暮らし 美容・健康

【妊活を止めるなプロジェクト】日本初!おうちでセルフ妊活を応援 オーダーメード妊活プラン"心とカラダ妊活塾"の募集開始

株式会社SPIQUE
13年で780名が妊活成功!SNSで人気の妊活鍼灸師が考案

人のつながりを価値に変える株式会社SPIQUE(株式会社スパイク本社:福岡県中央区、代表取締役社長:山本彬央)は、13年で780名が妊活を成功させた、SNSで人気の妊活専門鍼灸師の新名ひさ子さんが開催する心とカラダ妊活塾のオンラインサービス提供いたします。第1期として限定50枠の募集を4月28日より開始します。 これに際し、株式会社SPIQUEでは【妊活を止めるなプロジェクト】と題して、このコロナ禍においても赤ちゃんをあきらめたくない女性たちをサポートする妊活塾を応援してまいります。




◆妊活を止めるなプロジェクト~コロナ禍でも頑張る女性たちを応援したい
昨年、民間で行われた既婚女性への調査では、コロナ禍による妊活の中止や、延期をした女性、また再開していても不安を抱えている女性たちの心情が明らかになりました。
赤ちゃんを待ち望む女性にとって1年という時間は大きな影響がありますが、今度の4回目の緊急事態宣言の発出により、ますます見通しが立たなくなったと感じる方も増えているようです。

そこで、私たちは【妊活を止めるなプロジェクト】と題して、このコロナ禍においても赤ちゃんをあきらめたくない女性たちをサポートする妊活塾を応援し、その取り組みを広く知らせる活動を開始します。

◆心とカラダ妊活塾とは?
1.新名式おうち妊活の特徴~ママだけじゃなく、家族みんながが健康になれる体づくり
東洋医学に基づいてアドバイスされる、旬の素材を毎日取り入れられるメニューで妊娠前から離乳食、
日ごろの健康づくりまでをフォローすることを考えたオリジナルメソッドを紹介していきます。

2.新名式おうち妊活の特徴~独身女性からおばあちゃんまでが参加
独身の女性から出産後 2人目、3人目を希望ママ、娘さんやお嫁さんに情報シェアしたいというおばあちゃんまで
妊活だけでなく、女性のライフステージに合わせたケアをしていきます。

3.新名式おうち妊活の特徴~オーダーメードで心とカラダもサポート
仕事、家族、通院など妊活に取り組む女性たちの悩みは様々です。心とカラダ妊活塾では【私の体にはどうなの?】というコンセプトで一人一人にあった方法でメンタルとカラダづくり両方をサポートします。

◆今後の展望
今後、妊活を止めるな!プロジェクトでは、妊活中の女性たちがコロナ禍でも明るく前向きになれるような
イベントや取り組みをお知らせしてまいります。

◆心とカラダ妊活塾 詳細・活動内容

募集開始 4月28日

活動内容 会員限定動画コンテンツの配信

◇東洋医学的、妊娠力を高めるケア
◇妊娠出産に向けてのメンタルケア
◇妊娠への意識の向けかた
◇食事・習慣改善での母体力アップアドバイス

詳細URL:https://spique.net/salon/20

妊活専門鍼灸師 新名ひさ子プロフィール
2008年より鍼灸師の資格を生かした妊活指導を開始。
以来13年間の妊活指導により妊娠した方の人数 約780名

なかには、病院で何回も体外受精をしていたが妊娠にいたらず、これで最後にしましょうといわれた周期に自然妊娠された49歳の方、10年不妊に悩み、新名さんの指導を受けてから妊娠した方などもいる。

赤ちゃんがほしい女性が最後に頼る駆け込み寺として、県外からも大勢の患者さんが集まる予約2か月待ちの人気鍼灸院だったが、遠くからくる患者さんの負担を少しでも減らしたい、もっと多くの女性に効果的に妊活のサポートができるようになりたいとの想いから、現在はオンラインの指導に切り替えた。

これからは自身と同じようなサポートができる指導者の育成にも意欲的に取り組む予定。
まず、頑張ることをやめてもらう。妊娠するためだけに何かをするのではなく、これから元気に生活していくために食事を改善しましょう、身体に良いことをしましょう。という温かい人柄にひかれてSNSでも人気が広まっている。
LINE読者3000名
インスタフォロワー数、7200名

■【会社概要】
会社名:株式会社SPIQUE
所在地:福岡県福岡市中央区大名2-6-11 Fukuoka Growth Next
代表者:山本 彬央
設立:令和2年2月20日
URL:https://spique.jp
事業内容:ファンコミュニティの設計・運営
オンラインコミュニティプラットフォーム「Village」の開発・提供・運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)