その他 美容・健康

アンファー(ヘアケアNO.1ブランド)× 熊谷市 が初コラボ (暑さ対策NO.1タウン)熊谷市民の健康を頭皮からサポート

アンファー株式会社
アンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山 熊裕 以下「アンファー」)は、埼玉県熊谷市と2019年9月4日より、暑さ対策NO.1の街熊谷で頭皮の健康をサポートいたします。


「熊谷市では、暑さ対策日本一の推進のため、市民の命・健康を守る様々な取組を進めています。アンファー様との取組は、暑さの影響が頭皮にまで及ぶことやその対策を呼びかけていくものであり、命の安全や健康は前提として、その先の暑さ対策を提示するという意味で先進的であると思います。また、主なターゲットとなる40~50代男性は、労働中に熱中症になる方が多いというデータがありますが、市の啓発が届きにくい層でありますので、この層に、熱中症対策をあわせてアプローチできるという点でも、意義深いと考えています。」

熊谷市は、昨年7月41.1℃と国内最高気温を記録し、今年も梅雨明けから連日35℃越えの猛暑日が続き“日本一暑い街”として知られています。気温の上昇に伴う汗や皮脂の分泌の増加や紫外線の影響により頭皮はダメージを受けます。つまり日本一暑い熊谷市は、これらの影響を受けやすくなっています。そこでアンファーでは、熊谷市民の暑さ対策をサポート致します。

今年は、過酷な暑さによる頭皮へのダメージを、熊谷市民ご協力のもと「熊谷市暑さ対策プロジェクトチーム」と共に調査・研究致します。

その結果を基に翌年の夏へ向けた対策や情報を発信し、熊谷市民の健康を頭皮から実現すべく取り組んで参ります。



熊谷市長のお言葉



富岡 清(とみおか きよし)

昭和28年生まれ
熊谷市議会議員を2期、埼玉県議会議員を3期務め、
平成14年熊谷市長、平成17年合併後から熊谷市長(現在4期目)

「熊谷市では、暑さ対策日本一の推進のため、市民の命・健康を守る様々な取組を進めています。アンファー様との取組は、暑さの影響が頭皮にまで及ぶことやその対策を呼びかけていくものであり、命の安全や健康は前提として、その先の暑さ対策を提示するという意味で先進的であると思います。また、主なターゲットとなる40~50代男性は、労働中に熱中症になる方が多いというデータがありますが、市の啓発が届きにくい層でありますので、この層に、熱中症対策をあわせてアプローチできるという点でも、意義深いと考えています。」
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会