広告・マーケティング 美容・健康

20代は手入れの”継続”に課題~素肌美人に関するアンケート調査~

株式会社アスマーク
「素肌美人」は、清潔感がある健康的な人の象徴

マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、全国の20~50代女性(スキンケア製品、メイクアップ化粧品を各3アイテム以上、週3日以上使用)に「素肌美人に関するアンケート調査」を実施し、その結果を9月10日に公開しました。 ※調査日は2019年6月26日(水)~6月27日(木)です。


【 調査結果 】

< トピックス >


「素肌美人」は、清潔感がある健康的な人の象徴
理想の素肌のために最も行っていることは「日々のスキンケア」
効果の感じ方は30代も50代もほぼ同等
6割が使っているスキンケアアイテムに何らかの不満


< 「素肌美人」のイメージ >
■「素肌美人」は清潔感がある健康的な人の象徴

どの年代でも素肌美人の人は「清潔感がある」というイメージを抱いているが、全体的に20代が「素肌美人」に対して好イメージを持っており、特にモテそう・おしゃれといったイメージは他の年代に比べ突出して高い。
20代が「素肌美人」へのあこがれが最も強い年代であると推察される。

Q.あなたは「素肌美人」な人に対して、どんなイメージを持ちますか。あてはまるものをお知らせください。 (それぞれ1つずつ選択)

「素肌美人」のイメージ

< 理想の素肌になるために行っていること >
■20代は“継続”に課題

理想の素肌に近づけるために、「日々のスキンケア」はどの年代も一定数継続できているが、20代はバランスの取れた食事ができていない。また、何も継続できていない人も20代は他の年代より高い。目に見えた衰えが弱いため、意識と行為のギャップが大きくなっているものと考えられる。

Q.あなたが理想の素肌に近づくために、あなたが最もよく行っていることをお知らせください。(1つ選択)

理想の素肌になるために行っていること

< 理想の素肌への効果の感じ方 >
■30代も50代も効果の感じ方はほぼ同等

日々行っている行為に対する効果の実感は年代によって差がみられ、年代が上がるほど、日々の行為に対して「理想の素肌」への効果は感じられなくなる。年齢が上がるほど日々のケアだけでは理想の素肌に近づけないことを示しているが、「理想」のハードルが高いこともその要因として考えられる。

Q.「行っていること」に対して、あなたは現在、どの程度「理想の素肌」に対して効果を感じていますか。(1つ選択)

理想の素肌への効果の感じ方

Q.そう感じた理由を具体的にお知らせください。(自由回答)
実際の回答(一部抜粋)
<20代・30代の回答>


「年齢よりだいぶ若く見られることが多く、肌が綺麗だとよく褒められるから」(30代)
「以前よりも肌を褒められることが増えた」(20代)
「化粧品専門店の店員さんに、キメ細かくて綺麗って言われたり、友達とかにも肌が綺麗ってよく言われるから」(20代)
「お肌綺麗だね!と言われることが多くなった為。」(30代)
「よく、肌を褒められる」(30代)

<40代・50代の回答>


「スキンケアによって肌に潤いが保たれるようになった」(40代)
「肌の透明感ときめが細かくなり、化粧ノリがよくなる」(40代)
「若い時から日焼けをしないように日焼け止めを塗り続けてきて、人よりは色白を保てているように思う。」(40代)
「野菜を毎日多くとるようにすると、化粧のりも良くなり透明感もアップするから」(40代)
「いろいろなブランドを試してみて今なかなか気に入っているものに出会えたが、自分で肌を触った時にある程度の満足感を感じる」(50代)


< 現在使用しているスキンケア製品に関する不満点 >
■6割程度が今使っているスキンケア用品に対して何かしらの不満あり

不満がないという人も一定数いるものの、価格や効果に対しての不満が見られる。
価格以上の効果を期待していることも考えられるが、「保湿力」と「浸透性」はスキンケアに求める効果の上位であることがうかがえる。

Q.あなたが現在使用されているスキンケア製品に不満を感じる点はありますか。(複数選択可)

現在使用しているスキンケア製品に関する不満点

【 すべての調査結果はこちら 】
https://www.asmarq.co.jp/examine/ex201909skincare.html
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【 調査内容 】
・基本属性(性別、年代、居住地、婚姻状況、職業)
・すっぴんでお出かけできる範囲(MA)
・素肌美人と感じる肌(MTSA)
・「素肌美人」のイメージ(MTSA)
・「素肌美人」と感じる女性芸能人(3名まで)
・理想の素肌になるために必要だと感じていること(MA)
・理想の素肌になるために行っていること(MA)
・理想の素肌への効果の感じ方(SA/FA)
・現在使用しているスキンケア製品に関する不満点(MA)
・欲しいと思うケア製品(FA)

【 調査概要 】
調査名  :素肌美人に関するアンケート調査
調査対象者:全国/20~50代女性/スキンケア製品、メイクアップ化粧品を各3アイテム以上、週3日以上使用
有効回答数:600ss
割付   :年代均等
調査期間 :2019年6月26日(水)~2019年6月27日(木)
調査方法 :インターネット調査
調査機関 :株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会