美容・健康 住宅・建築・建設

屋内の感染予防対策に特化した、紫外線照射灯【AEGIS360】を発売

ゼロメディカル
空気環境を改善することで、不安を抱えるお客様や従業員にとって、計り知れない価値を生みます

医療機関の経営支援やインターネットマーケティング事業を手掛ける、株式会社ゼロメディカル(本社:東京都目黒区、代表取締役:原 征弘)では、新たに感染症対策事業を立ち上げ、屋内の空気環境を改善するUVGI紫外線照射灯【AEGIS360(イージス360)】を発売いたしました。





変異株の感染が広がるなど、今もなお様々な業種において、新型コロナウイルスが深刻な影響を及ぼしています。その影響は1年、もしくは数年……。より長い目で見ていく必要があることは多くの方が実感しているはずです。

未曾有の状況で、お客様と対面ビジネスを行う企業や、従業員を多く抱える企業に出来ることはどのようなものでしょうか?

医療機関の経営支援をはじめ、介護・福祉事業、インターネットマーケティング事業を手掛ける株式会社ゼロメディカルでは、新たに感染症対策事業を立ち上げ、密になる屋内の空気環境を改善するUVGI紫外線照射灯【AEGIS360(イージス360)】を開発いたしました。

人体に影響のあるオゾン形成放射線(185nm)をカットし、菌やウイルスの増殖抑制に高い効果を発揮するとされている、253.7nm(UV-C)付近の波長を、360度水平方向にのみ照射することで、 天井付近に紫外線の空気環境改善エリアを作ります。

人の生活エリアには紫外線を照射しないため、例えば24時間、人が活動しているような室内でも安心・安全に利用することが可能となる紫外線照射灯です。


【商品特長】

1. 人がいる室内でも安心・安全に紫外線照射が可能



「AEGIS360(イージス360)」は、360度に広がる羽板構造によって、紫外線を水平方向にのみ照射し、天井付近に紫外線の空気環境改善エリアを作ります。人の生活エリアには紫外線を照射しないため、安心・安全に利用することが可能です。


2. 出力減衰が極めて低く、長寿命なUV-Cランプを使用



フィリップス社TUVシリーズのUV-Cランプを採用し、一般的に使用されるUV-Cランプと比べ、非常に高い出力効率及び、長寿化を実現しています。また、フィリップス社独自の高品質ガラスを使用しており、人体に影響があるオゾン形成放射線(185nm)をカットします。


3. 253.7nmの紫外線を360度照射し、多くのウイルスや菌の増殖を抑制



研究により、菌やウイルスの増殖抑制には253.7nm(UV-C)付近の波長が最も高い効果を発揮するとされています。「AEGIS360(イージス360)」は、253.7nmの波長を照射するUV-Cランプを360度に照射することで、多くのウイルス・菌に対し、高い環境改善効果を発揮します。


【STOP感染症トーキョーサミット 東京国際フォーラムでの設置風景】




【商品仕様】


型式:TAO18W01
設置目安:54~97m²
設置方法:天井取り付け型
使用ランプ:TUV PL-L 18W/4P
消費電力:22W
概寸法:外径193×高さ293 mm
重量:約4kg



AEGIS360 サービスページ:
https://aegis360.zeromedical.tv/


【株式会社ゼロメディカル 企業情報】

ゼロメディカルは企業としての責任を「社会の持続・発展」と考えています。そのために盤石な経営基盤を築いた上で、利益の一部を「持続可能な未来」のために再配分します。

労働環境が大きく変わった2020年、私たちは企業の存在価値を自問する機会を得ました。企業やヒトや未来のためにどんな貢献ができるのか、社会問題の解決に企業としてどう参加できるか。

私たちゼロメディカルは、2015年より取り組んできた「こどもたちがうつむかない未来」への貢献を最大化するという答えにたどり着きました。

事業の利益の一部をこどもたちの未来を守るために使い、活動内容をステークホルダーの皆様とも共有していく活動を行っています。

■会社名 :株式会社ゼロメディカル
■設立  :2005年9月
■資本金 :1,000万円
■代表者 :代表取締役 原 征弘
■事業内容:
・医療に関する経営コンサルタント
・インターネット上のポータルサイトの企画及び運営、制作業務
・インターネットを利用した医療・健康・美容情報提供サービス
・営業支援・販売促進を目的としたホームページ等、各種ツールの提案・企画・制作
■企業HP:https://zeromedical.tv/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)