スポーツ・アウトドア 美容・健康

「足さえ、つらなければ勝てたのに!」その悔しさから生まれた、アスリート用ボディスプレー。

一般社団法人日本デフビーチバレーボール協会
試合に勝つためには、まず足つりに勝つこと。いくらビーチバレーボールがうまくても、足がつっては、勝てません。

発想から、テストまでJPC加盟の日本デフビーチバレーボール協会が参加しました。


ビーチバレーボールは、砂浜という不安定な足場を主戦場に、コートを縦横無尽に走り回る競技。選手の足への負担は計り知れません。試合は二人一組で行われ、その内の一人が故障しても、交代は許されません。足がつって動けなくなることは、すなわち敗戦を意味します。

足がつる、いわゆるこむらがえりは、主にふくらはぎの筋肉が異常に収縮することで起こります。ちなみに、こむらがえりの「こむら」はふくらはぎのことを指します。その名の通り、ふくらはぎに多く起こりますが、実は、足の裏や指、太もも、胸など、体のどこにでも発生します

ふくらはぎなどの筋肉に備わっている、縮みすぎを防ぐのが腱紡錘(けんぼうすい)。この働きが低下すると、筋肉が異常に収縮し、痙攣を起こしてしまいます。それが、こむらがえりです。

試合中にこむらがえりが起こると、最悪は棄権となりますが、たとえ多少回復しても、つった選手が狙われ結局は負けてしまいます。

腱紡錘の機能低下には、さまざまな原因が考えられますが、最も多いの、ミネラルバランスの乱れです。カルシウムとカリウムは、筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにする働きがありますが、これらのミネラルをコントロールしているのが、マグネシウムです。マグネシウムの不足は腱紡錘の機能に大きな影響を与えます。

予防するには、十分なマグネシウムの摂取が欠かせません。そこで、試合前、試合中に簡単にふくらはぎに塗り込めるボディスプレーを開発しました。予防と回復がテーマです。


皇漢薬品研究所共同開発

コムラショット Mg+

販売価格 3400円(税抜き)


20種類の整肌・保湿成分

5種の植物エキス(アルニカ花エキス、カンゾウ根エキス、ボタンエキス、ショウガ根エキス、シャクヤク根エキス)とマグネシウム他全15種のアミノ酸をバランスよく配合。

●使いやすいミストスプレータイプ。
●無香料、無着色、無鉱物油、パラベン(防腐剤)不使用。
●ベタつかないサラッとしたローションタイプ。

●メントール様成分(メントキシプロパンジオール)で心地よい清涼感。

●ご使用方法/適量をスプレーし、手のひらでなじませてご使用ください。

●名称/GO SPORTS MGコンディショニングローション コムラショット Mg+(あし・からだ用)
●全成分/水、硫酸Mg、エタノール、アセチルグルコサミン、コンドロイチン硫酸Na、アラニン、アルギニン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、トレオニン、プロリン、バリン、ヒスチジン、リシン、グルタミン酸、アスパラギン酸、セリン、グリシン、ロイシン、チオクト酸、トコトリエノール、アルニカ花エキス、カンゾウ根エキス、ボタンエキス、ショウガ根エキス、シャクヤク根エキス、ペンチレングリコール、1,2-ヘキサンジオール、PEG-40水添ヒマシ油、メントキシプロパンジオール、BG、クエン酸Na、クエン酸
●内容量/100mL
MADE IN JAPAN

※使用上の注意
お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合(2)使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合●傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。●目に入ったときは、直ちに洗い流してください。●ポンプの口元に白い粉が生じたりする場合がありますが、これは成分中の結晶ですのでそのままお使いください。●使用後は必ずしっかり蓋をしめてください。●乳幼児の手の届かないところに保管してください。●極端に高温又は低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
ふくらはぎはコムラとも呼ばれます。
コムラショット
国際親善試合
国際親善試合


ポーランド大会での出来事
練習中のこむらがえり
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会