医療・医薬・福祉

【 世界導入150台突破:タンパク質構造安定性解析装置 UNCLE】新ソフトウェアでさらに機能が充実

Unchained labs 株式会社
データをより信頼でき、より早く処理できるよう機能を改善、追加しました

長期安定性試験がより効率的に、新しいパラメータ(Tonset)も追加


バイオ医薬品研究における課題解決に取り組むライフサイエンス企業、Unchained Labs株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-9-2 取締役社長:佐々木栄和)は新しいソフトウェア(v4.0)と搭載したUncleのデリバリーを開始いたしました。

タンパク質研究者、抗体医薬研究、診断薬開発などのお客様において、タンパク質の構造安定性を担保することは、その機能を安定化させるために必要不可欠な要素です。
しかしながらタンパク質の構造安定性を規定する単一のパラメータはなく、”変性”と”凝集”がどのように発生しているかを複数の条件設定と、複数のパラメーターを用いて探索する必要があります。
Uncleは1台に蛍光フルスペクトル(変性)、SLS(凝集)、DLS(凝集と多分散性)と3つのことなる測定モードを搭載し、一度の測定で、1つのサンプルからあらゆる情報を測定することが可能です。


新ソフトウェアによる機能追加
1. 長期安定性試験(Isothermal stability)をより効率的に実施できます
  - 一回のランで3つのデータ(Tm, Tagg、DLSによるSizing)を同時に取得することができます
2. Barycentric mean(BCM)解析にて、任意の波長範囲(250~720nm)を選択して解析できます
- バックグラウンドシグナルを避け、不要なノイズをカットします。
3. Tonset(変性開始温度)の測定が可能になりました
 - 変性に強いタンパク質および製剤は、より高いTonsetを示します。






長期安定性試験(Isothermal stability)をより効率的に実施できます                一回のランで3つのデータ(Tm, Tagg、DLSによるSizing)を同時に取得することができます

Uncleでは数日から数週間といった長期間における安定性試験を実施できます。専用のサンプルホルダー(Uni)は、必要なサンプル9ulにおさえ、一度サンプルをセットした後は、完全に密封され、蒸発の心配がありません。Uncle 4.0では、期安定性試験(Isothermal stability)においても、一つのサンプルから、蛍光測定(Tm)、SLS(Tagg)、およびDLS(Sizing)をすべて収集し処理しますので、1回の実験で必要なすべてのデータを取得できます




Barycentric mean(BCM)解析にて、任意の波長範囲(250~720nm)を選択して解析できます - バックグラウンドシグナルを避け、不要なノイズをカットします。

Uncleは常にフルスペクトルの蛍光データを収集しており、Uncle v4.0はそのスペクトル全体の任意の範囲または比率を見ることができます。複雑な環境やバックグラウンド蛍光シグナルとの共役によって理想的なふるまいを見せるタンパク質でさえ解析が困難な場合があります。このような場合でも、分析したい範囲を選択する事でバックグラウンドシグナルを避けたり、不要なノイズをカットしたりすることができます。

カスタム解析では、そのツールボックス内により多くの蛍光色素を追加しました。古典的な蛍光色素の例としてSYPROオレンジ、ANS、そしてCPMを含み、これら固有の蛍光を同時に見ることができます。




Tonset(変性開始温度)の測定が可能になりました

Tonset解析を使用して、Uncleのタンパク質融解を定量化する新解析法を追加しました。Uncleは蛍光シグナルの変化の変曲点によりTmを求め、Tonsetはそのアンフォールディングが始まる点を示します。Tonset測定値は、一次微分がその最大値の10%に達する温度であると定義されます。アンフォールドしにくいタンパク質および製剤は、より高いTonsetを示します。Uncle v4.0ではTonsetのしきい値を、タンパク質に有効なパーセンテージで自由に定義できます






デモ、お見積もりをご要望の方はこちらから:https://www.unchainedlabsjp.com/demo


▽Unchained Labs について
UNchained Labsは次世代、かつクールなライフサイエンスツールを提供するカリフォルニア シリコンバレーに本社を置くライフサイエンス企業です。私たちはバイオ医薬品の研究者が大きな発展をもたらすために日々直面する複雑な問題 から解き放つために全力を注いでいます 。現在までに累計330台以上販売し、主要なバイオ医薬品企業には、少なくとも1台以上、我々のシステムがインストールされております。

Unchained Labs 株式会社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目9−2
PMO神田岩本町 3階
Tel: 03-3526-2811
Fax: 03-3526-2813
Website: https://www.unchainedlabsjp.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会