美容・健康 アパレル・ファッション

【女性のたしなみ♪】デリケートゾーンのケアをしている理由第1位は「●●のため」!あなたは液体石けん派?固形石けん派?

株式会社JRSコーポレーション
女性のたしなみ♪デリケートゾーンのケアについて


皆さんは、デリケートゾーンのケアをしていますか?
ムレやかゆみ、ニオイを抑えるだけではなく、彼とのラブタイムを楽しむためにも、しっかりとケアしておきたい大切なパーツですよね。
今や、デリケートゾーンのケアは女性のたしなみの一つと言えるでしょう。

しかし、「どんなアイテムを使えばいいんだろう…」「自分に合うデリケートゾーンのケア方法が分からない…」とお悩みの女性も多いのではないでしょうか。
普段は見えないところだからこそ、ネガティブ要素は自分で取り除きたいですよね。

そこで今回、株式会社JRSコーポレーション(http://jrs-corp.jp/)は、デリケートゾーンのケアをしている20代~50代の女性を対象に、「デリケートゾーンのケア」に関するアンケートを実施しました。
なかなか大きな声で聞けないデリケートゾーンについてお悩みの方は、ぜひご参考にしてください。

調査概要:『デリケートゾーンのケアに関するアンケート』
【調査期間】 2019年8月30日(金)~2019年9月3日(火)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,030人
【調査対象】 デリケートゾーンのケアをしている20代~50代の女性
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


デリケートゾーンのケアをしている理由第1位は「自分自身が快適に過ごすため」!

まず、デリケートゾーンのケアをしている20代~50代の女性に「デリケートゾーンのケアをしている理由を教えてください」という質問をしたところ、『自分自身が快適に過ごすため(55.4%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『衛生面のため(29.4%)』『男性の目が気になるから(10.1%)』と続きました。
異性を気にして…という理由でデリケートゾーンのケアをしている女性は意外と少ないようです。



次に、「デリケートゾーンをケアして変わったことを教えてください」と聞いてみると、『ストレスがなくなった(41.6%)』『ケアをする前より自分のことが好きになることができた(19.0%)』『気になるニオイがなくなったので人目が気にならなくなった(15.1%)』『男性とのラブタイムを楽しめるようになった(12.1%)』といった意見が挙がりました。

デリケートゾーンのケアをしている理由は人それぞれですが、自信などのポジティブな感情につながった…という点は同じなようです。


ケアを始めるきっかけとなったデリケートゾーンのトラブルとは…?

続いて、「ケアを始めるきっかけとなったデリケートゾーンのトラブルについて教えてください」と聞いてみると、『かゆみ(40.1%)』と回答した女性の割合が最も多く、次いで『ニオイ(29.4%)』『形(12.0%)』と続きました。



デリケートゾーンのかゆみの原因には、大きく分けて「かぶれ」「感染症」の2つがあります。
「かぶれ」は主に、下着による締め付けや、デリケートゾーンの蒸れ、生理用ナプキンなどの接触などでも起こります。
一方の「感染症」は、細菌やウイルス、カビなどの病原体に感染することで起こります。

デリケートゾーンの皮膚は、他のパーツと比べて粘膜に近く、下着などで常に覆われているため、湿度や温度が高まり蒸れやすい環境にあります。
また、汗や汚れなどもたまりやすく、清潔な状態を保ちにくいパーツと言えるでしょう。
そのため、かぶれを起こしやすく、細菌やウイルス、カビなどが繁殖しやすい条件がそろっているのです。

細菌やウイルス、カビなどの繁殖はニオイの原因にもなるため、デリケートゾーンのニオイに悩む女性が多いようですね。

ご自身にコンプレックスを抱えていると、心の健康にも良くありません。
デリケートゾーンにお悩みの女性は、しっかりとケアに取り組みましょう。


気になるデリケートゾーンのケア方法とは…?

デリケートゾーンのケアを始める時に悩むのが、「ケア方法」ではないでしょうか。
そこで、「デリケートゾーンのケア方法を教えてください(複数回答可)」という質問をしたところ、『洗浄する(53.3%)』『入浴時に専用の石けんを使用する(50.0%)』『薬品などを使用する(10.2%)』と続きました。



「毎日の入浴でデリケートゾーンをしっかり洗う…」という女性は多いと思いますが、ここで気になるのが『専用の石けんを使用する』という回答です。
デリケートゾーン専用の石けんで優しく洗うことで、トラブルが起きにくくなるでしょう。

しかし、デリケートゾーン専用の石けんはさまざまなタイプのものがあり、液体か固形かでも悩んでしまいますよね。

そこで、「石けんは液体派ですか?固形派ですか?」という質問をしたところ、以下のような結果になりました。



少なかった固形派の方に、固形石けんのメリットを聞いてみたところ、『しっかり洗えている感がある(40.2%)』『使用量を調節しやすい(27.3%)』『最後まで使い続けることができる(16.4%)』『浴室に置いてあってもデリケートゾーン専用だと分かりにくい(13.5%)』といった意見が挙がりました。



節約につながるうえに、「しっかりとケアできている!」と感じるのは、マインド面にも良い影響がありそうですね。
特に、「デリケートゾーンを気にしているなんて他の人に知られたくない…」とお悩みの女性にとって、浴室に置いてあってもデリケートゾーン専用だと分かりにくいというメリットは嬉しいのではないでしょうか。

デリケートゾーンのケアアイテム選びでお悩みの女性は、ぜひご参考にしてください。


もう悩まない。デリケートゾーンのお悩みに、『PH JAPAN 極-KIWAMI-』





「デリケートゾーンのトラブルを解決したい…」
「どんな専用石けんを選べばいいの?」
そんなお悩みを抱えている女性におすすめなのが、株式会社JRSコーポレーション(http://jrs-corp.jp/)が取り扱う『PH JAPAN 極-KIWAMI-http://jrs-corp.jp/product.htmlです。

『極-KIWAMI-』は、天然保湿成分とアミノ酸成分(ヒアルロン酸・コラーゲン・ローヤルゼリー・アスパラギン酸Na・イソロイシン・グリシン)を贅沢に配合させ、職人が2000時間以上かけて熟成させた透明固形石けんです。

従来の白い石けんは、弱酸性と書いてありながら、実はアルカリ性が多いのです。

アミノ酸の減少は、お肌の荒れやハリ、潤い不足の原因になるため、デリケートゾーンのトラブルにつながってしまいます。
一方、アミノ酸固形石けんは植物由来のお肌に優しいアミノ酸洗浄成分(ココイルグルタミン酸)を主成分としていますので、とても安全性が高く、洗顔後もお肌と同じ弱酸性をキープするのでお肌に負担がかかりません。
角質中の保湿成分はそのままに、肌の余分な汚れや皮脂のみを取り去り、洗いながら保湿もでき、もっちり、しっとりと洗い上げます。
使い続けるごとにお肌を柔らかくし、整ったサイクルが美肌効果を促します。

また、見た人を惹きつける”クリスタルのような最高の透明感”で、浴室をオシャレな空間に仕上げてくれるはずです。

デリケートゾーンのケアでお悩みの女性は、ぜひ一度、株式会社JRSコーポレーションにご相談ください。





株式会社JRSコーポレーション

株式会社JRSコーポレーションJRS CORPORATIONは(JAPAN RISING SUN)、日本が世界で一番早く朝日があがると言う言葉をもとに設立しました。
私たちの使命は、「輝ける毎日」をテーマに、お客様が日々を笑顔で過ごしていただけますよう、お客様の心に寄り添い、そしてその結果に「最後まで責任をもつ」ということ。

この考えのもとに「美を創造し、演出する」化粧品会社として、女性の美を追究し続けていきます。

お肌を美しく輝かせることはもちろん、内側からも美しくなることで人生が楽しく意味のあるものになるよう、 お一人おひとりの生き方を「演出」するお手伝いができる企業でありたいと願います。

10年を迎え、新たにPH JAPANとして生まれ変わり、日本から世界に向けて発信して行けるように日々進化し続けていきます。

■株式会社JRSコーポレーション:http://jrs-corp.jp/
■お問い合わせ:http://jrs-corp.jp/inquiry.html
■TEL:052-508-7095
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会