美容・健康 医療・医薬・福祉

【抗ウィルス・制菌・抗菌防臭加工】 空調機器用プレフィルター「まもりーな」。

toyou
空調用抗ウィルス・制菌・抗菌防臭フィルター

株式会社toyouは天井埋込式エアコン用に簡単に取り付けができる高機能プレフィルター「まもりーな」を本日より発売します。 製品には「坑ウィルス加工」・「抗菌防臭加工」・「制菌加工」のSEKマークを取得した「Cufitec(R)」加工不織布を100%使用。 1月発売済みの家庭用エアコン用「まもりーな」をオフィスや店舗でも導入したいとの声に応え、天井埋込式エアコン2台分で税込1,650円と高機能・低価格を実現しております。 下記URLより購入可能です。(総販売元:株式会社ホロンシステム) https://mamorina.official.ec/items/43404897 ※Cufitec(R)(キュフィテック)は株式会社NBCメッシュテックの登録商標です。  Cufitec(R)は一価銅化合物ナノ粒子を応用した抗ウイルス・抗菌技術です。






抗ウイルス性能

Cufitec(R)加工で抗ウィルス性能が短時間で発揮されます。




試験方法:Cufitec(R)加工レーヨン不織布にエンベロープがないウイルスのウイルス液を滴下し、各接触時間におけるウイルスの感染価をプラーク法を用いて評価した。※JIS L 1922:2016を参考にした試験
(試験実施機関 株式会社NBCメッシュテック)
試験結果:30分で99.99%以上減少


抗菌性能

短時間で抗菌



試験方法:Cufitec(R)加工レーヨン不織布にグラム陰性菌の菌液を滴下し、各接触時間における生菌数を混釈平板培養法を用いて評価した。※JIS L 1902:2015を参考にした試験
(試験実施機関 株式会社NBCメッシュテック)試験実施結果 60分で99.999%以上減少
※各種試験データは(株)NBCメッシュテックのHPより引用


3つのSEKマーク取得

抗ウィルス・抗菌防臭・制菌でそれぞれSEKマークを取得している「Cufitec(R)」加工不織布を100%使用。


※SEKマークは、一般社団法人繊維評価技術協議会(JTETC)が実施する認証制度)です


かんたん取付


63cm×63cmのCufitec(R)加工レーヨン不織布シートが2枚入り。
空調機器のサイズに合わせてカットし、付属の両面テープで取り付けるだけです。





他の空調機器にも取り付け可能

ハサミでカットできるので、ほとんどのエアコン、空気清浄機に取り付け可能。





Cufitec(R)の抗ウイルス特許技術※のメカニズム

Cufitec(R)で使われている一価銅化合物から溶出する一価銅イオンが、二価銅イオンと比較して酸化されやすい性質があるため、活性酸素が発生します。
この活性酸素には微生物の働きを抑制する機能があるため、高い抗ウイルス・抗菌効果が発揮されます。
※特許技術 特許5746406号


一価銅化合物ナノ粒子がウイルスや細菌とぶつかった際に、水分中に一価銅イオンが溶出する


一価銅イオンが酸素と反応して、活性酸素が発生する



銅イオンと活性酸素の2つのチカラでウイルスや細菌を減少させる

※(株)NBCメッシュテックのHPより引用


仕様

製品サイズ:63cm×63cm2枚(天井取り付け型エアコン2台相当) 付属品:取付用両面テープ16枚
材質:レーヨン不織布(Cufitec(R)加工)
参考価格(税込)1,650円

※本製品は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。
※本製品は医薬品ではありません
※SEKマークは、一般社団法人繊維評価技術協議会が実施する認証制度(業界自主基準)です。


本件に関するお問い合わせ先担当:株式会社ホロンシステム Web通販ビジネス部 太田
MAIL: k-oota@holon.co.jp
TEL: 03-3511-5570 (月~金 10:00-17:00)

担当:株式会社toyou  横山
MAIL:yokoyama@toyou.co.jp


会社概要
株式会社ホロンシステム
■代表: 代表取締役社長  小林 真一郎
■会社ページ: https://www.holon.co.jp/
■住所: 〒102-0075 東京都千代田区三番町8番地1 三番町東急ビル2階
■電話03-3511-5570(代)

株式会社toyou
■代表:代表取締役  横山 裕明
■会社ページ:https://www.toyou.co.jp/
■住所:〒572-0080 大阪府寝屋川市香里北之町2−6-210
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)