医療・医薬・福祉

第5回がん撲滅サミット公開セカンドオピニオンに乳がんの名医 井本滋氏の初登壇が決定!

第5回がん撲滅サミット実行委員会

 2019年11月17日(日)午後1時から東京ビッグサイト7階 国際会議場にて開催される創立5周年祈念~第5回がん撲滅サミット(https://cancer-zero.com)。

 このたび注目の公開セカンドオピニオンに乳がんの名医・井本滋医師(杏林大学医学部附属病院乳腺外科教授・一般社団法人日本乳癌学会理事長)の初参加が決定した。
杏林大学医学部附属病院乳腺外科教授 井本 滋 氏

 井本滋氏も亡き北島政樹氏が評価していた人物である。
故・北島氏はその人物を評価するにあたり、必ず手技以外に人柄や誠実さ、そして胆力を大事にしていた。

 たとえば、北島氏自身も、当時の逆風や圧力をモノともせず腹腔鏡手術や最新手技の導入に取り組んで、がん医療界に様々な新風を吹き込んできたのだが、たとえば抗議団体があらわれたり、逆風が吹いたからと言って簡単に腰砕けになるような人物は、たとえ同門の後輩といえども容赦なく批判した。

 それだけに井本氏も医学界で、その名を轟かせている胆力の持ち主で人格者の一人だ。

 その井本氏だが、今大会の登壇にあたって行ったインタビューにこう答えている。
「乳がんは日本人女性の11人に11人が一生の間に罹患するとされていますね。仮に乳がんと診断されても手術、薬物、放射線を上手に組み合わせることで十分に治療可能です。しかも新しい分子標的薬が導入されたり、遺伝子異常についても今後、対応を進めていくつもりです。我々のミッションは女性を乳がんや卵巣がんから守る医療を進めることなんです。公開セカンドオピニオンではこうした疑問にお答えすることが亡き北島政樹先生から与えられた私へのミッションですから頑張ります」
 
 一般社団法人日本乳癌学会の理事長も務める重鎮 井本滋氏にご質問のある方は、ぜひご来場いただきたい。


 このほか第5回がん撲滅サミット公開セカンドオピニオンに緩和ケアの大澤岳史氏(帝京大学医学部緩和医療学講座、緩和医療専門医講師)が登場する。

 大澤氏の登場は昨年、同大学の教授である有賀悦子氏の推薦によるもので、若い大澤氏にチャンスをあげたいとの思いから、今大会も登場することになった。
帝京大学医学部緩和医療学講座講師 大澤 岳史 氏

 在宅医療に取り組む大澤岳史氏は患者の皆さんとのふれあいの日々から様々な悩みや苦悩に直面しながらも、持ち前の体力と勇気、前向きな姿勢で乗り越えてきた気鋭の人物である。

「緩和ケアが直面する課題は多岐にわたっているが、たとえば標準治療が終わった人々に対する薬剤などの情報共有や在宅医療を行っている人々に対する心のケア、処置方法、薬の服用のタイミングなど情報伝達の難しさなど改善するべき点も多い。患者に寄り添う治療を一日も早く確立しなければならないと思います」と大澤岳史氏も語っている。

 今年はさらに大澤氏のノウハウも蓄積されているので、緩和ケアにお悩みの方、ぜひともご質問いただきたい。
大会長 原 丈人 氏

 入場は無料だが、事前のエントリーが必要。大会HP(https://cancer-zero.com)『入場エントリーバナー』より、ぜひお申込みいただきたい。今大会より一度に4名様までエントリーが可能となっている。

 なお、第5回がん撲滅サミットにおいては製薬会社の皆様のご協賛、ご後援をいただいているが、各先生方の講演内容については患者の皆さんの知る権利を守るためにも主催者が規制をかけたり、他の公的・商業的機関の不当な介入を許すことは一切ないとの話だ。

 ただし、最後はすべて自己判断であることもご留意いただきたいとのことである。

 第5回がん撲滅サミットのお問い合わせは以下の通り。
【大会事務局】
アライアンス・フォーラム財団
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング5階

なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受付けている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会