医療・医薬・福祉

ITを活用したオフィス街の新基準となる“スマートクリニック”が虎ノ門に誕生 「チームメディカルクリニック」

医療法人社団 天太会
2019年10月1日(火)より開院 ~BEAMS監修のシンプルな空間・スタイリッシュな院内グッズを用意~


 医療法人社団 天太会(所在地:東京都港区/理事長:小橋 大恵/以下、天太会)は、ITを活用したオフィス街の新基準となるスマートクリニックを目指す 「チームメディカルクリニック」 を開院いたします。つきましては2019年10月1日(火)より外来診療を、10月15日(火)より健康診断・人間ドックを開始いたします。


 


<クリニック外観イメージ>


<クリニック内観イメージ>

 チームメディカルクリニックでは、効率の良いオペレーションのため、外来にはタブレット端末による問診システムを、健診の問診にはWEBによる事前回答を取り入れました。WEB予約や“スマホ診察券”による自動受付の仕組みも作り、スピーディーでストレスのない受診を実現いたします。
 また、株式会社アルム(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:坂野 哲平/以下アルム)が手掛ける健康診断結果を管理できるスマートフォンアプリ「MySOS」*を健康診断・外来の両方に導入。健康診断結果や服薬情報などを、受診者が直接スマートフォンを介していつでも確認することができるようになります。更に、アルムが提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」*を通じて、東京慈恵会医科大学附属病院と連携します。判断に困難を極める場合、診断結果を即時に大学病院に共有することで、オフィス街のクリニックでありながら、大学病院の専門医から遠隔での診断を受けることが可能になります。
 その他検査画像を院外の読影医に共有し、より高度な診断が行える読影システムなど、様々なITサービスを電子カルテと連携させることで、重複診断の回避と医療関係者間の連携を強化。オフィス街のクリニックを訪れる多忙な方々が受診しやすい環境を整えます。

 更に、株式会社ビームス(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:設楽 洋/以下BEAMS)監修のもと、より親しみを持て、街に溶け込むスタイリッシュな外観・内観をはじめ、院内で使用するグッズに至るまで、こだわりをもって作り上げました。空間には清潔感を際立たせる“白”を基調としたシンプルなデザインを採用。極限まで空間のノイズを減らすことをテーマとし、余計な装飾を排除した機能的な美しさを追求しました。また、医師・看護師・検査技師・健診受診者それぞれを対象に、白を基調としたスタイリッシュなユニフォームを制作。それに加えて、メッシュトートバックやスリッパ、ハンカチなど院内で使用するグッズもご用意いたします。

 天太会では、最新のIT技術を導入し、皆様の健康づくりを支援するとともに、医師とスタッフが一体となり、来院者に寄り添ったハイタッチなサービスで、居心地の良いスマートクリニックを実現いたします。

*MySOS、Joinは、株式会社アルムの商標または登録商標です。

■スマートクリニックについて
多忙なビジネスパーソンが多い虎ノ門にふさわしい環境を整え、オフィス街の新基準となる“スマートクリニック”を目指します。外来・健診それぞれに適したITシステムを活用することで、より一層効率の良い診療と正確な診断を行います。


<アルムが提供する「MySOS」「Join」を活用>
健康診断結果を管理できるスマートフォンアプリ「MySOS」を外来・健診両方に導入することで、来院者は健康診断結果や服薬履歴をスマホで確認できます。また、アルムと東京慈恵会医科大学附属病院の共同研究により開発され、薬機法における医療機器プログラムとして認証された、医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」も活用。慈恵医大と連携することで、オフィス街のクリニックでありながら大学病院の専門医による高度な診断を受けることができます。


<Join使用画面>


<MySOS使用画面>
<MySOS使用画面>
画像提供:株式会社アルム


<WEB問診と予約システムで待ち時間削減>
外来にはタブレット端末を活用した問診システムを、健診にはWEB事前回答を導入。忙しい方でも来院しやすいよう、スマホ診察券を利用した自動受付やWEB予約システムも採用します。


<WEB問診画面イメージ>
画像提供:株式会社アルファインターナショナル


<電子カルテでスタッフの業務効率アップ>
電子カルテで診断結果の保存・共有および会計システムの効率化を実現。患者の情報を端末上で管理・閲覧できるためスタッフ間の連携が取りやすくなります。


<電子カルテ画面イメージ>
画像提供:株式会社ユヤマ

<遠隔読影の導入でより迅速でハイレベルな診断を>
他機関との連携による的確な診断のため、遠隔画像診断サービスを導入。本サービスを介し、複数の読影医がそれぞれの専門領域に沿ったハイレベルな診断を遠隔から行います。

■BEAMSが監修する内装・外装、院内での使用グッズについて
内装、外観、院内で使用するグッズのデザインはBEAMSが監修。クリニックの内部は極限まで空間のノイズを減らすことをテーマに、白を基調としたシンプルなデザインにし、清潔感・安心感があるクリニックを体現しています。そして、真っ白な外観と、2階部分の外光溢れるガラス張りの外装は、洗練された印象を与えます。また、白を貴重とした健診着やメッシュトートバック、スリッパ、ハンカチなど院内で使用するグッズも手掛けました。


健診着(女性)


健診着(男性)

スリッパ


トートバッグ
ハンカチ
■「チームメディカルクリニック」について
ITによるスマートなオペレーションと、医師・スタッフが一体となって提供する ハイタッチなサービスを兼ね備えたオフィス街の新基準クリニックを目指しています。虎ノ門・内幸町・新橋・霞が関など複数の駅をご利用いただける場所に位置し、仕事や予定の前後・合間にお立ち寄りいただきやすい環境です。

<チームメディカルクリニック 概要>
所在地   :東京都港区西新橋1-5-14 内幸町1ビル1・2階
アクセス :都営三田線 内幸町駅 A4a / A4b出口 徒歩1分
      東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 9出口 徒歩4分
受付時間 :9:30-18:00
休診日 :土・日・祝日
URL :https://www.team-medical.or.jp
※2019年10月15日より公開いたします。
診療科目 :整形外科、脳神経外科、自由診療、健康診断・人間ドック
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会