医療・医薬・福祉

がん患者さんがオンラインで専門医に相談できる臨床試験紹介システムを開発。臨床試験参加の適格性を向上し、がん患者さんの負担を軽減。

3Hグループ(旧クロエ)
~国立がん研究センター 東病院 先端医療科にて運用スタート~

3Hクリニカルトライアル株式会社(東京都豊島区、代表取締役 滝澤 宏隆、以下3H)は、がん患者さんがオンラインで専門医に臨床試験について相談ができる臨床試験紹介システム「Insight Gateway」(https://www.insight-gateway.com/login)を開発し、国立研究開発法人 国立がん研究センター 東病院 先端医療科にて運用を開始いたしました。これにより、医療施設に来院する前に、専門医が臨床試験参加の適格性を確認できるとともに、より適切と思われる臨床試験の紹介なども行うことで、がん患者さんが臨床試験へ参加できる可能性が広がります。



■取り組み概要
平成30年3月に厚生労働省から通知された「治験の実施状況の登録について」(旧課長通知)により、臨床試験の情報公開が義務化されました。さらに令和2年8月には、国民がより治験参加を検討しやすいように公開内容を広げた、新たな「治験の実施状況等の登録について」※1に置き換えられました。こうした取り組みなどにより、がん患者さんやそのご家族など一般の方が、臨床試験の情報に接する機会が増えつつあります。
その一方で臨床試験への参加には、厳密な適格基準が設けられており、がん患者さんが自身で見つけた臨床試験に参加できないことも多いのが現状です。がん患者さんが臨床試験を実施しいている医療施設に足を運んでも、診察の結果、参加できないといったケースもあります。特に地方から来院されるがん患者さんにとっては大きな負担になります。
こうした課題に対し3Hは、臨床試験紹介システム「Insight Gateway」を開発。国立がん研究センター 東病院 先端医療科で実施している臨床試験について、がん患者さんがオンラインで直接相談できる取り組みを開始いたします。

※ 臨床試験とは、治療法や薬剤などの安全性や有効性の評価を目的としており、治験は臨床試験のなかでも新薬などの製造販売の承認を得るために行われます。
※1 https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000665717.pdf

■お問い合わせの流れ
https://oncolo.jp/insight_gateway/ncce/

■期待される効果
がん患者さんは、臨床試験紹介システムのチャットなどを活用して、参加を希望する臨床試験について専門医に直接問い合わせることが可能になります。専門医がオンライン上で事前に適格性を判断することで、医療施設へ来院した結果、臨床試験に参加できないといったミスマッチを減らすことができます。また専門医から、他の適切と思われる臨床試験などを紹介することもできるので、がん患者さんが臨床試験へ参加できる選択肢が広がります。

■「Insight Gateway」について
「Insight Gateway」は、3Hクリニカルトライアル株式会社とハッチヘルスケア株式会社にて共同開発された臨床試験紹介システムです。患者さんのプロフィールやアンケート、チャット、メッセージ、来院予約などといった機能を実装。患者さんは、「Insight Gateway」に掲載されている臨床試験について、専門医に相談から来院予約まで、オンライン上で行えます。専門医は、受けた相談に対し、患者さんのプロフィールやアンケートの結果、チャットでのコミュニケーションなどをもとに臨床試験への適格性の判断や他の臨床試験の紹介などが可能です。
https://www.insight-gateway.com/login


※画像は開発中のものです。

■がん情報サイト「オンコロ」について
「オンコロ」は、3Hクリニカルトライアルが運営する患者さんやそのご家族、医療従事者、製薬企業などの関係者の方々向けに、がん領域の最新情報をわかりやすく提供する情報サイトです。がんに関わる臨床試験・臨床研究を中心に掲載しています。またインターネットにとどまらず、様々な情報提供活動を通して、がんに関わる人への一助となることを目的としています。2017 年 9 月には、信頼できる医療・ 健康情報のための倫理標準である HON-code 認定を取得しました。
がん情報サイト「オンコロ」:https://oncolo.jp/

■3Hグループについて
人(Human)の健康(Health)と幸せ(Happiness)をつなぐライフサイエンスカンパニーとして、医薬・医療分野において、被験者募集や患者調査、情報提供、アプリ・システム開発から、新規ビジネス開発の支援までワンストップで提供しています。サイエンスとPatient Centricityに基づいた創薬・育薬支援と最新のテクノロジーを活用したデジタルヘルストランスフォーメーションの実現により、患者さんや医療現場の課題を解決しています。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。https://3h-ms.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)