ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

コロナ禍における外国人技能実習生の働きやすい環境づくりを目指し、多言語オンライン医療サービス「OHドクター」を運営するジョーズコーポレーションが国際連携推進協会と連携開始

株式会社ジョーズコーポレーション
在日外国人向けに多言語オンライン医療サービス「OHドクター(ONLINE HOME DOCTOR)」を運営する株式会社ジョーズコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役社長:徐 立恆)は、外国人技能実習生の支援団体、一般社団法人国際連携推進協会(本社:東京都千代田区、代表理事:茅本良夫)と外国人技能実習生の働きやすい環境づくりを目指し、連携いたしましたことをお知らせします。本連携により、国際連携推進協会を通じて、技能実習生を受け入れる企業へのサービス提供も開始いたしました。



【本連携の背景】
現在、人材不足の日本には295万人を超える在日外国人が住んでおり、外国人技能実習生はこの10年で4倍にも増加しました。それに伴い、外国人技能実習生を受け入れる企業側も様々な支援策に取り組んでいるが、負担は大きいといいます。例として、庶務手続きをはじめ、日本語教育の実施や通訳スタッフの配置、住まいの提供、心身のケアなどがあげられ、“働きやすい環境づくり”は大きな課題となっています。

「OHドクター」は、台湾と日本での医療経験を持つ代表のこれまでの体験や周りの在日外国人らの声から誕生した多言語オンライン医療サービスです。コロナ禍における体の不調や不安を母国語で医師に相談することができ、薬も自宅に届くため、スマホ1つでどこからでも利用が可能です。
国際連携推進協会には現在、約6,000社の企業、約30,000人の在日外国人が属しています。本連携では、当社サービスを通じ、外国人技能実習生へ健康面での支援を行います。そして、受け入れ企業の大きな課題となっている“働きやすい環境づくり”におけるサポートを目指します。

【サービス概要】
OHドクターは、在日外国人向けのオンライン医療サービスです。現在は、10名の多言語に対応可能な医師が在籍しており、利用者はオンライン上で医療相談や診療のほか、紹介状の発行、PCR検査対応可能な施設への予約、薬剤の処方、コンビニ後払い、クレジットカード決済等を行うことが可能です。



医療相談:1枠10分以内、オンライン診察:1枠15分以内
対応科目:内科一般・呼吸器内科・耳鼻咽喉科・小児科・皮膚科
対応言語:日本語・中国語・英語・ベトナム語(ミャンマー語、インドネシア語準備中)
対応実施日:月・水・金・土(予定)
対応時間:平日20時~22時、土10時~12時(予定)
使用ツール:ZOOM



日本語版サイト:https://oh-doctor.com/
中国語版(簡体字版)サイト:https://oh-doctor.com/zh/
中国語版(繁体字版)サイト:https://oh-doctor.com/zh-tw/
英語版サイト:https://oh-doctor.com/en/service-en/
ベトナム語サイト:https://oh-doctor.com/vi/guide-vi/

<利用者の声>
予想以上にコミュニケーションが取れる診察です。
丁寧なご対応に安心いたしました。
ベトナム通訳の方の綺麗な言葉に外国人技能実習生への展開に活用できると確信いたしました。


【今後の展望】
当社は「日本で暮らす全ての方の生活を豊かに」というミッションのもと、今後も多くの団体、企業様との連携を図り、日本における在日外国人のより働きやすい環境づくりを広げてまいります。現在、日本語、中国語、英語、ベトナム語でご利用いただいておりますが、さらに多様な言語やサービス機能の拡充を予定しています。


【株式会社ジョーズコーポレーションとは】
「日本で暮らす全ての方々の生活がより豊かになりますように」というコンセプトのもと、訪日外国人また在日外国人に寄り添う宿泊施設の提供やオンライン医療サービス等を展開しています。メンバー自身が日本に住む外国人であることや、多言語に対応できる医師が在籍しているため、日本で働く在日外国人のみならず受け入れ機関・企業など双方へのサービスを提供しています。


【株式会社ジョーズコーポレーションの概要】
(1) 社名:株式会社ジョーズコーポレーション
(2) URL:https://oh-doctor.com/
(3) 代表者:徐 立恆
(4) 本社所在地:東京都港区南青山2-26-32 セイザン402
(5) 設立年月:2017年8月以上

以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)