医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

メディカルノート、横浜市の「医療マンガ大賞」と提携し第一線で活躍する医師と共にエピソードを提供

株式会社メディカルノート

株式会社メディカルノート(東京都渋谷区:代表取締役CEO梅田裕真、代表取締役 井上祥/以下、メディカルノート)は新しい医療広報に取り組む横浜市「医療の視点」が主催する「医療マンガ大賞」との提携をスタートしました。




メディカルノートは当社が運営するヘルスケアプラットフォーム「メディカルノート」において2018年10月より横浜市と連携し、「よこはま保健医療プラン2018」に基づき、横浜市が開設した「医療の視点」Webページに対し、臨床・教育・研究の最前線で活躍する医師の協力を得ながら医療体制や疾患をわかりやすくお伝えする情報を提供してきました。

今回の提携においては横浜市「医療の視点」メディカルノート提携ページの情報を元に、インタビュー担当医師の協力を得て「医療マンガ大賞」にエピソードを提供しました。第一線で活躍する医師によるリアルなエピソードから漫画家の皆様に市民にとってわかりやすく医療をお伝えするための漫画を製作していただきます。

■「医療マンガ大賞」エピソードページ
https://comici.jp/articles/?id=8938

■「医療マンガ大賞」特設ページ
https://medical-manga.comici.jp/

■横浜市「医療の視点」メディカルノート提携ページ
https://medicalnote.jp/lp/yokohamashi

また、9月30日(月)17:30~19:00(受付開始17:00)にBankART Stationでは以下のトークセッションを開催し、当社代表取締役の井上祥が参加します。

「医療マンガ大賞」トークセッション

「医療マンガ大賞」発表にあたり、「医療とマンガの可能性」をテーマにトークセッションイベン トを開催いたします。編集者、マンガ家、医療従事者、それぞれの視点から、これからの医療に求められる情報発信から、医療に関するマンガ作品を執筆する際のポイントまで、ここでしか聞くことの できない内容のトークセッションイベントです。どなたでもご参加いただけます。

日時:
令和元年9月30日(月)17:30~19:00(受付開始17:00)

場所:
BankART Station(横浜市西区みなとみらい5-1みなとみらい線新高島駅地下一階 [駅直結])

登壇者:
・佐渡島 庸平((株)コルク代表取締役会長/編集者)
・こしの りょう(マンガ家)
・大塚 篤司(SNS医療のカタチ/医師・コラムニスト)
・井上 祥((株)メディカルノート代表取締役・共同創業者/医師)

プログラム:
医療マンガ大賞趣旨説明、医療とマンガの可能性をテーマにしたトークセッション、フォトセッションなど

対象:
【こんな方におすすめ】
・医療マンガ大賞への応募を検討しているマンガ家さん
・横浜市の医療のことや医療の視点プロジェクトに関心が有る方
・横浜市とSNS医療のカタチ プロジェクトの取り組みに興味がある方

定員:
一般100名、漫画家20名
※お申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。
※出席申込後、やむを得ず欠席する場合は、事前にご連絡ください。
連絡先メールアドレス(横浜市医療局 広報事務局):city.yokohama@ozma.co.jp

入場料:
無料でご参加いただけます。

参加申込方法:
■一般・マンガ家の方の申込先:以下のURLよりお申込みください。
(URL)https://iryo-manga-taisho.peatix.com

今後も「メディカルノート」は、第一線で活躍する医療関係者の協力のもと、最新の医療情報の提供や自治体・官公庁・学会・大学・病院との連携を進めることで、医師と患者をつなぐヘルスケアプラットフォームの構築に努め、あらゆる人の医療ニーズに応えることを目指してまいります。

*平成28年度に実施された「横浜市民の医療に関する意識調査」*によると、医療機関の役割分担について「知っていて、どの医療機関が該当するかわかる」と回答した人は18.5% にとどまります。
出所:横浜市民の医療に関する意識調査
http://www.city.yokohama.lg.jp/iryo/i-keikaku/shiminishikityousa.pdf

■メディカルノートについて
「メディカルノート」は、患者にとって最良の医療に出会うためのサービスを提供するヘルスケアプラットフォームです。医療の最前線で活躍する医師や専門家が保有する最新の症例や治療、経験に基づいた信頼できる情報を、一人でも多くの方々に伝えることを目指し、病気や症状等をわかりやすく伝える医療情報と、オンライン上で医師や専門家に相談できるサービスを提供しております。
現在、「メディカルノート」には総勢1,900名以上もの医師や専門家に参加・ご協力いただいており、医師・医療機関と患者をインターネットによってつなげることで、双方にとってより良い医療の実現を目指してまいります。
URL:https://medicalnote.jp/
スマートフォンアプリ:https://bit.ly/2ByS1nk ※iOS/Android共通で利用可能なリンクです

■株式会社メディカルノートの概要
会社名:株式会社メディカルノート
設立:2014年10月
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル9F
代表取締役CEO  梅田 裕真
代表取締役   井上 祥
事業内容:ヘルスケアプラットフォーム事業、医療プラットフォーム事業
コーポレートサイト: http://medicalnote.co.jp/

特別顧問:
高久 史麿医師(地域医療振興協会会長、日本医学会前会長)
医療アドバイザー:
・五十嵐 隆医師(国立成育医療研究センター理事長、日本小児科学会前会長)
・糸山 泰人医師(国立精神医療研究センター元院長、国際医療福祉大学前副学長)
・小畑 正孝医師(医療法人社団ときわ理事長)
・垣添 忠生医師(公益財団法人日本対がん協会会長、国立がんセンター名誉総長)
・堺 常雄医師(株式会社日本病院共済会代表取締役日本病院会前会長)
・白石 吉彦医師(隠岐島前病院 院長)
・羽鳥 裕医師(日本医師会常任理事)
・平田 公一医師(札幌医科大学附属病院元病院長、JR札幌病院 顧問)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会