出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

テレビで大反響! 科学的根拠に基づいた1日3分見るだけの「視力回復」本が、10万部突破!

SBクリエイティブ
~眼科医・平松類医師監修「ガボールパッチ」特設サイト開設


SBクリエイティブ株式会社(本社:東京都港区)は、2018年12月に発売した書籍『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』(平松類 著)が10万部を突破いたしましたので、お知らせいたします。

本書は、「ガボールパッチ」という「しま模様」を使って脳を刺激することで視力を回復する方法を解説しています。この視力回復法は、カリフォルニア大学をはじめとする世界中の研究機関で科学的に証明されており、日本のキー局の多くでもテレビ番組内で被験者の視力向上が確認され、SNSなどで話題となっています。

「ガボール・アイ」やり方


やり方は簡単で、ページ内に配置された多数の「しま模様」の中から、同じ模様を探すという作業を1日3分行うだけです。


これまでの視力回復法では、効果のほどがわからなかったり、やり方が面倒だったりするものがほとんどでしたが、「ガボールパッチ」を使った視力回復法は、これらを解決し、誰でも簡単に続けることができるのです。



この「ガボールパッチ」を使った視力回復法は、眼科医の平松類医師によりテレビ東京系列『主治医が見つかる診療所』にて初めて紹介され、平松医師はこの視力回復法を「ガボール・アイ」と名付けました。


平松類医師
「ガボール・アイ」は、脳を刺激することで視力を向上させているため、「近眼」「老眼」「乱視」「遠視」などの改善に加え、認知症の予防にも効果が期待されています。年齢も視力も問いません。
『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』(平松類 著)
http://u0u0.net/YH09

また、平松医師は、「ガボールパッチ」と「ガボール・アイ」のさらなる普及のために、公式サイトを開設しました。

【ガボールパッチ解説サイト】
http://www.gabor-patch.com/


視力回復法「ガボールパッチ」について正しい知識を知った上で、『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』で視力回復に努めてみてはいかがでしょうか。

【「ガボールパッチ」主なメディア紹介】
テレビ東京系「主治医が見つかる診療所」
NHKBSプレミアム「偉人たちの健康診断」
TBSテレビ系「この差って何ですか?」
ほか、新聞・雑誌多数


■平松 類(ひらまつ・るい)
医師/医学博士/昭和大学兼任講師
愛知県田原市生まれ、東京の多摩地区育ち。
昭和大学医学部卒業。
現在、二本松眼科病院、彩の国東大宮メディカルセンター、三友堂病院で眼科医として勤務。受診を希望する人は、北海道から沖縄まで全国に及ぶ。特に高齢者の診療経験は多く、のべ10万人以上と接してきた。

著書は15万部突破の『老人の取扱説明書』、11万部突破の『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』(いずれもSBクリエイティブ)、『老眼のウソ』『その白内障手術、待った! 』『緑内障の最新治療』(時事通信社)など


【商品に関するお問い合わせ】
SBクリエイティブ株式会社
電話:03-5549-1201(商品部)
http://www.sbcr.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会