暮らし 医療・医薬・福祉

乳児用体動センサ「ベビーアラームE-201」店舗販売開始のお知らせ

シースター株式会社
高島屋、赤ちゃん本舗、KATOJI(カトージ)にて販売をスタートします

医療機器の開発・販売を手掛けるシースター株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:山藤清隆)はこの度、赤ちゃんの体動を感知する「ベビーアラームE-201」の販売を高島屋、赤ちゃん本舗、KATOJI(カトージ)にて開始します旨ご案内いたします。



赤ちゃんの睡眠中の体動を感知する「 ベビーアラームE-201」は、これまでECサイトでの販売が中心でしたが、発売以来お客様から大変ご好評をいただき、店頭でもお求めいただけるようになります。
この度お取扱いいただく店舗様は、高島屋(横浜店・大阪店)、赤ちゃん本舗(一部店舗)およびKATOJI(カトージ)の直営店です。店頭では実際に製品を手に取ってお試しいただき、使い勝手等もご確認いただくことができます。ご購入を検討中のお客様にも、ぜひ店頭にて製品をご覧いただけますようご案内いたします。




「ベビーアラームE-201」製品概要



l クラス1の医療機器
l 高性能センサ搭載
l 家庭で使える低価格帯


本製品は、パネルに内蔵された高機能センサで乳児の呼吸を含む体動を感知する製品です。マットや布団の下に敷き電源を入れると、睡眠中の乳幼児の体動を正確に感知。体動が20秒間感知されない場合には、アラームで保育者等に警告します。

乳児の死因の一つとされているSIDS(乳幼児死突然症候群)やベッドからの転落、窒息等の事故が問題視されており、そのような事故が少しでも防げる環境を整えたいという思いから開発しました。



乳幼児の睡眠中に潜む危険とは



“赤ちゃんの睡眠時には危険が潜んでいます。乳幼児突然死症候群(SIDS)と呼ばれる赤ちゃんが予兆もなく亡くなってしまう病気や、ベッドからの転落事故、寝具での窒息事故など睡眠時の赤ちゃんは危険と隣り合わせです。異常に気付いた際にはいち早く救急車を要請し、蘇生措置を行うことが大切です。”


小児科医 河島尚志先生/東京医科大学病院 小児科・思春期科



「ベビーアラーム」使用方法

※本製品はSIDS(乳幼児突然死症候群)の予防や睡眠障害 (睡眠時無呼吸等)の診断のために用いる機器ではありません。※乳児の状態は本製品による情報だけで判断せず、必ず保護者や保育者が確認を行ってください。

1.マットレスや布団の下にセンサパネルを置いて電源を入れます。

2.20秒間赤ちゃんの体動を感知しない場合はアラームでお知らせします。





「ベビーアラームE-201」を実際にお使いいただいた方の声をご紹介

(楽天レビューより一部抜粋)


「産院で紹介されたこちらを購入しました。設置の仕方はパネルをマットレスの下に置くだけでとっても簡単でした」




「薄い布団の下に入れて使ってます。夜安心して眠れます。」



「非常に感度良く、信頼できます。他社製に比べて安価です。夜の安心感が全然違います。」



EC販売先

楽天 https://bit.ly/37u99v4
amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B08HCSBWWC
paypay https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/sea-star/item/0000002697/


ベビーアラーム 特設サイト


http://www.babysmile.ne.jp/babyalarm/
製品に関する詳しい情報はこちらからご覧ください



製品仕様


商品名:乳児用体動センサ ベビーアラームE-201
希望小売価格:10,780円(税込)

セット内容:コントロールユニット、センサマット、吊るし用紐、取説兼保証書
サイズ:コントロールユニット70×70×35mm、センサパネル280×300×12mm
電源:単3電池3本(別売)



会社概要


社 名:シースター株式会社
設 立: 1987年9月1日
本 社:東京都港区港南1丁目8番40号 A-PLACE品川4F
代 表: 代表取締役 山藤 清隆
事業内容:ベビー用医療機器の開発・販売
ホームページ: https://www.seastar.co.jp/



お問い合わせ先


本件に関するお問い合わせ先:シースター株式会社
広報部 担当:竹之内 柏田
TEL:03-6711-5500
FAX:03-6711-5510
MAIL: pr@seastar.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)