医療・医薬・福祉 美容・健康

NECレッドロケッツにて、(株)アトラクによるアンチ・ドーピングセミナーを実施

株式会社アトラク
医薬品などによる「うっかりドーピング」から選手を守ります

2019年9月9日、ドーピング防止事業を行う株式会社アトラク(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:遠藤敦、以下アトラク)は、日本電気株式会社女子バレーボール部「NECレッドロケッツ」(所在地:東京都港区芝5丁目7-1 NEC本社ビル、監督:金子隆行、以下NECレッドロケッツ)にて、所属するスポーツファーマシストによるアンチ・ドーピングセミナーを実施したことをお知らせします。



昨今、国内でのアンチ・ドーピングに関する体制が強化されていく一方、ドーピングの違反者は後を絶ちません。
2018年度の違反者の半数は、本人が意図せずドーピング禁止物質を口にしてしまう「うっかりドーピング」によるものでした。原因は、アスリートやサポートスタッフのドーピング対策をはじめとするドーピング関連の知識不足と考えられます。
そこでアトラクは、国内選手のうっかりドーピングを防ぐために、日本代表クラスが多数在籍するNEC女子バレーボール部「NECレッドロケッツ」に対し、アンチ・ドーピングセミナーを実施しました。セミナーでは、ドーピング違反になるケースや違反になった際の流れなどの基礎の話から、安全な医薬品とサプリメントの選び方など最新の予防策まで解説。本セミナーの実施が、うっかりドーピングを防ぐきっかけとなることを願います。

【実施内容】
タイトル:ドーピングからアスリートを守る方法
日時:2019年9月9日
内容:
1. ドーピング違反になるケース、ドーピング検査の流れ
2. ドーピング違反になった場合の流れ
3. ドーピング対策について(サプリメント、医薬品の安全な選び方)
講師:株式会社アトラク 小野創平(薬剤師/公認スポーツファーマシスト)

【本件に関する問い合わせ先】株式会社アトラク
弊社は、ドーピング専門の薬剤師によるドーピング防止コンサルティングを行っています。アスリートやアスリートのスタッフにはSNSを通じたドーピングの個別相談やセミナーの実施を行っています。また、メーカーには、サプリメントの分析と第三者認証サービスを提供しています。
弊社では今後も、ドーピングに関する相談ができる環境作りを積極的に行い、1件でも多く、ドーピング違反を防止していきたいと考えています。ドーピング防止に関すること、セミナー実施に関することは、ぜひご相談ください。

会社概要:
・2011年11月設立
・代表:遠藤敦(代表取締役社長)
・事業内容:薬局事業、教育事業、ドーピング防止事業
・〒162-0837 東京都新宿区納戸町13
・TEL:03-5579-8996 / MAIL:support@atraq.co.jp
・コーポレートサイト: https://atraq.co.jp


NEC女子バレーボール部「NECレッドロケッツ」:
「日本電気女子バレーボール部」が結成されたのは1978年です。同年の第10回実業団リーグでは全勝優勝、翌年の入替戦に勝利して日本リーグ昇格を果たしました。初参戦の第13回日本リーグでは3位に入賞。その後、第21回リーグでは佐藤伊知子(現・東北福祉大部長)や杉山明美ら新人が奮起し悲願の初優勝。以降チームは強豪の地位を固めました。Vリーグになってからは第3回大会で優勝し、第6回リーグではVリーグ史上初の全勝優勝を成し遂げました。創部30周年を迎えた08/09シーズンに山田晃豊が監督就任。苦しいシーズンもありましたが、14/15シーズンでは近江あかりらの活躍で10季ぶりのリーグ制覇を成し遂げました。15/16シーズンは4位に終わりましたが、翌年は高い組織力と精神力を発揮し再び頂点へ。18/19シーズンは金子隆行新監督の下、新リーグ初代チャンピオンを目指し挑みましたが6位に終わりました。今シーズンはNECレッドロケッツの歴史を紡ぐ「堅守速攻」で王座奪還へと挑んでいます。

・チーム名:NECレッドロケッツ
・設立日:1978年
・監督名:金子隆行
・実績:Vリーグ通算優勝6回、日本リーグ優勝1回
・所在地:東京都港区芝5丁目7-1 NEC本社ビル
・URL:http://w-volley.necsports.net

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会