医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

【マンガでわかる】「心」を健やかにしてコロナ禍を過ごす方法

株式会社Smart119
セルフマネジメントの大切さをイラストで理解

救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用を手がける株式会社Smart119(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長/CEO:中田孝明)は、新型コロナウイルスへ向き合う心構えについて、救急・集中治療医学の見地からまとめたイラストレーションを一般公開しました。株式会社Smart119代表で国立大学法人千葉大学 救急集中治療医学 教授の中田孝明医師と、同医学部附属病院 こどものこころ診療部の佐々木剛副部長・講師が監修しています。日々の感染者数増加から「第4波の予兆」が報じられる中にある不安感に着目して、「こころ」からの予防を解説します。本資料は学校、企業、公共機関、町内会等で自由に配布・利用していただくことが可能です。




新型コロナウイルス感染症が社会に蔓延して1年が経ちます。徐々にワクチン接種も始まり、感染予防へ新しい段階に入った今でも、3密(密閉・密集・密接)などの基本的な予防対策が、引き続き日常に求められています。この生活様式においては、人と接する機会が少ない中でも「感染したら」「感染させたら」と一人思い悩む場面が生じ、精神的にも情緒的にも不安定さを招きます。千葉大学医学部 附属病院こどものこころ診療部の副部長・講師 佐々木剛医師と、同大学教授で救急集中治療医学を専門とする中田孝明医師が、こころを健やかにしてコロナに立ち向かうセルフマネジメント方法をまとめました。


<制作背景>
監修者佐々木剛医師から
新型コロナウイルスは感染力とともに、精神面へもストレスを与える恐ろしさがあります。個人のリスク、また友人や家族への気遣い、また日常生活への変化が生じたことにより不安を抱かせるものです。予防へ「心」を意識することで、こうした不安感を取り除きます。精神面を安定化することは、免疫力と快復力を高めることにもつながります。フィジカルの感染管理に対する正しい知識とともに、メンタル面においても予防を意識していただきたいと思います。


◆印刷用資料ダウンロードリンク
https://smart119.biz/manga/000321.html

◆テーマ
「コロナ感染に不安になる人へ」

◆解説者
中田孝明
株式会社Smart119 代表取締役
千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 教授
https://twitter.com/Nakada119

佐々木 剛
千葉大学医学部附属病院
こどものこころ診療部
副部長・講師


◆ポイント1:自分を知るセルフモニタリング
ストレスの認識は脳が判断していますから、何に自分が反応しているのかに気付くことからはじまります。この気付きから、自分にあった対処法が見えてきます。


◆ポイント2:自分で対処するセルフマネジメント
1 コーピングを増やすこと
 コーピングとは、ストレスに対して意図的に実施する対処法です。
 ・ストレスの要因へのコーピング(対処方法)を見出す。一つではなく、複数の方法を持つようにします。
 ・あるコーピングに効き目が無い場合は、別のものに切り替える、または組み合わせる。

 例:いつもの晩酌の場合
 基本行動:1.手を洗って、2.お気に入りのグラスで飲む
 コーピング行動:2.ハンドソープを変えて、2.グラスも変えて飲む

2 自動思考に巻き込まれないこと
 自動思考とは、ひとりでに頭の中に浮かんでくる考えやイメージ、物事の受け止めかたです。
 物事の捉え方は感情で決まります。
 ・自分の考え方のくせに気が付く
 ・ネガティブな考えに巻き込まれない
 ・考え方を柔軟に


◆医療情報イラストレーション・シリーズ ホームページ
https://smart119.biz/manga/

※画像など当コンテンツを報道にて引用頂く場合は、「(株)Smart119 提供」と記載ください。
また、その際はpress@smart119.bizまでご一報いただけますと幸いです。

<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発ベンチャー」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。



【株式会社Smart119 会社概要】
会社名: 株式会社Smart119
住所: 千葉県千葉市中央区中央2丁目5-1千葉中央ツインビル2号館 7階
設立: 2018年5月
代表者: 中田 孝明
事業内容:
音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」の開発・運用
緊急時医師集合要請システム「ACES」の開発・運用
災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用
URL: https://smart119.biz
Twitter: https://twitter.com/Smart119_jp
メールアドレス: press@smart119.biz (担当:中村)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)