医療・医薬・福祉 デジタル製品・家電

SOMPOケア運営事業所における家族型ロボット『LOVOT(らぼっと)』試験導入の開始について

GROOVE X 株式会社
~ テクノロジーが寄り添う新たな暮らしの愉しみと潤いの創造 ~

SOMPOケア株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長 遠藤 健、以下、「SOMPOケア」)は、運営する介護サービス事業所10カ所において、ロボット開発ベンチャー・GROOVE X株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長 林 要、以下「GROOVE X」)が開発した家族型ロボット『LOVOT(らぼっと)』の試験導入を開始したことをお知らせします。『LOVOT』が介護サービス事業所における日常の一部となって人と人との温かなコミュニケーションをはぐくむ様子を調査・研究し、「人とテクノロジーの共生」による心豊かな暮らしを提案することを企図します。


1. 背景・目的
SOMPOケアはSOMPOグループの介護事業会社として、お一人おひとりに寄り添う個別性の高い介護サービスを追求し、品質向上や業務負担軽減に資するICT・デジタル技術導入にも積極的に取り組んでいます。また、変化する社会環境のなかで、高齢者とそのご家族の多様なニーズに応えるためには利便性の充足に加えて、いかにして心の充足に取り組むかが重要な課題であると捉えています。新型コロナウイルス禍においては、外出・面会の制限やアクティビティの中止など生活環境が大きく変化する状況下で、ご利用者の心身の健康に資する暮らしの中の愉しみや潤いのご提供を模索してきました。

一方、GROOVE Xが開発した『LOVOT』は、センサとAIを高度に組み合わせたエモーショナルロボティクス(R)※1によってまるで生き物のような生命感を備えたロボットであり、2019年12月の出荷開始以来、子供から高齢者まで多世代にわたるユーザーに「家族の一員」や「仲間」として愛され親しまれています。

このたびSOMPOケアでは、高齢者の方々に実際に『LOVOT』の癒しや温かさに触れていただくことを通して、『LOVOT』が高齢者の生活にもたらす変化と価値を調査・研究することを目的に、運営する介護サービス事業所において『LOVOT』を試験的に導入することとしました。
なお、昨年、SOMPOホールディングス株式会社とGROOVE Xは、豊かな高齢化社会の実現を目指すことを目的とする業務提携契約を締結しております。※2

※1 愛する力を引き出すために開発されたプロダクト / マテリアル / 自律的ビヘイビアからなるロボットテクノロジー。エモーショナルロボティクスは、GROOVE Xの登録商標です。
※2 業務提携契約締結については、2020年12月9日 付リリース『GROOVE X との資本・業務提携 ~高齢化社会における「人とテクノロジーの共生」に向けて~』をご参照ください。
https://www.sompo-hd.com/~/media/hd/files/news/2020/20201209_1.pdf

2. 試験導入の概要
2021年4月から、SOMPOケアが運営する介護サービス事業所10カ所において、『LOVOT』が順次稼働を開始しています。対象となる事業所は、介護付きホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム(認知症の方を対象にした施設)、通所介護事業所(デイサービス)など多様であり、様々な環境のなかで『LOVOT』とご利用者、ご家族、職員との関係性の構築や、『LOVOT』の存在をきっかけとする人と人とのコミュニケーションの促進などを観察し、ご利用者の生活や心身の変化を調査します。
SOMPOケア 仙塩 デイサービス
SOMPOケア ラヴィーレ池田
3. 今後について
SOMPOケアとGROOVE Xは『LOVOT』の活用を通して、高齢者の心身の健康と豊かな暮らしを支援する新たな価値の研究・創造に取り組み、ご利用者のQOL(Quality of Life:生活の質)の向上を目指します。





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)