企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

「くらしアップデートサービス」を提供開始

パナソニック

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、お客様一人ひとりのくらしに寄り添い、豊かな食生活をサポートする、食の「くらしアップデートサービス」を、2019年10月より開始します。

近年、ライフスタイルや食生活の多様化に伴って、食に対するさまざまなニーズが顕在化しています。例えば、高齢世帯や一人暮らし世帯では、手間をかけずに健康的な食生活を送りたいというニーズが高まっています。また、共働きの子育て世代、いわゆるDEWKS層を中心とした多忙な世帯においては、機器による調理段階でのお役立ちに加えて、より広い視点で日々の食生活に寄り添う新たなサポートが必要とされています。

そこでパナソニックは、さまざまなサービスとキッチン家電とを組み合わせて、お客様一人ひとりの食のくらしをサポートする「くらしアップデートサービス」の提供を開始します。これは、プラットフォームアプリ「キッチンポケット」(※1)を介してお客様とレシピ、キッチン家電とをつなぎ、最適メニューの提案や調理サポート、必要な食材の注文・配送など、ライフスタイルに合わせて食のくらしを支援するサービスです。献立の悩み、買い物や調理などにかける時間・労力を軽減し、楽しい食事や家族の団らんに充てる時間を創出することができます。

パナソニックは、家電の進化に留まらず、外部パートナーとの共創などを通じて食のくらしに関するサービスを拡充。くらしの空間としてキッチンを捉え、家電とサービスの双方をアップデートし続けることで、一人ひとりのライフスタイルに寄り添った食のあり方を追求していきます。

<特長>
1. 食のプラットフォームアプリ「キッチンポケット」
2. 購入後もアップデートできる無線LAN機能対応家電
3. 食材宅配サービスとの連携

※1「キッチンポケット」アプリは、Android(TM)OSバージョン6.0以上、iOSバージョン11.0以上のスマートフォンでご利用できます。(2019年8月現在)
ただし、すべてのスマートフォンで、アプリの動作に保証を与えるものではありません。また「キッチンポケット」アプリはタブレット端末では見難い場合があります。通信環境や、使用状況によっては、ご利用できない場合があります。

●「キッチンポケット」アプリのダウンロードは、AndroidスマートフォンはGoogle Play、iPhoneはApp Storeからダウンロード可能です。
●「キッチンポケット」アプリは無料です。ダウンロードおよびサービスのご利用には、通信費がかかります。
●通信環境や使用状況によっては、ご利用できない場合があります。
●常時インターネット接続が可能な環境が必要です。
●無線LANブロードバンドルーター(IEEE802.11b/g/n、周波数帯(2.4 GHz帯)、暗号化方式 WPA/WPA2)が必要です。
●全ての無線LANルーターについての動作保証はしていません。モバイルルーターの接続はできますが、動作保証はしていません。
●AndroidおよびGoogle Playは、Google LLCの商標または登録商標です。
●iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
●App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 「くらしアップデートサービス」を提供開始(2019年9月18日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/09/jn190918-1/jn190918-1.html

<関連情報>
・「ヨシケイ」ホームページ
http://yoshikei-dvlp.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会