医療・医薬・福祉

「アイパーク クラウドファンディング」 第3号 目標金額達成、前がん検診の実用化につながる検査キットの開発を支援

湘南ヘルスイノベーションパーク
・北里大学メディカルセンター 福山隆上級研究員からの呼びかけに応えて480人*が支援。目標の570万円を大幅に上回る1019万円*を調達  ・今後、湘南アイパークが施設とコミュニティの活用機会を提供し、研究を促進


湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、「湘南アイパーク」)は、インキュベーション事業の取り組みのひとつとして、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営するREADYFOR株式会社(以下、「READYFOR」)と業務を提携し、クラウドファンディングを通じた研究者の研究資金調達をサポートする「アイパーク クラウドファンディング」を展開しています。「アイパーク クラウドファンディング」を通じて研究者が研究の意義を広く社会に発信し、人々の支援を得て資金調達に成功した場合、湘南アイパークが研究の場を提供しています。

第3号となる「がんの手遅れをなくしたいー血液診断ですべてのがんに早期発見をー」 (北里大学メディカルセンター 福山隆上級研究員) のクラウドファンディングは2021年2月10日~4月23日の間実施されました。その結果、総勢480人から目標額570万円を大幅に上回る総額1019万円の資金を調達することができました。今後、湘南アイパークが施設とコミュニティの活用機会を提供し、研究を促進していきます。

■北里大学メディカルセンター 福山隆上級研究員のプロジェクト概要
・研究タイトル:「がんの手遅れをなくしたいー血液診断ですべてのがんに早期発見をー」
・研究者名:福山隆(学校法人北里研究所 北里大学メディカルセンター 上級研究員)
・募集期間:2021年2月10日(水)~2021年4月23日(金)23時 【72日間】
・プロジェクトURLhttps://readyfor.jp/projects/kk_lc_1
・目標金額:570万円
・支援金の使途:がんになる前の予兆として体内に産生されるタンパク質「KK-LC-1」の血液中の量を測定するキット開発のための研究資金
・プロジェクト概要:「がん抗原」は、がんになると体内に産生され、「がんの目印」と言われるタンパク質です。KK-LC-1 は、挑戦者福山氏が2006年に発見した、がん抗原の一種です。数あるがん抗原の中でも、KK-LC-1 は、「がんになる前の状態 (前がん状態)」から体内で産生されはじめるという特徴があることから、「前がん状態の目印」となることが期待されています。本プロジェクトでは、血液中のKK-LC-1 を精度よく検出し、前がん診断の実用化につながる検査キットの開発を目指しています。



目標額を達成したことを受け、北里大学メディカルセンター 福山隆上級研究員は次のようにコメントしています。
「今回の挑戦で、前がん診断という新たな分野について、多くの方に支持されていることを知る貴重な機会となりました。一般の方々と話す機会も得ることができ、そこから新たな開発戦略も構築できました。この経験で得た皆様からの本研究に対する希望と期待に応えたいという決意が一層強くなりました。」

また、湘南アイパークのジェネラルマネジャー藤本利夫は次のように述べています。
「今やがんの研究は治療だけではなく、予防の時代にはいっています。福山先生の研究の最終目標はKK-LC-1を利用したがんワクチンの開発です。時代を先取りする先生の研究が患者さんへ届くことを願っています。湘南アイパークは今後もこうしたパイオニアを支援していきます。」

本案件は、湘南アイパークがヘルスケア分野の基礎研究における資金調達手段として、クラウドファンディングを活用した第3号案件です。2020年に実施した第1号、第2号ともに目標金額を達成しました。湘南アイパークは今後もREADYFOR社と協力しクラウドファンディングの活用により、これまで実施してきた民間企業・大学・行政との共創に加え、「市民を巻き込んだヘルスイノベーションエコシステムの構築」を目指します。

◾READYFOR株式会社との提携の概要
全国の大学などの研究拠点には優れた基礎研究の成果(シーズ)がたくさんあります。しかし、研究資金の不足や連携企業を見つける難しさにより、事業化までたどり着くことが非常に難しいのが現状です。
湘南アイパークでは優れたシーズが臨床応用、事業化にシームレスに進むよう、湘南アイパーク入居企業・団体の協力のもと、企業間のマッチング、共同研究の推進などを行っています。
本取り組みでは、医療・研究分野のプロジェクトにおいて資金調達の実績が豊富なREADYFOR (2万件のクラウドファンディングサポート実績や国立大学を中心とした30以上の大学とのネットワークを有する)と提携することにより、湘南アイパークは基礎研究と事業化の間にあるギャップを埋める「ギャップファンド」の役割を果たします。
また、クラウドファンディングを用い、幅広く一般の方に「支援」という形でご参加いただくことにより、研究内容や成果を認知いただき、市民を巻き込んだヘルスイノベーションエコシステムの構築を目指します。

◾iPark Crowdfunding による研究インキュベーションの仕組み
クラウドファンディングに挑戦する研究者は、READYFORと湘南アイパークによるクラウドファンディングサポート、PRサポートを受けることができます。また、目標額の資金調達達成後には、湘南アイパークの施設活用とライフサイエンスに関わるさまざまな業種の入居者、メンバー(入居82企業・団体、メンバー37社、計2000人以上)とのコラボレーションの機会を得ることができます。
特に、創薬に関連する案件については、プロジェクトが確実に結実するように、湘南アイパークに入居する創薬ソリューションプロバイダーであるアクセリード社などの協力を得て、創薬およびビジネスの観点からのアドバイスを提供します。

注釈*:4月26日9時時点の人数・金額です。

学校法人北里研究所について
北里柴三郎が1914年に創設した北里研究所は、わが国初の私立医学研究機関です。その創立50周年記念事業において1962年に開学した北里大学は、7つの学部をはじめ、附属病院や研究施設などを有する生命科学の総合大学として発展しています。学祖 北里柴三郎の精神に則り、「いのちを尊(たっと)び、生命の真理を探究し、実学の精神をもって社会に貢献する」ことを理念とし、教育・研究・医療の成果を社会に還元してまいります。

READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」、法人向け事業「READYFOR SDGs」を運営しています。2011年3月のサービス開始から2万件のプロジェクトを掲載し、80万人から約200億円の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています(2021年4月時点)。「カンブリア宮殿」をはじめさまざまなメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。

湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)について
湘南アイパークは、2018年4月に設立された製薬企業発のサイエンスパークです。幅広い業種や規模の産官学が結集し、ヘルスイノベーションを加速する場となることを目指しています。製薬企業のみならず、次世代医療、AI、ベンチャーキャピタル、行政など約120社、計2000人以上 (2021年4月現在) の企業・団体がエコシステムを形成しています。
https://www.shonan-health-innovation-park.com/

湘南アイパーク最新の入居/メンバー企業・団体はこちら ( https://www.shonan-health-innovation-park.com/community/tenants/ )
湘南アイパーク公式SNS > YouTube( https://www.youtube.com/channel/UCeJgWczMHXzRxISvHzSOTOQ ) / Facebook ( https://www.facebook.com/Shonan.iPark/ )/ Twitter( https://twitter.com/Shonan_iPark/ ) / LinkedIn( https://www.linkedin.com/company/shonan-health-innovation-park/ )


プレスリリースは下記リンクよりダウンロードできます。
https://prtimes.jp/a/?f=c-40258-2021042620-8ccf69d1f27aabdac9ab9ccb489cfb2c.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)