医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

ファルモ 調剤薬局向け在庫共有システム『Every』の提供を開始!

株式会社ファルモ
薬局業界向けソリューションを強化し、かかりつけ薬局・薬剤師推進のさらなる支援へ

株式会社ファルモ(以下、「当社」)は調剤薬局向け在庫共有システム『Every(エブリー)』を開発し、10月より提供を開始します。本システムは、調剤薬局における医薬品の発注・出庫管理や棚卸、店舗間の移動による在庫共有などを簡単な操作で行えるクラウド型サービスです。薬剤師の発注や在庫管理にかかる負担を削減し、業務の効率化をサポートすることで、かかりつけ薬局・薬剤師の推進を支援します。既に兵庫県姫路市を中心に調剤薬局、ドラックストアを122店舗を展開するゴダイ株式会社(本社:兵庫県姫路市 代表取締役:浦上晃之)で稼動しており、実店舗への導入も進んでいます。今後は、『Every』の機能拡充を図るとともに、電子お薬手帳との連携、薬局・薬剤師向けの教育コンテンツや地域への人材供給業務の充実など、当社が提供するソリューションを強化し、薬局業界をトータルサポートするリーディングカンパニーとして発展していきます。


調剤薬局向け在庫共有システム『Everyで、「かかりつけ薬局・薬剤師」のサポートを強化!
厚生労働省は、安全な薬物療法の提供などを目的とした「患者のための薬局ビジョン」を発表し、複数医療機関受診における重複投薬・相互作用の有無の確認や、丁寧な服薬指導、在宅訪問での薬学管理など、対物業務から対人業務への変化を求めています。
このような背景を受け当社では、電子お薬手帳や地域医療連携システムなどの開発・提供、薬局・薬剤師向けの教育コンテンツ提供や人材紹介業務などを様々なソリューションを通して、薬局・薬剤師のサポートを行ってきました。今回、調剤薬局向け在庫共有システム『Every』を開発し提供を開始することで、薬局における医薬品の在庫管理や棚卸などのバックグラウンド業務をより効率化させ対物業務を減らし、患者とのコミュニケーションの時間を増やすことで、病気予防や健康サポートまでを行う「かかりつけ薬局・薬剤師」の推進支援をより強化します。

<調剤薬局向け在庫共有システム『Every』の主な機能>



●在庫管理 :棚卸や入出庫のデータ入力、納品データの自動取り込み、
       特定医薬品の不足店舗や在庫を抱えている店舗の確認など
●受 発 注 :通常発注機能、アラート機能
●調剤情報 :店舗ごとの調剤確認、監視機能
●購入予測 :処方箋単位・患者単位による計算が可能、計数設定による外用薬などの 管理
●掲 示 板 機 能:掲示板機能で店舗同士の情報共有を効率化
●本部システム :各店舗の情報を本部で一括管理可能。帳合も標準機能として搭載(※情報の正確性はご利用のレセコンに依存します)





  薬局名と在庫数を一覧表示 経営に必要な情報をグラフで可視化 発注点発注にも対応

『Every』に関するお問い合わせ先
名 称:株式会社ファルモ
設 立:2012年5月
代表者:広井嘉栄
所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティータワー36F
T E L:03-5333-0553
F A X :03-3320-5511
E-mail:office@pharumo.jp
U R L:https://pharumo.jp
担当:野田
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会