企業向けシステム・通信・機器 デジタル製品・家電

ルームエアコン エオリア Xシリーズを発売

パナソニック

ルームエアコン「エオリア」Xシリーズ 室内機
パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、「健康で快適な空気と暮らそう」というコンセプトのもと、進化したパナソニック独自の「ナノイー X」と「エオリアAI」の搭載で、清潔性・快適性を向上させたルームエアコン「エオリア」Xシリーズを2019年11月下旬より発売します。

近年、吹き出す風がカビ臭いなど、エアコン内部のカビを気にされるお客様が多く、特に清潔性能に高い関心が寄せられています。(パナソニック調べ(※1))

本製品は、パナソニック史上最高濃度な(※2、※3)「ナノイー X」を搭載。エアコン内部に高濃度の「ナノイー X」をたっぷり充満する「新・内部クリーン」機能により、付着した油分まで分解・低減(※4)。さらに油分を低減させることで、カビの栄養源となるホコリを減らし、内部のカビの発生を抑制(※5)する「カビに強いエアコン」を実現しました。

また、進化した「エオリアAI」が、気象情報やお客様の好みの運転、住宅環境、生活パターン等、様々な情報を解析、学習します。その情報をもとに、自動で快適な運転を行う「AI快適おまかせ」を搭載しました。「AI快適おまかせ」は、快適性を優先するか省エネ性(※6)を優先するかを選ぶことが可能です。
さらに、昨今の記録的な猛暑にも耐えうるエアコンの必要性に対応し、室外機の運転性能を最適化させ、高外気温50℃(※7)対応を実現しました。

エオリアは、お客様の健康で快適な暮らしに貢献できるよう、清潔・快適の向上を継続的に取り組んでまいります。

<特長>
1. パナソニック史上最高濃度な(※1、※2)「ナノイー X」をエアコン内部にたっぷり充満する「新・内部クリーン」機能により油分を分解・低減(※3)
2. 進化した「エオリアAI」が、様々な情報を解析・学習し、快適な自動運転を実現
3. 猛暑でもパワフルな冷房運転を持続させる、50℃(※7)対応室外機

【品名】冷暖房・除湿タイプ インバータールームエアコン(壁掛けセパレート式)
【愛称】Eolia(エオリア)
【シリーズ名】Xシリーズ
【容量】2.2~9.0 kW
【本体希望小売価格(工事費別)】オープン価格
【発売日】2019年11月下旬より順次
【月産台数】シリーズ計 25,000台

※1 2018年実施。N=1,220。
※2 国内家庭用エアコンにおいて。2019年9月25日時点。
※3 OHラジカル発生量CS-X409C2搭載「ナノイー X」:毎秒4兆8,000億個と、CS-X400D2搭載「ナノイー X」:毎秒9兆6,000億個との比較。ESR法による測定。パナソニック調べ。
※4 油付着低減効果:
【試験方法】油成分をフィルター、熱交換器、風路の位置に設置、暖房および冷房時の内部クリーンに暴露したものと、暴露していないものとの残留物を抽出し、定量分析を実施。
【試験結果】暖房時、冷房時とも、10%~41%の低減効果を確認。冷房時内部クリーンの時間80分で確認。
※5 【試験方法】約6畳の実験室において布に付着させたカビ菌の発育を確認。
【除菌の方法】「ナノイー」を放出
【対象】付着したカビ菌
【試験結果】約8時間で抑制効果を確認。
※6 パナソニック測定基準による。CS-X400D2、パナソニック環境試験室(約14畳)、外気温2℃,体感温度25℃が得られるように設定,暖房運転時。運転安定時約1時間の積算消費電力量が、AI快適エコナビ入、無線LAN接続あり(385 Wh)と、AI快適切、AI快適エコナビ切、無線LAN接続なし(514 Wh)との比較。低負荷環境で学習後。
※7 パナソニック測定基準による。CS-X400D2、パナソニック環境試験室(約14畳)、外気温50℃、25℃設定で冷房運転時、室温が25℃となり、連続運転動作することを確認。外気温とは室外機の吸い込み温度。使用環境・設置状況により能力の低下があります。所定の設置スペースの確保してください。

【お問い合わせ先】
パナソニック エアコン ご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-692(受付9時から18時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] ルームエアコン エオリア Xシリーズを発売(2019年9月25日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/09/jn190925-2/jn190925-2.html

<関連情報>
・パナソニック エアコン
http://panasonic.jp/aircon/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会