美容・健康 流通

化粧品の使用済みプラスチック容器を、リサイクル材ゴミ袋に。

株式会社ユキコスメティックス
廃プラを再資源化する環境プロジェクト

株式会社ユキコスメティックス(東京都渋谷区:代表取締役 秋山幸代、以下「ユキコスメティックス」)は、自社で製造販売する「ブランネージュ化粧品」の使用済みプラスチック製容器(以下、「空容器」)の回収、リサイクル、及びリサイクル材を使用した製品の提供を開始いたします。 この取組みにより、近年注目されているプラスチックゴミ問題の解決に貢献いたします。


代表秋山幸代が手に持つ人気製品ATソープ・AT BABYソープのボトルも回収いたします。

お客様から回収した空容器は、一定量が集まり次第、株式会社サティスファクトリー(東京都中央区:代表取締役会長 小松武司、以下「サティスファクトリー」)によりリサイクル、「99%再生材ゴミ袋 FUROSHIKI」の生産に使用されます。製造されたゴミ袋は、弊社のお客様等に有償にてご提供する予定です。


プラスチックゴミ問題

プラスチックゴミは、海洋流出によるマイクロプラスチック汚染や、焼却により大気中に放出される二酸化炭素による地球温暖化の原因となっています。
日本政府が2019年5月に策定した「プラスチック資源循環戦略」では、2030年までに容器包装の6割をリユース・リサイクルとするマイルストーンを定めています。
今年1月からは、改正バーゼル条約の施行により、規制対象となるプラスチック廃棄物を輸出する際には、相手国の事前同意が必要となる等、日本国内での循環利用の重要性が高まっています。

第一段階では空容器のボトル部分のみの回収となります

この取組みの第1ステップとして、2021年6月18日(金)南青山ラコレツィオーネで開催される株式会社シンプルリッチによる「サロンsimpure 4周年感謝祭」の出展ブースにおいて、ブランネージュ化粧品のお客様による空容器の回収を受付いたします。

今後は、お客様のご自宅から対象製品の空容器を回収する物流網をサティスファクトリーと構築し、回収及びリサイクル量を拡大してまいります。なお、物流網の構築や、ゴミ袋の製造・提供に関する進捗については、今後弊社ホームページ等でお知らせいたします。


ブランネージュ化粧品 代官山OFFICE   
広報担当:大窪由佳
http://www.blancneige.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)