いやすい”をリーズナブルにお届けするClarity(R)(クラリティ)、Amazon限定家電のExelential(エクセレンシャル)、Amazon限定コスメのEssenshil(エッセンシル)がある。 ウェブマガジン『美の旅』https://areti.jp/aretist/では、公式アンバサダーライターによるコラム(今月のテーマは「免疫力UPレシピ」)や美容に関する情報を発信中。

公式SNS
You tube https://www.youtube.com/channel/UCfecvOPTtn4DdXr8hUdDaAQ
Instagram https://www.instagram.com/areti_jp/
Twitter https://twitter.com/Aretijp
Facebook https://www.facebook.com/Areti.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)