医療・医薬・福祉 流通

天然ビタミンEが血行を改善し、手足のしびれを緩和!医薬品『シビレナE300』4月30日新発売 キューサイ初の自社ブランド医薬品として登場

キューサイ株式会社
キューサイ株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:神戸 聡)は、当社初となる自社ブランド医薬品『シビレナE300』を4月30日(金)に発売いたします。「α型天然ビタミンE」を300mg配合した、手足のしびれにお悩みの方に向けた医薬品です。当社は2020年1月に医薬品事業を立ち上げ、カタログや公式ショッピングサイトでの通信販売にて医薬品をお届けしてまいりましたが、本商品発売に合わせてテレビ通販での販売も開始いたします。






商品特長

血管のサビ(過酸化脂質)の増加を防止し、血管をきれいにするビタミンEを主成分としています。『シビレナE300』は、ビタミンEの中でも優れた効果のある「α型天然ビタミンE」を300mg配合しました。

<「α型天然ビタミンE」の特長>
1)人体への吸収率や効率が高い
2)血行促進効果に優れている
3)抹消血行障害によるしびれなどの症状を和らげる




しびれの原因と悪循環

しびれの主な原因は、運動不足や気温・気圧の変化、血管のサビ(過酸化脂質)の蓄積などによる血行不良です。体の隅々まで十分な酸素を供給できず体の中に溜まった老廃物を回収できなくなり、手足のしびれがおこります。
しびれを放置すると、末梢神経へのダメージが進んで慢性化し、痛みから運動が不足しがちになります。それにより血流が悪くなり、さらに疲れ物質が貯まりやすくなることで、ますますしびれが悪化するという悪循環を引き起こします。しびれのお悩みは放っておかず、お薬で早めの解決をすることが大切です。




医薬品専任スタッフ(登録販売者)のコメント

手足のしびれに関しては、「夜、足がジンジンして眠れない」「細かい作業ができない」といった深刻なお悩みを抱えている方もいらっしゃいます。そういったお声を受け、少しでもお役に立てる商品を私たちが提供できればという想いから自社ブランド医薬品として『シビレナE300』は誕生しました。
店頭では、周りの目が気になる、時間がない等の理由でお薬について相談しにくいとお感じの方もいらっしゃると思います。キューサイ医薬堂ではお薬専門のスタッフが常駐しておりますので、お困りごとやお悩みなどをお電話やメールで個別にご相談いただけます。ぜひお気軽にご活用いただけますと幸いです。また、より多岐にわたるお悩みに対応できるよう、取扱い商品を増やすなど、お客さまが安心してご利用いただけるようスタッフ一同邁進してまいります。




キューサイ医薬堂について

「薬局が近くにない」、「自分で薬局に行くのが困難」といったお客さまの声を受け、2020年1月に医薬品通販事業を開始しました。10月には公式ショッピングサイト内に「キューサイ医薬堂(https://www.kyusai.co.jp/iyakudo/)」を立ち上げ、現在13点の商品を販売しております。
そして今回、お客さまから反響の大きかった「しびれ」に関する商品を自社ブランド商品として販売することとなりました。また、当商品の発売に合わせてテレビ通販を開始し、さらに多くのお客さまの健康に寄与していきたいと考えております。
キューサイ医薬堂では、これからも自社ブランド医薬品をはじめとした商品やサービスの拡充、販売チャネルの拡大など、お客さまのお悩み解決に向けて取り組んでまいります。



商品画像






商品概要

【商品名】【第3類医薬品】シビレナE300
【販売開始日】2021年4月30日
【内容量】93カプセル (31日分)
【通常価格】4,500円(税込)

【効能】
●末梢血行障害による次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり、手足のしびれ・冷え、しもやけ
●更年期における次の諸症状の緩和:肩・首すじのこり、冷え、手足のしびれ、のぼせ
●月経不順「ただし、これらの症状について、1カ月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師又は薬剤師に相談してください。」
●次の場合のビタミンEの補給:老年期

【用法・用量】
次の量を、水またはぬるま湯で、食後服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]●成人(15才以上):1カプセル:1日3回●15才未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>用法・用量を厳守してください。

【お問い合わせ電話番号】
キューサイ医薬堂専用ダイヤル 0120-189-555(いやく・ゴー!ゴー!ゴー!)
[通話料無料][受付時間]月~金9:00~18:00(土日祝除く)


○キューサイ公式ショッピングサイト(https://www.kyusai.co.jp/iyakudo/):4月30日より販売予定
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)