インテリア・雑貨 美容・健康

整形外科専門医が考案、中材に東洋紡の三次元スプリング構造体「ブレスエアー(R)」を使用した洗える整体の枕。まるで整体を受けているような寝心地Sdeep枕

株式会社ホワイトストーン
医師が考案したクリーン技術、花粉・汗・ニオイのタンパク質を水に変える「ハイドロ銀チタンイオン」を利用した枕カバーを使用。通気性や肌触り、お手入れ方法にも寝具外来医がこだわり抜きました。

株式会社ホワイトストーン(〒534-0013大阪市都島区内代町1-7-11 電話:070-8445-4021 メール:info@maiwish.com)の代表兼院長の加藤秀一は、寝具外来での患者様のご意見を基に東洋紡の「ブレスエアー(R)」をオリジナルの形で設計。睡眠時の身体の動きや枕カバーにまでこだわり完全日本製としてご用意しました、新しい枕の形をMakuakeにて発表(https://www.makuake.com/project/whitestone)まるで深海に沈み込むような眠りのための枕{Sdeep」首を支え、肩の据わりを考えた形状、寝返りや首の振りにも対応し身体を強張りから解放、体のこわばりや体調管理に睡眠の質からアプローチします。



8時間弱と長く眠ったとしても、「疲れが取れていない」「倦怠感がある」という状態はありえます。
そういった場合は、睡眠の質の部分でなにか問題があり、熟睡できておらず、体がしっかりと休めていない場合があります。

「何時間寝るべきか」よりも「どんな眠りか」が重要です。

また、疲れる原因としてストレートネックというものがあります。
人間は体の一番上に、約5~7キロの重さを持つ「頭」を乗せています。

本来緩やかな弯曲を持っている背骨が負担のかかりすぎによりまっすぐ一直線上になってしまい、顎が前に突き出したような姿勢になる状態のことをストレートネックといいます。
自然なカーブが崩れると、頭部の重みを、首がいつも担うことになります。

そのため、首肩背中の筋肉は休まる時が無い状態で日々過ごすことに・・・


そこで、寝具外来医が、健康維持のためのケア商品として、東洋紡の三次元スプリング構造「ブレスエアー(R)」を活用したストレッチ枕「Sdeep(スディープ)」を考案しました。

人本来の自然な首のカーブ、これが崩れると様々な不調の原因となります。就寝時にこのカーブを維持することが出来る形状を持つ枕がいい睡眠環境をもたらします。


首の自然なカーブを保つためには、その形状と合わせて適度な反発性が重要となります。常に自然なカーブを下から支える高反発な素材。



人は就寝中に平均20回位寝返りをうつと言われ、寝返りが就寝時の体のリセットに重要な役割を持ちます。スムーズな寝返りを助けてくれる機能的な枕。

高機能高反発素材の三次元スプリング構造体「ブレスエアー(R)」で寝返りのしやすさと、通気性を確保。


「ブレスエアー(R)」は、東洋紡株式会社が開発した3次元スプリング構造体のクッション材で、寝具に最適な機能を兼ね備えた素材です。新幹線のシートや病院のマットにも採用されている高機能高反発素材の洗えるクッション材です。




「ブレスエアー(R)」は通気性が良く熱がこもりにくい、夏場でも涼しく快適に入眠していただけます。
また丸洗いができ、水切れが良く、お手入れがしやすい仕様です。
洗剤を使いたいときは、中性洗剤をスポンジに付け気になる部分を優しくなでるように洗ってください。



基本セットではパッドが6枚入った状態でのご用意となります。
更に高さが欲しい場合は、薄手のタオルなどを入れて調整してください。


カバーは、綿100%で、医師が考案したハイドロ銀チタンイオンというクリーン技術を利用しています。
肌触りが優しく、花粉・汗・ニオイのタンパク質を水に変える働きがあり、清潔な状態が保てます。

生地裏側はパイル地となっており、お好みの面を肌にあたるほうへお使いいただけます。

製造は、整形外科医が信頼している滋賀の工場にて生産。完全日本製となります。


今回「Sdeep枕」応援購入サイト、Makuakeにて先行販売いたします。
睡眠から少しでも身体の機能改善にアプローチされたい方に向けて、お得なプランをご用意しております。
是非この機会にご覧くださいませ。
【Makuakeプロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/whitestone
一般販売予定価格25,000円の28%OFF、18,000円からご用意しております。



睡眠に対するSdeep枕のアプローチポイント

首を支え、肩の据わりを考えた形状、寝返りや首の振りにも対応し身体を強張りから解放します。


ヒトは睡眠中も寝返り等で体を動かすことで、適度な筋肉の緊張緩和を図ります。
肩や腰の不調には「適度な寝返りを打つことがでる」「体の沈みこまない敷き寝具」が適しています。
言い換えると「個々人の体型や寝姿勢に合った、“硬すぎず柔らか過ぎない”寝具」が良いです。

逆を言えば、「体が沈みこんで寝返りが打ちづらい」「低反発の寝具やヘタってしまっている寝具」は寝ている間の姿勢、特に肩や腰に大きな負荷が掛かっている可能性があります。

朝起きた時、「肩や腰や体が重い」「肩や腰がだるい」等でお悩みの方で、使用している寝具が低反発等の柔らかい寝具だったり、もう何年も使用している古い寝具の場合、寝具の見直しで肩や腰への休息になります
より快適な睡眠環境とするために、枕にもぜひ拘って欲しいです。

西日本で初の「寝具外来」を開設
普段寝具による寝つきの悪い方や、朝からしんどさが残る方への寝具アドバイスを行い、軽減していただく外来です。一人一人医学的根拠に基づき、知らず知らずに崩れていく全身のバランスを見直し健康維持のサポートを目指します。

〒534-0013
大阪府大阪市都島区内代町1-7-11
TEL:070-8445-4021
Mail:info@maiwish.com



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)