医療・医薬・福祉

自分の力で生き抜く時代へ。青のユンケル、登場。

佐藤製薬株式会社
「ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム」新発売

アクティブへと導く生薬を強化配合した『青のユンケル』登場。14種類の厳選ロイヤルプレミアム生薬を配合したミニドリンク剤「ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム」(第2類医薬品)を、2019年9月17日(火)より新発売いたします。


佐藤製薬株式会社(本社:東京都港区、社長:佐藤誠一)では、現代を生き抜くミレニアル世代*1に向けた『青のユンケル』として、ミニドリンク剤「ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム」(第2類医薬品)を、2019年9月17日(火)より新発売いたします。


ユンケルブランドから登場した『青のユンケル』は、生薬の働きを分析し、アクティブへと導く特性*2を有する生薬を強化配合した、疲れていなくても飲める*2ミニドリンク剤です。当社の強みである“生薬のバランス処方”のノウハウを活かした処方設計により、栄養を補い、体力を維持・増進する滋養強壮に対して優れた効果を発揮します。また、『ベーシックユンケル』のイメージとは異なる、メタリックロイヤルブルーを製品のイメージカラーとし、世代を問わず手に取りやすいパッケージ・デザインとなっています。

『青のユンケル』のひとつである「ユンケル黄帝液プレミアム」は、より活動的に人生を送りたい人のために肉体活性化に着目し、アクティブへと導く11種類の厳選プレミアム生薬を配合しています。新製品である「ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム」は、さらなるアクティブへと導く14種類の厳選ロイヤルプレミアム生薬を配合したワンランク上の『青のユンケル』です。厳選した生薬には、ユンケルブランドで初めて配合したモクテンリョウとチンピも含まれています。「ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム」は、14種類の生薬を配合していますが、芳醇な香りとすっきりとした飲み口が特長です。

働き方改革の推進やミレニアル世代*1の活躍とともに、「会社のために疲れるまで働く」という価値観から「楽しい生活のために働く」という価値観へとシフトしており、自分自身の可能性や自分のための時間を大切にする社会人が増えています。
ユンケルブランドは、1967年に「ユンケル黄帝液」を発売して以来、時代の変化とともに様々な疲れと向き合い、現在では30品目以上のラインアップを揃え、生活者それぞれの“疲れ”に対応しています。当社では、引き続き、生活者それぞれの“疲れ”に合わせた『ベーシックユンケル』を通じ、疲れと戦う皆様を応援していくとともに、アクティブへと導く『青のユンケル』をユンケルブランドの製品ラインアップに追加することで、自分の力で毎日を充実させ、より活動的な人生を送りたいと願う皆様を応援してまいります。

*1 : 2000年代に成人・社会人となった世代
*2 : 効能である滋養強壮による
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会