食品・飲料 美容・健康

カナダ大自然の恵み、インクレディブル・メープル “からだにいいこと”とタイアップ、カナダ産メープルの栄養価と使い方を 本誌とWEBで紹介 レシピブックレット“メープルシロップのある暮らし”を作成

ケベック・メープルシロップ生産者協会

ケベック・メープルシロップ生産者協会は、この度「カナダ産メープルシロップの大自然の力に支えられた栄養価と使い方」に焦点をあて、月刊『からだにいいこと』(祥伝社刊)とタイアップ、本誌、WEBでの掲載に加えて、2019年9月18日、レシピブックレット“メープルシロップのある暮らし”を作成しました。

本ブックレットは、カナダ産メープルシロップの自然の力、『インクレディブル・メープル』が生み出すメープル・マジック、栄養価だけでなく美味しさに焦点をあて、「おいしくって、からだにいい、メープルシロップの活用術」をテーマに、管理栄養士の安中千絵先生を中心に編集されました。

カナダ産メープルシロップは、カエデの樹液だけを煮詰めてつくる100%天然の食品で、日本人に不足しがちなカルシウムやマグネシウム、たんぱく質や糖の代謝に不可欠な亜鉛、余分な塩分を排出するカリウムなどミネラルをバランスよく含んでいます。また、さまざまなビタミン、アミノ酸、有機酸を含み、67種類ものポリフェノールも特定されています。一般的な甘味料と比べ、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富でカロリーが比較的低いことが特徴です。
また、酸味、塩味、辛味、苦味といったあらゆる味と調和し、特に日本の調味料、酢、醤油、味噌との相性はすばらしく、砂糖やみりんの代わりに使えば、料理にコクや旨味など深い風味を与えます。
このように、メープルシロップは、私たちの食卓へ健康とおいしさを届け、生活を豊かで潤いのあるものにします。



カナダ大自然の恵み、インクレディブル・メープル
レシピブックレット“メープルシロップがある暮らし”概要


■ 内容
カナダ大自然が生み出す『インクレディブル・メープル』のメープル・マジックともいえる、栄養価と美味しさに焦点をあてた「おいしくてからだにいい!メープルシロップの活用術」としてその栄養価と、その栄養価を生かし、美味しく仕上がる具体的レシピをご紹介します。

管理栄養士:安中千絵
フードディレクター JSA認定ソムリエ
学習院大学法学部、女子栄養大学栄養学部卒業。東京都立大学大学院修士課程修了。株式会社タニタ、レストランプロデュース会社などで新規事業の企画開発、メニュープランニングなどに関わったのち独立。食と健康をテーマに、商品開発サポートやヘルシーレシピ、栄養情報の提供を行っている。

■ 協力
月刊『からだにいいこと』(祥伝社刊)
2004年の創刊以来、医師や専門家の監修のもと、健康やきれいのための情報を毎月発信しているヘルスケアマガジンです。
掲載:
月刊『からだにいいこと』10月号(8月16日発売)
『からだにいいことweb』9月13日Online

ケべック・メープルシロップ生産者協会 概要
Quebec Maple Syrup Producers (QMSP)

ケベック・メープルシロップ生産者協会(QMSP)の使命は、ケベックのメープル生産者の利益を促進し、持続可能な開発の原則を尊重しながら、ケベックのメープル製品の生産と販売を最大限に開発することです。
QMSPは、約11,300の生産者と7,400の企業の経済的、社会的、道義的利益の保護と推進を行っています。かれらの質の高い働きによって、ケベックは世界のメープルシロップの年間生産量の平均72%を占めています。
同協会は“Maple from Canada”ブランドをサポートすることを誇りとし、カナダのメープル産業を代表して、カナダ産メープル製品の国際的なマーケティングおよびプロモーション活動をコーディネートしています。また、メープルの研究開発に関して、国際的な “Maple Research and Innovation Network”を率い、指揮しています。

日本公式ホームページ:www.maplefromcanada.jp (日本語)
日本公式Facebook:www.facebook.com/maplecanadajp(日本語)
日本公式Instagram:www.instagram.com/maplecanadajp(日本語)

カナダ公式ホームページ:

www.mapleproductsfromquebec.ca (フランス語・英語)
www.maplefromquebec.ca (消費者向けサイト、フランス語・英語)
www.maplescience.ca/(研究成果、フランス語・英語)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会