医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

発売以来大きな反響 おかえり支援サービス「おかえりQR」が本日よりオンライン(ECサイト)で購入可能に!

株式会社昭文社
~Amazonにて販売を開始、全国で購入可能、ご家族へ安心をご提供~

株式会社昭文社は、道に迷われた方、ペットなどを対象に、IoT技術により、シール型QRコードを読み取ることでご家族、介護者の方に居場所を発信できるおかえり支援サービス「おかえりQR」を、本日2月5日より、Amazonの専用販売ページ(⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/B07N3YGST7 )にて販売することをお知らせいたします。 これにより、「おかえりQR」を、全国どこからでもご購入いただけるようになります。 昨年10月、埼玉県南部地区での発売以来、見守りや住民の安全・安心を守る立場の方々から「非常に有益で意義のあるサービスかつ、実際的な、見守り側に役立つ機能なので、今後に期待したい」とのお声を多数いただきました。 このたび、販売エリア以外の方からのお問い合わせ、ご要望にお応えして、まずオンライン(=ECサイト)での販売を開始することにいたしました。 当社は今後も、様々なチャネルを通じて、サービスの利用拡大と認知向上に取り組み、社会への貢献を目指してまいります。


 株式会社昭文社(東京都千代田区、代表取締役社長 黒田 茂夫、東証コード:9475)は、道に迷われた方、ペットなどを対象に、IoT技術により、シール型QRコード(※1)を読み取ることでご家族、介護者の方に居場所を発信できるおかえり支援サービス「おかえりQR(※2)」を、本日2月5日より、Amazonの専用販売ページ(⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/B07N3YGST7 )にて販売することをお知らせいたします。
 これにより、「おかえりQR」を、全国どこからでもご購入いただけるようになります。
※1 「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※2 「おかえりQR」は特許および商標登録出願中です。

■オンライン販売の経緯と概要
 昨年10月よりサービスを開始いたしましたおかえりQRは、おかげさまで大きな反響をいただき、先行的に販売中の埼玉県南部地区にてご利用いただいております。
 この間、郵便局の配達員の方や、該当地区の警察の方など、見守りや住民の安全・安心を守る立場の方々から「非常に有益で意義のあるサービスかつ、実際的な、見守り側に役立つ機能なので、今後に期待したい」とのお声を多数いただきました。
 このたび、販売エリア以外の方からのお問い合わせ、ご要望にお応えして、まずオンライン(=ECサイト)での販売を開始することにいたしました。
 これにより、日本全国どこからでも、ご家族に安全・安心をお届けする「おかえりQR」をご購入いただくことが可能となります。
 当社は今後も、様々なチャネルを通じて、サービスの利用拡大と認知向上に取り組み、社会への貢献を目指してまいります。
「おかえりQR」ECサイト用商品説明書


「おかえりQR」ECサイト画面
■「おかえりQR」企画開発責任者 池田有作 コメント
 昨年10月のサービス開始以来、埼玉県南部地区を始め、実際に販売されている地域をくまなく歩かせていただきながら、地域の見守りの実態、現場の方のお声をいくつもお聞かせいただきました。サービスの改善・向上のヒントも頂戴しました。
 メディアの方ともお話しさせていただき、このサービスへの期待の大きさを肌で感じております。今回のオンライン販売を契機として、さらなるサービスの拡充と普及を図ってまいりたいと思っております。
担当者近影
■販売サイト概要
名称:昭文社おかえりQR販売ページ(Amazon)
URL:http://www.amazon.co.jp/dp/B07N3YGST7
販売開始日:2019年2月5日
販売エリア:全国(ECサイト)
販売単位:1シート(シール23枚)単位で販売します。
販売価格:3,240円(税込)※送料別途


【ご参考】
■発売記念特別コラム「アドバイザー岡本教授が語る みんなでみまもるおせっかいの大切さ」
http://www.mapple.co.jp/mapple/column02/items/okaeri19.html

 「おかえりQR」の開発段階から趣旨に賛同し、アドバイザーとしてご協力いただいている明治学院大学社会学部 岡本多喜子教授に、これからの社会でより大切になる人と人とのつながりのあり方について、インタビューしたコラムをこのたび公開いたしました。こちらも併せてご覧ください。

発売記念特別コラムTOP画像
岡本多喜子教授プロフィール
日本社会事業大学大学院修士課程修了。東京都老人総合研究所から東海大学教養学部を経て、1999年明治学院大学社会学部社会福祉学科助教授、2000年4月に同教授となる。2003年度・2004年度社会福祉学科主任、2005年度・2006年度学生相談センター長。サイモン・フレーザー大学老年学部visiting fellow(2007年9月から12月)。2008年度・2009年度大学院主任。2012年度・2013年度社会学部長。2015年7月から2016年3月まで学長補佐。日本老年行動科学会常任理事。主な出版物に『老人福祉法の制定』(誠信書房)『浴風園ケース記録集ー戦前期高齢者施設の「個人記録」110-』(学文社)などがある。

■「おかえりQR」サービスの概要
 「おかえりQR」は、ご自身の居場所のわからなくなった方が、無事にご家族の元へ辿り着けることを目的としたサービスです。
 ご家族は事前に「おかえりQR」のシールを高齢者お子様ペットなど、守りたい方の持ち物等に貼り、シールシートに記載のID番号とご自身のメールアドレスを登録しておきます。
 もし対象の方が道迷い等に陥っても、発見者がQRコードをスマートフォンで読み込んで簡単な入力を行うだけで、ご家族に現在の状況や発見場所の位置情報等をお知らせすることができます。
 その際、発見者にご家族のメールアドレスは開示されず、発見者の個人情報も不要ですので、ご家族と発見者がともに安心してご利用いただけるサービスです。

「おかえりQR」サービスイメージ
「おかえりQR」シールシートデザイン
「おかえりQR」ECサイト用商品説明書(裏表紙)
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会