ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

【ユーザー募集開始】家族の健康を共有して安心した生活を作る健康情報共有サービス「ふぁみかるくん」

一般社団法人 未来技術推進協会
2021年5月6日に、技術者コミュニティ「シンギュラリティ・ラボ」で開発した、ご家族の健康情報共有サービス「ふぁみかるくん」のベータ版をリリースしました。本サービスでは、アプリ内に記録した健康情報を共有することで、忙しい保護者が、いつでもどこでも、お子さんの体調を知り、健康の不安解消に役立ちます。無料でご利用いただけるため、ぜひご活用をお待ちしております。


ふぁみかるくんとは?
こんな困りごとはありませんか?
「急にお子さんを病院に連れて行くことになった。しかし、いつもは妻が病院に連れて行ってくれていたので、先生に病歴や普段の状況を説明する自信がない。」
「旦那が子どもをを病院に連れて行くことになったが、ちゃんと先生に説明できたか心配だ。また、診察結果が気になるけど連絡がなかなか来ない。」
「病院の診察を受けた時、過去の病気について聞かれたが、何年も前のことなので思い出せない。」

5月6日にリリースした家族向け健康情報共有アプリ「ふぁみかるくん」は、そんな家族の健康状態をスピーディに共有、記録するためのサービスです。本サービスでは、2つの価値を提供いたします。

(1)家族の診療情報を正確に記録する

ご家族が病気になった際、ふぁみかるくんの入力フォーマットに沿って記録することで、正確に管理することができます。特に、小さいお子さんの場合、ちょっとしたことで風邪や中耳炎になったり、また、アトピーなどの慢性的な疾患があったりして、過去の診療について聞かれても、よく覚えていないことがあります。ふぁみかるくんに診療の情報をまとめることで、効率的に見やすく記録することができます。

(2)家族や大切な人と情報を共有する

ご多忙な家庭だと、なかなか家族の状態をお互いに知る機会が少ないという方も多いのではないでしょうか。ふぁみかるくんに情報を記録すれば、ご家族にリアルタイムに共有することができるため、とても安心です。また、ご家族が病気で病院に連れて行った時、ふぁみかるくんを見れば、自信を持って問診票に記入したり、医師に説明することができます。





「ふぁみかるくん」アプリのご紹介
「ふぁみかるくん」には、一つのアカウントに複数人の診療情報を保存することができます。また、それぞれの病気の問診情報、診察結果、処方された薬、その後の経過情報といった詳細な情報を、文字と写真を使って見やすく、時系列順に記録できます。
以下では、簡単なアプリの機能をご紹介します。


ログインすると、「家族ホーム画面」が開きます。家族ホーム画面では、登録した家族のリストが一覧で表示されます。
家族ホーム画面の中から、どなたか一人をタッチすると、選んだ家族の「個人ホーム画面」が開きます。個人ホーム画面では、過去の診療歴が時系列順にリスト表示されます。
個人ホーム画面の診療履歴の中から特定の1つをタッチすると、その診療歴に関する「受診・経過画面(症状カード画面)」が開きます。受診・経過画面では、その診療に関する「問診情報」「診察結果」「お薬情報」「経過情報」の4種類が登録した順にリスト表示されます。
この4種類の中から、見たい情報をタッチすると、その情報の詳細な記録が表示されます。もちろんこれらの情報は、いつでも追加、削除、編集することが可能です。


ふぁみかるくんアプリの基本画面
受診・経過画面で登録できる4つの情報。


問診情報:診察前の症状に関する情報(体温・咳・喉の調子等)
診察結果:診察を受けた結果(医療機関名・診察結果・医師からの指示等)
お薬情報:処方された薬の情報(シール・もらった紙・薬剤師からの指示等)
経過情報:診察後の症状に関する情報(体温等、問診時と同程度の情報)


受診・経過画面(症状カード画面)で登録する情報
開発リーダーの想い
 本サービスのプロジェクトリーダーである緒方が「ふぁみかるくん」を作ろうと思ったのは、ご自身のお子さんの事がきっかけでした。
 産まれて間も無く重い病気が見つかり、全国の医療機関と医療従事者の方々にたくさんお世話になる中で、医療に対して改めて感謝の想いを抱きました。それと同時に、現在の医療サービスは、基本的に医療提供側の視点で設計されていることを肌で感じ、これからは患者自身の理解や主体的な関りが必要だと感じました。
 診療を網羅的に管理することができる「ふぁみかるくん」サービスの作るというリーダーの想いに共感した協会メンバーを中心に、開発を進めています。今回第1フェーズとして、お子さんのいる共働き世帯にターゲットを絞り、お子さんの診療を管理しつつ、夫婦で共有する事ができる仕様にしています。


 現役の医師や一般家庭からヒアリングを行い、双方にとってより使いやすく、意味のあるサービスになるように検討したこの1年であり、この度ベータ版のリリースに至っています。

プロジェクトリーダーの緒方さん


たくさんの方々に使っていただき、フィードバックをいただくことでサービス向上していきたいと考えております。ぜひ、下記より「ふぁみかるくん」をご利用いただき、たくさんのお声をお聞かせください。

■ふぁみかるくんアプリ
https://app.famikar.jp

■ふぁみかるくんサービス紹介ページ
https://famikar.jp

■ ふぁみかるくんFacebook公式ページ
https://www.facebook.com/famikar


シンギュラリティ・ラボとは
未来技術推進協会(代表理事:草場壽一)とシンギュラリティ・ソサエティが共同運営する技術者を中心としたコミュニティ。シンギュラリティ・ラボ(通称シンラボ)では、テクノロジーによる社会課題解決に向けて、様々なプロジェクトを推進しております。テクノロジー系のプロジェクト活動をはじめ、イベント企画やSDGsファシリテータ育成など、幅広く活動しておりますので、ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。
https://sinlab.future-tech-association.org


シンギュラリティ・ラボにお勧めの方
・自身のスキルや経験を活かしたい方
・新しい技術を学びたい、新しいキャリアを形成したい方
・事業立ち上げに携わりたい方
・社会課題解決に貢献したい方

団体概要
団体名:一般社団法人 未来技術推進協会
代表理事:草場壽一
所在地:東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル12F
DMM.make AKIBA Base 2610
事業内容:シンギュラリティ・ラボの運営、SDGs推進活動

■ ふぁみかるくんに関するお問い合わせ
一般社団法人 未来技術推進協会
担当:緒方惟真
E-mail:famikar@future-tech-association.org

■ シンギュラリティ・ラボに関するお問い合わせ
一般社団法人 未来技術推進協会
E-mail:info@future-tech-association.org
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)