医療・医薬・福祉 美容・健康

【岡山大学ヘルスイノベーション】ロボット支援下膵切除術2種類の保険診療を導入

国立大学法人岡山大学
岡山大学病院の肝胆膵領域において、新たにロボット支援下膵切除術(ロボット支援下膵頭十二指腸切除術および膵体尾部切除術)が保険適用となりました


2021(令和3)年 4月 29日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/




<発表のポイント>


2020年4月より、肝胆膵領域において新たにロボット支援下膵切除術(ロボット支援下膵頭十二指腸切除術および膵体尾部切除術)が保険適用となりました。
岡山大学病院肝・胆・膵外科では、保険診療に合わせて2020年9月から、中国四国地方で初めて「ロボット支援下膵頭十二指腸切除術」を開始しました。
2021年4月からは「ロボット支援下膵頭十二指腸切除術」および「ロボット支援下膵体尾部切除術」の保険診療を開始します。


◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)の岡山大学病院 肝・胆・膵外科では、2020年4月に肝胆膵疾患に対してロボット支援下膵切除術(ロボット支援下膵頭十二指腸切除術および膵体尾部切除術)が保険適用となったことを受け、2020年9月より中国四国地方で初めて「ロボット支援下膵頭十二指腸切除術」を開始しました。

 保険診療としてロボット手術を行うには一定の施設基準を満たす必要があり、これまで岡山大学病院 肝・胆・膵外科では、高木弘誠助教(臓器移植医療センター)、楳田祐三准教授(岡山大学学術研究院医歯薬学域)を中心に、ロボット支援下膵頭十二指腸切除術の保険適用施設を目指して、症例を重ねてきました。

 現時点でロボット支援下膵頭十二指腸切除術を行っているのは、中国四国地方では岡山大学病院のみであり、2021年4月からは「ロボット支援下膵頭十二指腸切除術」および「ロボット支援下膵体尾部切除術」の保険診療を開始します。


◆詳しいプレスリリースについて
 ロボット支援下膵切除術2種類(ロボット支援下膵頭十二指腸切除術・ロボット支援下膵体尾部切除術)の保険診療を導入
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r3/press20210422-3.pdf


◆参考情報
・岡山大学病院
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/
・岡山大学病院肝・胆・膵外科
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/index123.html
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
 http://www.hsc.okayama-u.ac.jp/mdps/
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学分野
 http://www.ges-okayama-u.com/

岡山大学病院(岡山市北区)

◆本件お問い合わせ先
 岡山大学病院 肝・胆・膵外科 教授 八木孝仁
 岡山大学 学術研究院 医歯薬学域(医) 准教授 楳田祐三
 岡山大学病院 臓器移植医療センター 助教 高木弘誠
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目1番1号
 TEL:086-235-7257
 FAX:086-221-8775
 http://www.ges-okayama-u.com/

 岡山大学メディア「OTD」:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2021年4月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000072793.html

国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)