食品・飲料 流通

売上10倍拡大のヒット『野菜を入れてつくる』シリーズ 新商品『はるさめの炒め物』を9月1日(日)発売

ケンミン食品株式会社
新商品発売のお知らせ

ケンミン食品株式会社(兵庫県神戸市・代表取締役社長:高村祐輝)は、「野菜を入れてつくるはるさめの炒め物」を9月1日に全国で新発売いたします。野菜摂取を意識したい反面、調理にかけられる手間や時間、食費は限られます。日本の食卓の栄養バランス面で推奨される「一汁三菜」の実現が難しい中、野菜のおかず(=副菜)が手軽に作れるこのシリーズ商品は、今日の食卓づくりに悩む主婦を豊富にアイテムを拡充して応援します。


野菜を入れてつくるはるさめの炒め物


1. 「野菜を入れてつくる」シリーズは、誰でも簡単においしい副菜ができる調味料付き春雨のシリーズ。食卓づくりや野菜不足に悩む主婦から厚い支持。シリーズ売上は2012年発売初年度の10倍に。
2. 商品の味は全国の生協・宅配業界で冷凍調理はるさめ商品No.1(自社調べ)の当社人気商品の中華味を再現。『野菜を入れてつくる』シリーズならではの野菜の美味しさを活かした副菜がつくれます。
シリーズ販売数
■人気の中華味で野菜のおかず(副菜)を作れる
シリーズ新商品は「中華味の副菜」。中華料理は家庭で食べる外国料理のナンバーワンです(自社調べ)。またその味付けには当社が全国の生活協同組合など冷凍宅配業界向けで累計販売数1800万袋突破の人気ロングセラー商品の中華味を採用。鶏がら醤油にごま油が香る食べやすい味で、中華の野菜のおかずが手軽に作れます。

【商品概要】
・商品名 :野菜を入れてつくるはるさめの炒め物
・内容量 :64.5g
・商品形態:常温商品
・賞味期限:12ヶ月
・希望小売価格:150g(税抜)
・発売日 :2019年9月1日
・販売チャンネル:全国のスーパー、生協

【商品特徴】家庭にある食材で野菜を食べられる副菜が簡単においしくできる。
●特徴1 鶏がらスープをベースに醤油とガーリック、ごま油を効かせた中華味。
●特徴2 もやし、たまねぎ、にんじん、ニラ、豚肉など、家庭にある具材で手軽にできます。
●特徴3 春雨と野菜を3分煮込み、液体ソースと絡めるだけ。ワンパン※調理でつくれます。
(※ワンパンとはフライパンひとつでできるという意味の家庭料理でトレンドの造語)
調理イメージ


(参考資料)「野菜を入れてつくるシリーズ」について
「野菜を入れてつくる」シリーズは手軽に美味しい副菜ができる調味料付きビーフン・春雨の人気アジアメニューシリーズ。アジアの食卓を彩るメニューを野菜が摂れる副菜メニューとして展開。2012年に「焼ビーフン」、2013年「チャプチェ」、2014年「プルコギ春雨」、2018年「白ごま担々春雨」、2019年春に「塩チャプチェ」を発売。野菜を摂取したい意識と、調理にかけられる時間に制約があり、おかず(副菜)の役割の重要性が増す時代背景を受け、チャプチェを筆頭に売上は好調で初年度に比べ約10倍。累計800万袋を販売するシリーズです。
野菜を入れてつくるシリーズ
□■ ケンミン食品とは □■
ケンミンの焼ビーフンで知られる1950年神戸創業のビーフンメーカー。社名は台湾出身の高村健民に因み、「健康(健)を皆様(民)に」を理念としている。国内ビーフン市場の約60%のシェアをもち、現在はビーフンの他にも、フォー、ライスパスタ、ライスペーパーなど米を原料とした加工食品を製造する専門企業である。グルテンフリーがトレンドの欧米でも親しまれている。明治安田生命J1リーグヴィッセル神戸の2019シーズンユニフォーム・パンツスポンサー。
市場シェア(日本税関2018調べ)
焼ビーフン調理イメージ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会