美容・健康 教育・資格・人材

子どもから大人へ移行する青年期の著しい心身の変化をサポートするヨガ教育による指導テクニックが学べる!中高生向けヨガ講師養成コースの応募を開始!

株式会社ぜん
中高生ティーンエイジャーへのヨガ&マインドフルネス~中高生に関わるすべての人へ~生きる力(エンパワメント)を育むヨガクラスを。思春期における中高生を理解し関わり方を学びたい方にオススメです。

国内最大級のヨガ・ピラティス専門スタジオ「zen place」を運営する株式会社ぜん(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:尾崎成彦)が展開するスクール事業「zen place academy」で、13歳~18歳(中学校1年生~高校3年生まで)を対象とした指導が可能となるキッズヨガ講師養成コース応募を開始します。本講座は、未就学児から小学生を対象とした「プロフェッショナル・インスティテュート1(以下、PI1基礎)」で学んだ基礎をさらに応用させたプログラムです。「プロフェッショナル・インスティテュート2(以下、PI2応用)」は、思春期における発達、解剖学、生理学、学習領域の面から理解し、ヨガを通じて十代の若者たちの内面や外面を理解することや彼らとの関わり方を学びます。全米ヨガアライアンスに認定されているYoga Ed.のカリキュラムは文部科学省制定の体育教育基準を満たしており、ヨガを通じて生涯にわたる健康と幸福を養うためのライフスキルを身につけるための指導法を学びます






■概要
青年期は「子どもから大人へと移行していく過渡期」心身の変化が著しい時期のため、不安や苛立ち、反抗的な態度を取るといった精神的な不安定さが見られるも特徴のひとつです。また心理面では内省がすすみ、自分とは何かのように自己を意識するようになり(アイデンティティの確立)=他者を意識することで、社会的な環境変化の影響も受けやすくなります。ヨガは、彼らの心身の健康と幸福のためにサポートできることがたくさんあります。

何事にも自信を持って対応できる能力
ポジティブな自己像の形成(セルフイメージ)
仲間との前向きな人間関係の構築


■十代の若者へのヨガの効果
<メンタルヘルス>
ヨガは、ストレスや不安を和らげるために必要なツールを与えることによって、質の良い睡眠が取れ、より幸せな生活を送ることができ、学校での成就を可能にします。

<セルフイメージ>
ヨガは、ポジティブな自己像や高い自尊心をもつための種を植え、自己をいたわる気持ちを促し、自己に対して誠実であることを促進します。
自己統制 生徒たちは自分の感情や身体感覚を探求し、思考や気持ちを健康的に理解する方法として、呼吸法や動きを学びます。

<自己効力感>
ヨガは、生徒がどんな状況にぶつかっても自信を持って対応できる能力を高め、大学進学や就職へ備えます。

<立ち直る精神力(レジリエンス)>
ヨガは、上手く感情を操り、自身との前向きな姿勢を発達させ、逆境に強く立ち向かうことができるようにサポートします。

<意思決定>
ヨガは、認知機能を高め、衝動的な行動から論理を使って分析的な思考や情報収集力を発達させます。

<学習成果>
ヨガの練習は、集中力を発達させ、学習への前向きな姿勢を増加させ、学習成果を支持します。
仲間との人間関係 ヨガはクラスの中で仲間との前向きな関係を築き上げる機会を与え、いじめにつながる行動を減少させます。


【本コースの概要】
■講座名:プロフェッショナル・インスティテュート2(PI2応用)「キッズヨガ講師養成講座」

■指導対象年齢:13歳~18歳(中学校1年生~高校3年生まで)

■コース構成と目的
プロフェッショナル・インスティテュート2は、Yoga Ed.トレーナーによる4日間のプログラムです。講座時間は1日8時間、合計32時間となります。

この講座を修了すると、以下の事ができるようになります:

思春期における解剖学と生理学を含む身体的、精神的、感情的そして社会的発 達を理解する
ソーシャル・エモーショナル・ラーニング(social emotional learning)と脳ベー スの学習視点でヨガを教える
思春期の若者へのヨガの効果を理解する
Yoga Ed.の教育理念を体現する
年齢に合わせたレッスンプランをデザインして発展させる
文部科学省制定の体育教育基準を満たすヨガクラスを作る
中学1年生~高校3年生 (13歳~18歳)の若者たちへヨガを教える



■参加資格
資格も経験も問いません。子どもへのヨガや教育、そして健康と幸福に関して情熱をお持ちであれば、どなたでもご参加いただけます!

■講座内容:【応用:13歳~18歳(中学校1年生~高校3年生まで)】
PI2応用では、十代の若者たちへヨガを効果的に教えるために必要な基本原則とツールを学びます。カリキュラムは教育機関向けにデザインされていますが、ヨガスタジオ、ご家庭、医療機関を含む多様な環境でも容易に取り入れることができます。ここでは、十代の若者たちに起こる内面と外面の変化、また、その変化が十代の若者たちのヨガの体験にどのように影響するかを学びます。主眼は青年期における発達、解剖学、生理学、学習領域の理解を通して、十代の若者たちの様子を理解することや彼らとの関わり方を学ぶことです。この変革的なトレーニングで、十代の若者たちとつながるために効果的に指導法をシフトする能力が現れてくるでしょう。

■日程:
2020年2月21日(金)、2月28日(金)、3月6日(金)、3月13日(金)の4日間

■時間:
9:30-17:30
■場所:BMS R Lab 1 ピラティススタイル五反田併設スタジオ
(〒141-0031 東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル5F)

■コース教材
子どもたちへより多くの緑を残すために、Yoga Ed.のコース教材はデジタル式でお渡しします。このトレーニングには以下の教材が含まれます:

コース紹介 (インフォメーション・パケット) のデジタルコピー
カリキュラム(全カラー写真付き・400ページ)
中高生対象のレッスンプラン(全48レッスンプラン)


■受講料:65,000円(税込み)

■お申込み方法
下記のURLよりお申込みください。
https://www.bodymindspiritresearchlab.com/workshops/304

■持ち物:
動きやすい服装・筆記用具

【Yoga Ed.のインスティテュートがあなたへもたらすもの】
<学校・教育機関>
プロフェッショナル・インスティテュート2は、担任教師や体育教師、カウンセラー、学校運営・管理者やホームスクーラーの皆さんを以下の方法でサポートします。

ダイナミックティーチング・テクニックを用いて、生徒の行動やクラス管理を向上させる。
生徒たちが、クラス前やテスト前の不安な気持ちを、ヨガの呼吸やリラクゼーションを用いて自己統制できるように育む
文部科学省制定の体育教育基準に対応した、楽しく教育的なヨガクラスで、生徒の健康や幸福を促進する


<ヨガインストラクター>
プロフェッショナル・インスティテュート2は、ヨガインストラクターやスタジオ経営者の皆さんを以下の方法でサポートします:

十代の若者向けのヨガクラスを地域の学校や保育所、そして放課後用プログラムに導入して、あなたの仕事の幅を広げる
遊びを取り入れた楽しいヨガレッスンを通して、ヨガから得られるライフスキルをシェアしていく
ヨガ教育を通して生涯の学習を見出す
幸せで健康に満ちた若者の未来への活動に加わる


<保護者>
保護者は、プロフェッショナル・インスティテュート2を通して以下のことを学びます。

学校や課外活動、そして友人関係の中で、十代の若者たちが健康でいられて、活発でバランスのとれた生活を送れるようにサポートする
物事が思い通りに進まないとき、十代の若者たちがヨガのツールを使って気持ちを落ち着かせ自己統制できる能力を育む
十代の若者たちへ生涯の健康と幸福の種まきをする


<医療専門家>
プロフェッショナル・インスティテュート2は、看護師や作業療法士、理学療法士やチャイルド・ライフ・スペシャリスト、そして社会福祉士などの小児医療専門家を以下の方法でサポートします:

安全で発達段階に適切なヨガポーズで、患者の柔軟性や筋力を高める
患者が、ヨガの呼吸法とリラクゼーションで自己統制し、不安な気持ちを減少させ、睡眠の質を促進し、そして生活の質の認識度を高められるように育む
ダイナミック・ティーチングのテクニックを使って、患者とプロバイダー間のコミュニケーションをより良いものへとし、患者ケアにおいて家族の関わりを増加させる


<NPO(非営利団体)>
青年向けのサービスを提供している非営利団体は、以下の理由からプロフェッショナル・インスティテュート2の受講を推奨します。

十代の若者の身体的や精神的、そして感情的や社会的な発達を総合的に理解し、十代の若者たちとのより良いコミュニケーションと関係作りを促進する
十代の若者たちが学校や人生において成功できるための健全な決断をくだせるように、ヨガの呼吸法とリラクゼーションで子どもが自己統制できるように育む
若者たちが、将来、より幸せで健康に過ごせるように行っている努力をサポートする


■YOGAed.(ヨガエド)の紹介
※全米ヨガアライアンスのチルドレンズヨガスクール認定校(RCYS)として登録されています。
YOGAed.(ヨガエド)とは、YOGA.ed=yoga×education(教育)です。
Yoga Ed.は、ヨガの実践を通して心身の健康維持と学習支援に取り組む教育プログラムです。活動は1999年サウスセントラル・ロス・アンジェルスの学校で始まり、現在では、米国42州世界16カ国の教育現場で活用されています。勝ち負けのない身体運動であるヨガのプログラムは日本の体育教育基準に対応しており、人間関係と感情の学習SELと脳ベース学習に深く基づいています。ツールである呼吸法やポーズ、リラクゼーションを効果的に活用することで、身体的、認知的、社会性的、学習的に不可欠な能力を育てます。運動能力の発達や体力・柔軟性の向上をはじめ、心身相関の認識では子ども教師共に自己への気づきと自己調整を向上させストレス対処力を高めるなど、ライフスキルを身につけることを主眼としています。

【講師:岡崎ともみ】


ライフスタイルに活きる。一人一人のヨガ をテーマに2007年よりヨガ講師として活動。
未来を生きる子ども達にへの指導と教育機関への普及に努める。
一児母。元ダンサー、振付師。
観察力を身につけ気付きを促す心の動きを大切に指導を行う。
www.lalalakids.wordpress.com

<資格 トレーニング>

RCYT, 500ERYT, YACEP, Mandukaアンバサダー
インド政府認定シヴァナンダヨガTTC
Janice ClarfieldプレネイタルマタニティヨガTTC
IYCヒーリング&リラクゼーションヨガTTC
JIVAJAPANアーユルヴェーダベーシック
クリパルジャパン公認シニアヨガ
YogaEdキッズヨガTTC&養成講師トレーナーインスティテュート
ヨガワークス500RYT TTC
YogaTuneUpアナトミー、セルフボール



【会社概要】

商号 株式会社 ぜん(カブシキガイシャ ゼン)
代表者 尾崎 成彦(オザキ ナルヒコ)
所在地 〒150-0011 東京都渋谷区東2-6-18 エポックビル3階
業種 その他
上場先 未上場
従業員数 500名未満
会社HP https://zenwellbeing.co.jp/class/hiit.html
インストラクター採用情報: https://www.wholebodyeducator.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会