広告・マーケティング 美容・健康

標本妥当性試験市場ー製品別、タイプ別、エンドユーザー別および地域別ー世界的な予測2023年

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、「標本妥当性試験市場ー世界的な予測2023年」新レポートを 2021年04月29日 に発刊しました。この調査には、標本妥当性試験市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-109800


specimen-validity-testing
標本妥当性試験市場は、2018年の11.0億米ドルから2023年までに14.9億米ドルに達すると推定され、6.3%のCAGRで成長すると予想されています。薬物スクリーニングの成長、および職場での薬物検査の増加は、市場の成長を後押ししています。

市場セグメント
標本妥当性試験市場は、製品別(試薬、コントロール、アッセイキット、使い捨て)、タイプ別(実験室、POC試験)、エンドユーザー別(職場、薬物スクリーニング、疼痛管理、薬物リハビリセンター)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

タイプに基づいて、標本妥当性試験市場は、実験室と迅速/ POC検査に分割されます。実験室セグメントは、予測期間中に市場を支配すると予想されます。テスト結果の正確さおよびラボテストの費用対効果は、このセグメントの需要を推進する他の重要な要因です。

地域概要
標本妥当性試験市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

2018年には、北米地域が市場の最大のシェアを保持しており、ヨーロッパがそれに続きます。しかし、アジア太平洋地域は予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予想されます。この地域の高い成長は、医療インフラの開発、薬物検査のための厳格な規制ガイドラインの採用の増加、違法薬物使用者の数の増加、および地域の主要な市場プレーヤーの戦略的拡大に起因しています。

市場の主要なキープレーヤー
標本妥当性試験市場の主要なキープレーヤーは、以下のとおりです:

Alere (Subsidiary of Abbott Laboratories) (米国)
Thermo Fisher (米国)
Scitek (米国)
LabCorp (米国)
Quest Diagnostics (米国)
Alfa Scientific Designs (米国)
American Bio Medica Corporation (米国)
Express Diagnostics (米国)
ACM Global Laboratories (米国)
Clinical Reference Laboratory (CRL)
Premier Biotech (米国)

この調査には、標本妥当性試験市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/specimen-validity-testing-market/109800

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)