美容・健康

日本初のフィットネスシェアリングスペース、2店舗目オープン!

Sharez株式会社
~フィットネスもシェアリングで行う時代が来る~

パーソナルトレーニングジム運営やパーソナルトレーナー育成を行う、Sharezは2018年12月より、日本初となるフィットネスシェアリングスペースの運営をスタート。フリーランスのパーソナルトレーナー、インストラクターが自身の顧客をトレーニングする場として活用している。12月、1月、2月と順調に利用が増え、この度2つ目のスペースがオープンする。 これまでは、場所代が高かったり、予約が取りづらかったり、という問題があった。Sharezのシェアリングスペースサービスは、それらを解決し、またそれ以外の用途でも時間毎に用途を変えて利用され、人気となっている。


【フィットネス業界の個人間マッチング】
同社は、フィットネスの業界における個人間マッチングが増えていくと予測しており、それらを推進したいと考えている。
そういった流れの中で、フィットネスサービス提供者個人が働きやすい環境を作る為のサービスとして、
「フィットネス用途をメインとしたシェアリングスペース」
を2018年12月にスタートさせた。







【フィットネス用シェアリングスペースとは】
Sharezが運営するシェアリングスペースの特徴は、

・サービス提供を前提に物件選定、施設運営をしている
・時間毎に利用用途が変えられるよう、様々なアイテムを用意している
・とにかくコスパが良い

といった点だ。
同じ規模のスペースは多く存在しているが、それらはほとんど貸し会議室として運営されており、toC向けのサービス提供を前提としていない。
貸し会議室だと、部屋のデザイン、清潔さ、置いてあるアイテムなどのスペックが低くなってしまい、会議をするくらいなら差し支えないが、サービス提供の場としては少し不足してしまう。
Sharezでは、多くのシェアリングスペースを利用してきた経験、その際のお客様のご意見から、サービス提供にはどんなスペースが相応しいのかを検討してきた。また、時間当たりの料金も多くのスペースを利用してきたからこそ分かる、スペースのスペックに対する絶妙な料金設定にしている。周辺の別のスペースを利用してきた人からすれば「こっちのスペースの方が良い!」と思わずなる設定だ。
それらが体現されている事が、スペースの人気の秘決となっている。

【2018年12月にスタートし、2019年3月2店舗目オープンへ】
12月、1月、2月と順調に利用者が増え、この度2店舗目のスペースをオープンさせた。





シェアリングスペース掲載サイト大手の「スペースマーケット」でも、掲載2ヶ月で、「トップホスト」に認定され、「スポーツ、フィットネス」のカテゴリーでも3000件以上掲載されている中で5位につけている。(全スペース11149件中24位)
※2019/2/26現在

■スペイシーさん
https://www.spacee.jp/listings/12219?category_id=1%2C2%2C3%2C4%2C5&listing_search_log_id=13268311&neighborhood=%E6%B8%8B%E8%B0%B7&neighborhood_word=%E6%B8%8B%E8%B0%B7
■スペースマーケットさん
https://www.spacemarket.com/spaces/OQOG48Um7aZPWjn5/rooms/7AFBraAbobBH_V3Q
■インスタベースさん
https://www.instabase.jp/space/6206439722

Sharezでは、フィットネスの個人間マッチングを増加させ、最適化されたサービスの提供場所を増やし、それらをコストパフォーマンスの良く提供していく事で、フィットネス業界の活性化を目指している。


【Sharez概要】
https://fitness-sharez.com/
▌運 営:ビーサバイ株式会社
▌所在地:〒150-0046 渋谷区松濤1-29-15
▌設 立:2015年7月7日
▌資本金:100万円
▌代表者:岡崎秀哉
▌事業内容:日本最安値のパーソナルトレーニングサービス「Eco Personal」運営、パーソナルトレーニングジム運営、パーソナルトレーナー育成スクール運営、セミナー、イベントなど
◆お問合せ◆
ビーサバイ株式会社 Sharez運営事務局
TEL:050-3634-5523  Email: okazaki@besabaay.com
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会