医療・医薬・福祉

無料ネット外来(R)でApple Watchによる心電図の受付開始

医療法人社団東京医心会
心臓専門病院の無料ネット相談窓口

医療法人社団 東京医心会 ニューハート・ワタナベ国際病院(所在地:東京都杉並区、院長:渡邊剛)は、無料ネット外来(R)で、Apple Watchの心電図Appで記録されたデータの受付を開始しました。





心臓の不安、お悩みに無料相談、即日返信
ニューハート・ワタナベ国際病院では、メールやLINEで成人の心臓疾患のお悩みを無料でご相談いただける「無料ネット外来(R)」を実施しており、院長の渡邊をはじめチーム・ワタナベの医師たちが自ら、患者さんから寄せられるご相談に即日返信しています。その「無料ネット外来(R)」に、Apple Watchの心電図 Appで記録された心電図のPDFデータを直接ご送付いただけるようになりました。

セカンドオピニオンの重要性
すでに診断されている方にも「無料ネット外来(R)」は有用です。実は多くの方が、セカンド・オピニオンに相談することを今の主治医に申し訳ないという気持ちで躊躇されます。
しかし、心臓はひとつしかありません。
もし不安や悩みがある場合には、手術直前であっても迷わずセカンド・オピニオンを求めるべきです。「医師に対する遠慮は一切必要ない」。そんな思いから当院では「無料ネット外来(R)」をより使いやすく、より身近にお使いいただけるように常に努めています。

オンライン診療も積極的に実施
コロナ禍の時代にあわせて、オンライン診療も積極的に実施しています。地方にお住まいの方だけでなく、仕事や家族などさまざまな事情で来院が難しい状況の方にも、パソコンやスマートフォンのビデオ通話を通して、医師の診療を直接お受けいただけます。これにより、「無料ネット外来(R)」のやりとりから診察への移行が安心かつスムーズに行えます。

ニューハート・ワタナベ国際病院は、今後も、日本のみならず、世界中の心臓病に苦しむ患者さんをひとりでも多く救うため、常に最先端かつ最高度な技術を追求実践し、“安全で体に負担をかけない”をモットーに診察や手術を行ってまいります。

※日本循環器学会の、適正使用についてのお知らせはこちら
<https://www.j-circ.or.jp/topics/academyinfo20210129/>


【心臓血管外科医 渡邊剛について】
●プロフィール
ニューハート・ワタナベ国際病院院長。金沢大学医学部卒業後、ドイツ・ハノーファー医科大学心臓血管外科に留学し、32歳で日本人最年少心臓移植執刀医として活躍。帰国後、日本で初めて心拍動下冠動脈バイパス手術や心臓アウェイク手術に成功。手術支援ロボット「ダビンチ」を用いた超精密心臓鍵穴(キーホール)手術を日本で唯一実施している。
渡邊剛公式サイト:https://doctorblackjack.net

●略歴
1984年 金沢大学医学部卒業
1989年 医学博士号取得
1989年 ドイツ・ハノーファー医科大学心臓血管外科 留学
1992年 金沢大学医学部附属病院 医員
1992年 富山医科薬科大学医学部 助手
1995年 富山医科薬科大学医学部 講師
2000年 富山医科薬科大学医学部 助教授
2000年 金沢大学医学部外科学第一講座 主任教授
2003年 東京医科大学外科学第二講座 客員教授
2005年 東京医科大学心臓外科 教授(~2011年兼任)
2011年 国際医療福祉大学 客員教授
2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院 総長

●所属学会・資格・役職など
日本外科学会
日本胸部外科学会
日本循環器学会
日本冠動脈外科学会
日本冠疾患学会
日本心臓血管外科学会
North American Society of Pacing and Electrophysiology


【ニューハート・ワタナベ国際病院の概要】
事業主体:医療法人社団 東京医心会
病院名:ニューハート・ワタナベ国際病院(英名:NewHeart Watanabe Institute)
業務内容:心臓血管外科、循環器内科を中心とする高度専門治療を行う国際病院
総長・院長:渡邊 剛
住所:〒168-0065 東京都杉並区浜田山3丁目19−11
電話番号:03-3311-1119/FAX:03-3311-3119
診療受付時間:午前9:00~13:00(受付 8:45~12:45まで)
     午後14:00~17:00(受付 13:45~16:30まで)
休診日:土曜日午後、日曜日、祝祭日
公式サイト:https://newheart.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)