美容・健康 医療・医薬・福祉

驚愕!「幹細胞美容製品」の多くが、医療廃棄物の脂肪幹細胞と知らずに使っていた女性約3割

ソリッド株式会社
~肌再生で注目の「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」にまつわる調査をソリッドが実施~

 ソリッド株式会社(本社: 東京都世田谷区、代表取締役:小池 利江)は、自身の美容ケアについて、月に3万円以上使っている女性109名を対象に、不死化幹細胞の認知度調査を実施しました。



調査概要

調査概要:不死化幹細胞の認知度調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年4月8日~2021年4月9日
有効回答:自身の美容ケアについて、月に3万円以上使っている女性109名


77.2%の女性が幹細胞を「知っている」と回答

 「Q1.あなたは、「幹細胞」を知っていますか。」(n=109)と質問したところ、「はい」が77.2%、「いいえ」が17.4%という回答となりました。

Q1.あなたは、「幹細胞」を知っていますか。
・はい:77.2%
・いいえ:17.4%
・わからない:5.4%


幹細胞美容製品を利用したことがある女性は84.5%

 Q1で「はい」と回答した方に、「Q2.あなたは過去に、「ヒト幹細胞美容液」などの幹細胞美容製品を利用したことはありますか。」(n=84)と質問したところ、「はい」が84.5%という回答となりました。

Q2.あなたは過去に、「ヒト幹細胞美容液」などの幹細胞美容製品を利用したことはありますか。
・はい:84.5%
・いいえ:15.5%
・わからない:0.0%


幹細胞美容製品を利用した理由:「アンチエイジングのため」が63.4%で最多

 Q2で「はい」と回答した方に、「Q3.「ヒト幹細胞美容液」などの幹細胞美容製品を利用した理由を教えてください。(複数回答)」(n=71)と質問したところ、「アンチエイジングのため」が63.4%、「シワやたるみの対策のため」が62.0%、「シミやそばかすなどの対策のため」が60.6%という回答となりました。

Q3.「ヒト幹細胞美容液」などの幹細胞美容製品を利用した理由を教えてください。(複数回答)
・アンチエイジングのため:63.4%
・シワやたるみの対策のため:62.0%
・シミやそばかすなどの対策のため:60.6%

・乾燥対策のため:57.7%
・なんとなく良いと聞いたため:25.4%
・その他:8.5%
・わからない:0.0%


一般的なヒト幹細胞のほとんどが、医療廃棄物である脂肪幹細胞を使用したものであることを理解している女性は7割

 Q2で「はい」と回答した方に、「Q4.あなたは、一般的なヒト幹細胞のほとんどが医療廃棄物である脂肪幹細胞を使用したものだと知っていますか。特許第6010112号」(n=71)と質問したところ、「はい」が70.2%という回答となりました。

Q4.あなたは、一般的なヒト幹細胞のほとんどが医療廃棄物である脂肪幹細胞を使用したものだと知っていますか。特許第6010112号
・はい:70.2%
・いいえ:27.4%
・わからない:2.4%


クオリティが劣化しない「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」の存在を知っている女性は67.8%

 Q2で「はい」と回答した方に、「Q5.あなたは、何度培養を繰り返してもクオリティが全く変わることのない、「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」を利用した世界特許の技術を知っていますか?特許第6010112号」(n=71)と質問したところ、「はい」が67.8%という回答となりました。

Q5.あなたは、何度培養を繰り返してもクオリティが全く変わることのない、「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」を利用した世界特許の技術を知っていますか?特許第6010112号
・はい:67.8%
・いいえ:26.2%
・わからない:6.0%


7割以上の女性が「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」を利用した幹細胞美容製品を利用してみたいと回答

 Q2で「はい」と回答した方に、「Q6.あなたは、培養を繰り返しても製品として安定したクオリティでありリスクの低い、「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」を利用した幹細胞美容製品を利用してみたいと思いますか。」(n=71)と質問したところ、「はい」が77.4%という回答となりました。

Q6.あなたは、培養を繰り返しても製品として安定したクオリティでありリスクの低い、「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」を利用した幹細胞美容製品を利用してみたいと思いますか。
・はい:77.4%
・いいえ:14.3%
・わからない:8.3%


「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」を利用した幹細胞美容製品の需要について:「化粧水パック美容液」や「洗顔後すぐの導入美容液」を使ってみたいという声

 Q6で「はい」と回答した方に、「Q7.あなたは、製品として安定したクオリティでありリスクの低い、「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」を利用した幹細胞美容製品として、どのような美容製品を利用してみたいと思いますか。(自由回答)」(n=55)と質問したところ、「化粧水パック美容液」や「洗顔後すぐの導入美容液」など30の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・34歳:化粧水パック美容液
・31歳:ターンオーバーや再生力が期待できる美容技術の製品
・40歳:美容液やマスク
・26歳:リフトアップ効果のある製品
・36歳:パックや美容液を使ってみたい。普段のスキンケアにプラスして使いたい
・38歳:洗顔後すぐの導入美容液
・36歳:効果実感が早い段階で見えるもの、1ヶ月程度。クリームがいいです。


欲しい幹細胞コスメについて:「化粧水」が75.2%で最多

 「Q8.あなたが欲しい幹細胞コスメを教えてください。(複数回答)」(n=109)と質問したところ、「化粧水」が75.2%、「美容液」が74.3%という回答となりました。

Q8.あなたが欲しい幹細胞コスメを教えてください。(複数回答)
・化粧水:75.2%
・美容液:74.3%
・クリーム:56.0%
・その他(自由回答):3.7%


まとめ

 今回は、自身の美容ケアについて、月に3万円以上使っている女性を対象に、不死化幹細胞の認知度調査を実施しました。

 まず、幹細胞の認知度について、77.2%の女性が幹細胞を「知っている」と回答しています。その中で実際に幹細胞美容製品を利用したことがある女性は84.5%おり、「アンチエイジングのため」(63.4%)に利用する人が多い結果となりました。

 また、一般的なヒト幹細胞のほとんどが、医療廃棄物である脂肪幹細胞を使用したものであることを理解している女性についても7割の人が当てはまりました。逆を言えば、およそ3割程度の女性はヒト幹細胞美容製品のリスクを理解しないまま製品の使用をしていたことになります。

 さらに、クオリティが劣化しない「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」の存在を知っている女性は67.8%おり、そのうち、7割以上の女性が「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」を利用した幹細胞美容製品を利用してみたいと回答しています。製品としては化粧水や美容液が望まれており、日々のスキンケアとしての需要が高いようです。

 あらゆるお肌の悩みを解決できるとして注目されている「幹細胞」ですが、培養を繰り返すことによる劣化や、それが引き起こすリスク、医療廃棄物である脂肪幹細胞を使用したものも多く出回っているのが現状です。今回の実態調査でも、毎月まとまった金額を美容に費やしている比較的美容感度の高い女性ですら、その事実を理解しないまま製品の利用をしていることが判明しました。そういった意味でも、「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液」は、それらのリスクがない安心・安全なスキンケアの救世主として有効でしょう。


国際特許取得の最新再生医療とは

 一大ブームを巻き起こしたヒト幹細胞ですが、そのほとんどが脂肪幹細胞、つまり医療廃棄物です。しかも、その例外の選択肢の幹細胞も臍帯血(さいたいけつ)や骨髄(こつずい)から採取していたため、時間的にも体力的にも採取に労力を強いてきました。私たちの不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清は、クローン細胞のように同じ再生因子を無限に培養できる技術であり、国際特許を取得。幹細胞研究の実用化を通して、再生医療でも注目を集めており、理想的な細胞ソースと考えられています。

<医療関係者の方はこちらから>
培養上清 取引サイト
URL:https://b2b.fushika.jp/

<化粧品開発やOEM にご興味がある方はこちらからお問合せください >
国際特許 不死化サイト
URL: http://fushika.jp/

<不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液配合のクリームが誕生!KUJIME Dr.K+ FUSICA CREAM>


 共立美容外科の関連事業としてスタートしたブランド【KUJIME】では 安全な不死化歯髄幹細胞を採用し、最新の再生医療技術から生まれたフシカクリームを発売中。

おススメ:加齢によるシワやたるみが気になる方へ
使用感 :伸びが良い塗り心地 / なめらかでしっとり感が強い
容量  :35g
香り  :無香料
価格  :16,500円(税抜)
購入URL:https://kujime.org/collection/fusica.html


会社概要

会社名 :ソリッド株式会社(http://solid.ms/
所在地 :〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-30-8 クレセント下北沢2F
代表  :代表取締役 小池 利江
設立  :2006年9月
取扱商材:化粧品、美容雑貨、酒類、高度医療機器、食品(その他日本製商材)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)