広告・マーケティング 美容・健康

航空機健康監視(AHM)市場ー航空機の種類別、運用時間別、設置別、フィット別、ソリューション別、および地域別ー世界予測2023年

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、「航空機健康監視(AHM)市場ー世界予測2023年」新レポートを 2021年04月20日 に発刊しました。この調査には、航空機健康監視(AHM)市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-109994



AHM市場は2018年に37.4億米ドルから、2023年までに54.3億米ドルに達すると推定され、2018-2023年の間に7.77%のCAGRで成長すると予測されています。メンテナンスコストが削減されることにより、民間および軍のオペレーターからのスマートコ

ネクテッド航空機の需要の増加は、予測期間中にAHM市場の成長が促進されると予想されます。

市場セグメント

航空機健康監視(AHM)市場は、航空機の種類別(商業、ビジネス、ロータリー、軍事)、運用時間別(リアルタイム、非リアルタイム)、設置別(機内、地上)、フィット別(ラインフィット、レトロフィット)、ソリューション別、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

商業セグメントは、AHM市場で大幅なCAGRで成長すると予測されていま。

航空機の種類に基づいて、AHM市場の商業セグメントは、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。この成長は、空の旅の増加、中産階級の人口の可処分所得の増加、および国際貿易と観光に起因する可能性があります。商用航空会社は、技術的に進歩した航空機に投資して、それらの効果的な使用を促進しています。さらに、これらの商用航空会社は、航空機の効率を改善するための予定外の航空機のメンテナンスなど、運用コストを削減および最小化する方法を常に模索しています。

ラインフィットセグメントは、2018年にAHM市場でより大きなシェアを占めました。

フィットに基づいて、AHM市場のラインフィットセグメントは、レトロフィットセグメントと比較して、2018年に大きなシェアを占めました。この市場シェアは、新しい航空機への健康監視システムの設置に対する高い需要に起因する可能性があります。

地域概要

航空機健康監視市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

これらの地域の中で北米地域は、予測期間中に大幅な市場シェアを占めると予測されます。この地域の国には、米国とカナダが含まれます。この地域の成長は、接続された航空機および飛行データ監視サービスの増加に起因する可能性があります。

市場の主要なキープレーヤー

航空機健康監視(AHM)市場の主要なキープレーヤーには、Rockwell Collins(米国)、Safran(フランス)、FLYHT(カナダ)、Rolls Royce(英国)、Curtiss-Wright(米国)、Esterline(米国)、Meggitt(英国)、SITA(スイス)などがあります。この調

査には、市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/aircraft-health-monitoring-market/109994

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)