美容・健康

着るタイプの化粧品から顔のうるおいを広く覆って守るフェイスカバーが登場!!5月17日新発売「着るモイスチャライザー フェイスカバー」             

株式会社ファンケル
口元から頬の乾燥対策に着用するだけの“うるおいパック”

株式会社ファンケルは5月17日(月)から、「着るモイスチャライザー フェイスカバー」(価格:1枚1,700円・2枚組3,060円<ともに税込>/全3色・フリーサイズ)を通信販売にて新たに発売します。同製品は、着るタイプの化粧品「着るモイスチャライザー」※シリーズの一つで、着用するだけで肌の「うるおいパック」ができるだけでなく、快適な着け心地など細部にまでこだわったフェイスカバーです。 夏でも冷房などで気になる口元や頬の乾燥に着目し、肌のうるおいを守りながら、外出時や就寝時など一日中お使いいただけます。 ※敏感肌研究を40年以上続けている化粧品会社ならではの新発想で、乾燥しがちなデリケート肌の女性に向けた着るタイプの化粧品シリーズ



<製品特長>
◆肌の水分を逃さない保湿を担うセラミドや皮膚保護成分を含んだ微細なカプセルを生地にコーティングしました*。着用中「うるおいパック」ができ、気になる口元や頬の乾燥から肌を守りながらうるおいが続きます。
◆洗濯をしても、保湿効果は持続します(50回洗濯試験済み)。
◆レーヨンとナイロンでオリジナルに開発した生地を使用し、肌にやさしくなめらかな感触です。
◆立体構造で着用中の息苦しさを軽減し、日中や睡眠中でもお使いいただけます。
◆鼻や唇の形が分かりにくい2層構造を採用し、アジャスター付きの紐でお好みのサイズに調整ができます。
(ウイルス、花粉、粉塵などを防ぐ目的では使用できません)
*保湿成分を含んだカプセルの付着によるもの

<開発背景>
マスク生活が定番化してきた昨今において、マスクによる肌荒れなど新たな「不」が生まれています。当社は、2020年10月に保湿効果を持つ着るタイプの化粧品「着るモイスチャライザーシリーズ」で、インナーマスクタイプのフェイスマスクを発売しましたが、「もっと大きく、立体構造にして欲しい」というご意見を多数いただきました。そこで、ご要望にお応えして肌を保湿する機能はそのままに、サイズを顔の頬からあごまでをしっかり覆う大きさにし、呼吸のしやすさを考えて2層の立体構造にしたフェイスカバーを開発しました。「マスクが手放せない日常の中で、マスクを着用しながらもお肌の保湿ケアをしたい」というニーズにも対応した製品です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)