スポーツ・アウトドア 美容・健康

インソールの世界的トップブランド「シダス」初の一般向け“エントリーモデル”4月26日より一般発売を開始 ~アスリート向けのクオリティを手軽に日常に取り入れやすく~

シダスジャパン株式会社
マクアケでの限定先行販売で800ペア完売、ニーズの高さ実感

多くのトップアスリートから支持されているインソール(中敷き)の世界的トップブランド「SIDAS」などを扱うシダスジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:杉山浩章)は、ブランド初の一般向けエントリーモデル『マックスプロテクト』シリーズをAmazonなどで4月26日から販売開始いたします。 本シリーズは、衝撃吸収の新素材「PODIANEi+(ポディアンアイプラス)」を初採用、日本人の足に合わせたオリジナル設計で、普段使いからスポーツなど用途にあわせて選ぶ全4タイプ、価格は税込1,980円~2,530円です。



■インソールに対する高い期待感
一般販売に先駆けクラウドファンディングサイト「Makuake (マクアケ)」にて、2タイプのみ個数限定で先行発売したところ、55時間で700ペアが完売、急遽個数を追加し、合計800ペアの応援購入という結果となりました。マクアケに寄せられたコメントでは「通勤時・立ち仕事」「普段履き用」として足負担への軽減を期待してインソールを使用したいというものが約半数、その他には、コロナ禍で始めた「軽いウォーキングやランニング用」、「家族へのプレゼント」という内容でした。
シダスのインソールは主にスポーツ店で取り扱われているということもあり、アスリートやスポーツに熱心に取り組む方がメインユーザーでしたが、手軽に始めやすい価格帯の本シリーズは、より幅広い層の方々の「日常利用」目的でのインソール需要の高さが伺えました。
ご参考:「Makuake」プロジェクトページ:https://www.makuake.com/project/sidas/


■「マックスプロテクトシリーズ」開発の背景
【コロナ禍で高まった足への意識】
外出自粛やテレワーク推進などから1年、“コロナ太り”など生活習慣の変化による身体への影響も出てきています。運動不足解消のためランニングに挑戦する人が増え、その衝撃から膝や腰を守る、または、痛みを軽減するツールの1つとして注目されているのがインソールです。実際に、Amazonではランニング用インソールの売上が 2020年は前年比で250%※に伸びています。 (※自社納品数)

■【インソールをもっと多くの方に&身近に】
慎重に枕は選んでも、1日のうちで睡眠以外の長い時間身体を支えている足に気を配ることは少なく、「痛くなってから対策をする」人が多いのが現状です。
“日中の活動の質”向上のためにも、インソールをもっと多くの方に活用してもらいたいという想いから、医療のバックボーンを持ち、長年アスリートのためのインソール開発を手掛けてきたシダスは、コロナ前から一般向けの“エントリーモデル” の開発に着手していました。開発の際に重視したのは「日本人の足に合うこと」。シダスジャパンとフランス本国の開発チームが約2年間、試行錯誤を重ねて完成させました。

■マックスプロテクトシリーズについて
世界中のトップアスリートをサポートしているインソールブランド「シダス」が、普段の生活やランニングなど必要な機能だけを抽出した、シンプルかつスタンダードなインソールです。
日本人の足に合わせたシダスジャパンオリジナル設計で、用途にあわせて選ぶ全4タイプです。

■商品概要


マックスプロテクト フィール(MAX PROTECT FEEL)


販売価格:1,980円(税込) サイズ:XXS~XL(20.0cm~29.5cm)


通勤や普段使いに合うシンプル設計。新素材PODIANEi+(ポディアンアイプラス)を全面に使用し、ジェルパッドが加重がかかりやすいカカトをサポート。機能性インソールをまず手軽に始めたい方、ビジネススニーカー等におすすめです。また、フィールのみXXSサイズ(20.0cm~21.5cm)がありますので、お子様や足の小さい方にも。



マックスプロテクト ウォーク(MAX PROTECT WALK)

販売価格:2,420円(税込)サイズ:XS~XL(22.0cm~29.5cm)



新素材PODIANEi+(ポディアンアイプラス)に加え、土踏まずをサポートするパーツが足裏のアーチをしっかりと支えるため、運動時のブレを防ぎ自然とまっすぐに一歩を出しやすくします。ウォーキングや立ち仕事におすすめです。


マックスプロテクト ラン(MAX PROTECT RUN)

販売価格:2,530円(税込) サイズ:XS~XL(22.0cm~29.5cm)



上記マックスプロテクト ウォークの機能に加え、前足部にも衝撃吸収&反発素材を搭載。蹴り出しの力をサポートするので、リズムよく走れます。始めたばかりのランニングや軽めのジョギングにおすすめです。


マックスプロテクト ジャンプ(MAX PROTECT JUMP)

販売価格:2,530円(税込) サイズ:XS~XL(22.0cm~29.5cm)



上記マックスプロテクト ウォークの機能に加え、前足部にエリアを拡大した衝撃吸収&反発素材を搭載。ジャンプでは体重の約8倍の負荷がかかるといわれている足裏への衝撃をPODIANi+(ポディアンアイプラス)に加えカカト・前足部パーツでも吸収します。バスケットボール・バレーボールなどのジャンプ競技におすすめです。

【販売先】
・店舗:石井スポーツ (取り扱いは5月より) 他シダスインソール取り扱い店の一部
・EC:シダス公式オンラインショップ https://sidas.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=2131062
アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/B09287FFR3
  ヨドバシ・ドット・コム https://www.yodobashi.com/ (取り扱いは5月より)

【商品特徴】
1 衝撃吸収に優れ、足にかかる負担を軽減
エントリーモデルでありながら、シダスが独自で開発した衝撃吸収素材『PODIANEi+(ポディアンアイプラス)※』を初採用しています。

※PODIANEi+:世界のトップアスリートや医療分野に向けてシダスが独自に開発した衝撃吸収素材

2 立体的に足裏をサポート
足裏の一部に集中する圧を分散させるため、負荷を和らげます。

3 日本人の足に合わせた設計
欧米人に比べ、ローアーチの傾向がある日本人の足に合わせ、アーチの高さなどを調整しました。


■シダスジャパン代表 杉山コメント
今回のエントリーモデル、マックスプロテクト先行販売での良い販売結果を受け、従来のスポーツユーザーやアスリート向けだけではなくより一般的に使用する方の生活シーンに合う商材や、ウェルネスを意識した商品開発に目を向けております。また、SDGsに向けてパッケージの簡素化等にも力を入れてまいります。
シダスジャパン代表取締役社長 杉山浩章

■インソールブランド「SIDAS(シダス)」とは


SIDASは、世界45か国以上で販売されているグローバルブランドで、インソールを主軸にシューズ、ソックス、サンダル、フットケアパーツまで幅広い商品を展開しています。1975年フランスでスキー競技者の足のサポートから始まり、世界で初めて熱成型によるインソールを開発しました。スポーツ分野での実績と医療のバックボーンを活かし、快適さとパフォーマンス、トラブル予防を実現する足回りのプロダクトを研究し続けています。

日本では1982年から販売を開始、インソール累計販売数は302万枚を超え、年間で150名以上のトップアスリートをサポートしています。インソールはフルカスタムから汎用品まで、全5タイプ43種類(2021年春現在)、用途や目的別に選ぶことができます。2021年からは『足から、動きが変わる。』をコンセプトに、スポーツ分野のみならず、日常生活でも最高のパフォーマンスを実現したい方に向けて、インソールを使う毎日を提案していきます。

■シダスジャパン株式会社について
1980年代の商社時代からシダスワールドに携わっていた現代表が2009年に設立した日本支社。インソールブランド「シダス」をメインに、医療向けに開発されたインソールブランド「ポディアテック」、先進の技術で寒暖から体を守る温度コントロールブランド「サーミック」を展開しています。30年以上に渡ってスポーツ分野をサポートしてきた経験と蓄積されたデータをもとに、現在では本国フランスの商品開発にも参画、日本人に合った商品づくりを行っています。

会 社 名:シダスジャパン株式会社
代表取締役社長:杉山浩章
設立:2009年6月
資本金:3,000万円
所在地:神奈川県横浜市中区不老町2-9-1関内ワイズビル7F
事業内容:スポーツ用品、スポーツ機器、ソックス、靴並びにそれらに関連する物品の輸出入、販売
U R L:https://sidasjapan.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)