インテリア・雑貨 美容・健康

「うどんの中で寝たい。」 ひと言が初月2億円の価値

株式会社ゴールデンフィールド
日本人が眠れるのは「ふとんより、うどん」脳波も証明し、現在3ヶ月待ち

    悟空のきもち


約10分で眠らせる頭ほぐしで、その快感から現在、約49万人が予約待ちに並ぶ「悟空のきもち」を運営する株式会社ゴールデンフィールド(本店京都市 社長 金田 淳美)は、睡眠の深さを研究する過程で、入眠や、睡眠中、起床後の爽快感など、どの側面で見ても、ふとんより、うどんが優れていると考え、「布団を全てを否定するうどん」を開発。

「悟空のきもち」発案・企画、「伊勢丹新宿店」の意見協力のもと、深部体温と睡眠の深さを追求。約1年の研究開発を経て世界初の睡眠に特化した「睡眠用うどん」を8月下旬に発売。
発売から寝心地の反響で伸び続け発売1カ月時点で約14,000個を受注し売上は2.3億円に到達。

12月から生産を当初の20倍規模の月1万個体制まで増強。このたび脳波テストでもうどんの優位を証明し、うどんは冬を前に、日本中の布団を消滅させる躍進をしています。
 冬を前に ふとん消滅へ
■ 日本人が眠れるのは「ふとんより、うどん」を脳波が証明
使用中のユーザー様の声を中心にうどんの反響は膨らんでおりますが
入眠は、緊張感を表すβ波の減少からはじまり、つづいてリラックスを表すα波の上昇し
入眠速度は、この2つが影響されると言われています。


外部試験機関で、先月末に実施した睡眠用うどんと掛け布団の脳波テストによる比較では
日本人の被験者6人の平均値で一般的な掛布団に比べ、睡眠用うどんは、リラックスを表すα波が4.3%増加。
緊張感を表すβ波が6.2%減少。安心感に溢れる特性を持っていることから
日本人の入眠に適し、布団を凌駕するうどんの科学的検証も進んでいます。


■ 来年1月より世界発売も視野 
先月の商品発表が、中国国内ニュース・SNS微博などでアクセス殺到、一時検索ワードランキングでも10位以内に入るなど日本以上の反響に発展。
また、悟空のきもちニューヨーク店にも、アメリカ発売への問い合わせが相次ぐなど
これから脳波など、世界に通用するエビデンスを重ねていき、来年から、うどんを輸出。
中国・アメリカはじめ世界中の布団をうどんに変えていく新たなクールジャパンを開始します。

■ 睡眠用うどんのベストシーズンは冬です。
睡眠用うどんは、1年を通じてご利用いただけますが本来、冬に最も快適を発揮する寝具として
満を持して先月、発売に至っています。
寒い冬、寝ながら手が出せるスマホ操作や自由な温度調節に優れるだけでなく
うどんの上に毛布を掛け、その下で寝姿の自由を楽しむことで、快適な 温うどんをお楽しみ頂けます。

うどん麺の隙間は、温かい空気保持層と変化。毛布を掛けただけで、防寒布団よりも温かくなります。

■「うどんの中で寝たい」のひと言は、初月だけで2億円超の金言へ
このうどんを作るきっかけは、ざるうどんを食べながら、「この中で寝たい」と言ったスタッフの声。

斜め上の一言は、発売を契機に、ユーザー様から広がる反響とニーズ
脳波テストなど科学的に検証。海外から渇望の声を生み
初月で2.3億円の売上になるなど、うどんの歴史を変える一言になっています。

■ 開発に最も心掛けたのは、布団を完全に無視したこと。
布団の新製品として考えると、独創性がなくなることから、うどんとしてのもちもち感
洗える特性と新しい睡眠の質を独自に研究。
うどんならではの洗いやすさと、質感を追求するため検討を重ね
人口羽毛を2種ブレンドし、眠れるうどんとして、睡眠の深さを追求していきました。
本製品は、「ふとん」ではなく終始「うどんの新製品」として企画・考案した点が支持につながったと考えています。

史上類を見ない商品開発の結果
「うどんとしては高かったけど~」と購入者の方々は、嬉しそうに語っておられます。

商品特長や新規性に関しては、弊社ホームページをご覧ください。
https://goku-nokimochi.com/udon/ 「睡眠用うどん」

現在約3か月待ち(12月中旬)
価格 16,800円(税抜)
ご取材賜れば、世界初のうどんで熟睡いただけます。

   【画像ギャラリー】    




麺を分割して洗えます。
うどん麺の洗濯イメージ

睡眠用うどんロゴ
ホームページTOP
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会