美容・健康

大人のくすみの原因となる「糖化」に独自アプローチ 『珊瑚草オイル』に、新たに“糖化を抑制する高い効果”を確認 その有効性を「日本生薬学会第66回年会」にて発表

株式会社アテニア
 株式会社アテニア(所在地:神奈川県横浜市中区 代表取締役社長:斎藤智子)は、30代後半から慢性化する皮膚ぐすみの原因となる「糖化」に着目し、肌表面の角層にある糖化物の蓄積を防ぐ成分を探索した結果、植物が育ちにくい海辺で生息することができる珊瑚草の全草から抽出したオイル成分に、高い効果があることを発見しました。このデータは、順天堂大学大学院医学研究科 抗加齢皮膚医学研究講座における共同研究として2019年9月22日~23日に開催された「日本生薬学会第66回年会」にて発表しました。


<研究の背景>
 ヒトの体は、生きるために様々な栄養成分が補充されなければなりませんが、その栄養成分の代表であるアミノ酸と糖は、老化に伴い結合(架橋)してしまうことで、様々な疾病の原因となります。これを「糖化」といいます。この「糖化」は、外的刺激からの防御機能をもつ皮膚角層においても進行することが確認されており、見た目のくすみ(透明感の低下)につながることで知られています。
 アテニアは、体の「糖化」を抑えることで知られているステロールに着目し、皮膚角層の糖化抑制効果を評価した結果、ステロールの種類でその効果が異なることを確認しました。効果が高いステロールを含む様々な植物から超臨界抽出*1したオイルを評価した結果、『珊瑚草*2オイル』に高い効果を確認しました。

【用語説明】
*1 超臨界抽出
天然物に含まれる有用成分を余すところなく抽出できる特殊な方法で、そのすべての機能を最大限に引き出します。油に溶けやすい成分を抽出するときに多く使用されます。

*2 珊瑚草
ヒユ科植物で、本来植物が生息できない海辺で生息できることから、高い生命力とともに、外的環境の変化に対応できる特性を有していることで知られる植物です。
珊瑚草



検証1. 各種ステロールの糖化抑制効果

ヒト上腕内側部から採取した角層に様々なステロールを添加し、糖化をさせたときの角層の糖化抑制効果を評価しました。

<評価方法>
ヒト上腕内側部からテープストリッピングにて採取した角層に様々なステロールを添加しました。その後、糖化誘導物質グリオキサールを添加し、糖化の進行度により、各種ステロールの糖化抑制効果を評価しました。

<結果>
図1に示すように、糖化誘導により糖化促進した状態で、各種ステロールの糖化抑制効果を確認したところ、ステロールの種類により効果が異なることが確認されました。




検証2. ステロール類を含む植物オイルの糖化抑制効果

1.で抑制傾向が高かったステロール類を多く含む様々な植物の超臨界抽出法(ステロール類を効率的抽出)により得られた植物オイルの糖化抑制効果を評価しました。

<評価方法>
検証1.と同様の方法で、検証1.で効果が確認されたステロールを含む、植物の超臨界抽出オイルの糖化抑制効果を評価しました。

<結果>
図2.のように珊瑚草から抽出したオイルに高い糖化抑制作用を示しました。




【結論】

1.、2.の結果から、様々なステロール含有植物オイルの中でも、珊瑚草に含まれるオイル成分は、角層の糖化を抑制する効果が優位に高いことが確認されました。
これにより、「糖化」による肌のくすみへの改善効果が期待されます。
珊瑚草は、海辺に育つ植物で海と陸の両方の特性を有し、海の植物に多く含まれる“フコステロール”と、陸の植物に多く含まれるステロール類を含んでいます。
本効果は、これらの成分の複合的な効果によるものと考えています

アテニアはこの研究結果を、今後のスキンケア商品に広く応用していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会