医療・医薬・福祉

第5回がん撲滅サミット ムーンショット・プロジェクト始動!~日本から広がるがん撲滅への挑戦!!

第5回がん撲滅サミット実行委員会

 2019年11月17日(日)午後1時から東京ビッグサイト7階 国際会議場にて開催される創立5周年祈念~第5回がん撲滅サミット(https://cancer-zero.com)が、このたび『がん撲滅サミット ムーンショット・プロジェクト』を開始する。


 これは「10年以内に米国は人間を月に送り、無事帰還させる」という第35代米国大統領ジョン・F・ケネディのアポロ計画にちなんだもので、不可能とも思える壮大な計画や目標に向けて大胆なチャレンジを開始することを『ムーンショット』と呼んだことから命名されたものだ。

 がん撲滅という、まさに人類のムーンショットに挑戦しようというこのサミットにふさわしいネーミングであろう。
大会長 原丈人氏
 さて、具体的には2019年10月29日、30日(米国日時)サンフランシスコで開催される再生医療とがんの国際会議『2019World Alliance Forum in San Francisco』に提唱者で代表顧問の中見利男氏(作家・ジャーナリスト)が招待されることから号砲が鳴る。

 当日は日本から始まったがん撲滅への挑戦について理念、及びこれまでの流れを『がん撲滅に向けて日米及び人類一丸となって前進しよう!』と題して講演を行い、米国にもがん撲滅への連携を呼びかける。

 これは『がん撲滅サミット』が決して人マネに陥ることのないオリジナリティと批判や障害にも負けない大胆なチャレンジ精神、人類への貢献という点で米国からも高い評価を受けての事である。
 
 そのうえで今後、がん撲滅に賛同する世界的な研究者のネットワークを構築し、世界規模で腸管免疫やがん撲滅に向けた研究者の情報を集約していくという。
 
 ちなみに、この国際会議には2014年にノーベル賞受賞者の山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所所長・教授)ら、世界のノーベル賞受賞者やノーベル賞候補の研究者やシンクタンク、アカデミア、そしてFDA(米国食品医薬品局)、IT企業オーナーらの重鎮が登場する医療版ダボス会議として知られている。
 
 また『がん撲滅サミット ムーンショット・プロジェクト』では将来的に有望な治療法の推進にも尽力するとのこと。
 第1弾は悪性膠芽腫で92.3%という奏効率を示した藤堂具紀教授(東京大学医科学研究所)のウイルス療法の実用化を支援する計画だ。

 さらに『がん患者110番~がん患者を守れ!』などの患者の権利を確立するためのプロジェクトを開始する予定。

 米国で講演を控えた中見利男氏は言う。
「私はサムライ精神で、これから人類をがんから解放しようとアメリカに呼びかけるつもりです。サムライは公に生き、公に死す! この精神こそが原丈人大会長の提唱されている公益資本主義に共通する日本の理念です」

 こうした積極的な姿勢を続けていく第5回がん撲滅サミットにあなたも、ぜひ参加されてはいかがだろうか。

 入場は無料だが、事前のエントリーが必要。大会HP(https://cancer-zero.com)『入場エントリーバナー』より、一度に4名様までのお申込みを現在、受付中である。

 なお、第5回がん撲滅サミットにおいては製薬会社の皆様のご協賛、ご後援をいただいているが、各先生方の講演内容については患者の皆さんの知る権利を守るためにも主催者が規制をかけたり、他の公的・商業的機関の不当な介入を許すことは一切ないとの話だ。

 ただし、最後はすべて自己判断であることもご留意いただきたいとのことである。

第5回がん撲滅サミットのお問い合わせは以下の通り。
【大会事務局】
アライアンス・フォーラム財団
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング5階

 なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受付けている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会