広告・マーケティング 美容・健康

腎臓デバイス市場「予測期間中に5.2%のCAGRで成長すると予測」ー世界の業界分析、トレンド、市場規模、および予測2025年

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、「腎臓デバイス市場ー予測2025年」新レポートを 2021年04月20日 に発刊しました。この調査には、腎臓デバイス市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-104605



世界の腎臓デバイス市場は、2019ー2025年の予測期間中に5.2%のCAGRで成長すると予想されます。

以下の要因は、市場の成長に貢献する可能性があります:


世界中で慢性腎臓病の有病率の増加
老人人口の増加
腎臓装置の革新


腎疾患患者の治療や回復時間の最小化など、腎デバイスの利点に対する認識の高まりが、腎臓デバイス市場の成長を後押ししています。さらに、低侵襲手術に対する高い需要は、腎臓デバイス市場の発展につながっています。低侵襲のロボット手術により、従来の腹腔鏡手術よりも高い精度で腎臓の一部を切除することができます。

市場セグメント
腎臓デバイス市場は、デバイスタイプ別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントは、以下のとおりです:
デバイスタイプ別


Lithotripter
透析装置
血液透析水処理システム
透析カテーテル
その他

地域概要
腎臓デバイス市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米は、世界の腎臓デバイス市場で大幅なシェアを占めると予想されています。北米での腎臓デバイスの容易な入手可能性は、この地域の市場の成長を促進します。腎障害の影響を受けやすい老人人口の増加は、北米の市場の拡大につながりました。米国国勢調査局レポート2018によると、2035年までに65歳以上の人口は7,800万人になると推定されています。一方、アジア太平洋地域は、予測期間中に最大なCAGRで、腎臓デバイス市場で成長すると予想されます。腎臓デバイスの使用に関する意識の高まり、およびアジア太平洋地域でのライフサイエンス産業の台頭は、市場の成長に貢献しています。

市場の主要なキープレーヤー

腎臓デバイス市場の主要なキープレーヤーには、Nikkiso Co., Ltd.、Baxter International Inc.、Fresenius Medical Care AG & Co. KGaA、Dornier MedTech、Asahi

Kasei Corporation、Nipro Corporation、DaVita、Cantel Medical Corporation、B. Braun Melsungen AG、C.R.Bard, Inc.などがあります。この調査には、腎臓デバイス市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/nephrology-devices-market/104605

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)