医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

デイサービスの口腔機能向上加算算定支援システム「リハプラン口腔機能」を提供開始

株式会社Rehab for JAPAN
自立支援に取り組むデイサービス向け支援システムを手掛ける、株式会社Rehab for JAPAN(所在地:東京都品川区、代表取締役:大久保 亮)は、口腔機能向上加算算定支援システム「リハプラン口腔機能」を、2019年08月26日(月)より提供開始しましたので、ご報告いたします。


開発の背景
 2018年3月よりサービス提供開始している「リハプラン機能訓練」は、リハビリ専門職不在のデイサービス事業所を中心に、個別機能訓練加算の申請、計画書作成、リハビリプログラムの提案、関連業務のワンストップサービスとして大変ご好評をいただいております。
 一方、近年ご高齢者の栄養摂取や誤嚥性肺炎は在宅生活上の課題となっており、お口の状態把握と対策は急務にも関わらず、デイサービスでの口腔機能面の対策を評価する「口腔機能向上加算」を算定する事業所数は、全国事業所の約12%という水準に留まっております。その背景として、お口の状態を正確に把握し、対象者を抽出する難易度が高いことと、口腔に関する知識が乏しくサービスをうまく提供できないという事業所の悩みが大きいことがわかりました。
 そこで、口腔機能向上加算の業務において、現場で障壁となっている過程をシステムで解決することで、デイサービスにおける効果的な口腔機能の取り組みを推進することを目指し「リハプラン口腔機能」を開発しました。

サービスの特徴


 デイサービスにおける口腔機能の維持・向上のためのサービスに対する加算である「口腔機能向上加算」の算定に必要な業務を支援するシステムです。介護事業所でお使いのパソコン・タブレットで使用するクラウドサービスです。初期導入コストなしで利用開始できます。特徴は以下の3つです。


1:口腔機能向上加算の対象となるご利用者(口腔機能面の介入が必要な方)をスムーズに抽出可能



2:ご利用者の現在の状態や介入の必要性を説明する資料、加算算定に対応した計画書、記録、報告書等を簡単に作成


3:デイサービスに在籍する看護職員(看護師・准看護師)等が中心となり、ガイドに沿って一定水準の口腔機能評価・サービス提供が可能





●サービス名:リハプラン口腔機能 (https://oral.rehaplan.jp)
●対象:介護保険事業の通所介護、介護予防・日常生活支援総合事業の通所型サービス
●月額利用料: 12,800円(税抜)(リハプラン機能訓練をご利用の場合、月額9,800円(税抜))

今後の展望
 介護業界では自立支援・重度化防止が重要視されています。既存製品である「リハプラン機能訓練」と新製品である「リハプラン口腔機能」により、ご利用者が「口からものを食べ、体力をつけて運動をする」という部分を担うことができるようになりました。
 今後も、ご利用者に合わせた自立支援を実現すべく、介護・リハビリの分野において価値のある製品・サービスを提供してまいります。
また、介護分野における人手・専門職が不足する中で、リハプランを通してデイサービス現場の事務負担や専門性の不足を補い、デイサービスとそこで働く人々の生産性向上に寄与できるようにいたします。

株式会社Rehab for JAPAN 会社概要
・称号:株式会社Rehab for JAPAN
・創立:2016年6月10日
・所在地:東京都品川区西五反田8丁目8-15カーニープレイス五反田8F
・資本金:5647万円
<主なサービス紹介>
・リハプラン機能訓練(https://rehaplan.jp/service
・リハプランマガジン(https://rehaplan.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会