美容・健康 広告・マーケティング

漢方という選択肢を身近に、あなたの毎日に漢方を+(プラス)「+kampo」を福利厚生サービスPerkにて提供開始

株式会社オフィス薬局
Wantedly契約企業にお勤めの従業員様限定特別価格でサービスが受けられます。https://perk.wantedly.com/products/431

株式会社オフィス薬局(所在地:東京千代田区、代表取締役薬剤師:笹森 有起)は、2021年5月7日よりウォンテッドリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 仲 暁子)が提供する福利厚生サービス Perkにサービス掲載パートナーとして参画し、会員を対象に、個別の症状や悩みに対応する「+kampo」の優待サービスを開始しました。


wantedly+kampo
■概要
忙しい現代社会において、ビジネスパーソンのほとんどが健康に関する悩みを抱えています。その多くは「未病」と呼ばれる不定愁訴であり、例えば日中の眠気や慢性的な疲労感 こうした不調を抱えたまま業務を行っていれば、やはり作業効率は低下してしまうでしょう。私達はそんな「未病」解消に有効な漢方薬を提供します。もっと手軽に漢方薬という選択肢を使えるようサポート致します。

■料金&利用の流れ
お試し通常価格:3,900円(10日分)※1ヶ月の定期継続:9,800円(30日分)
購入の手順1
購入の手順2
■「+kampo(プラス漢方)」
「+kampo」では、個別の症状やお悩みに対応する漢方薬を薬剤師がセレクトしご提供します。漢方薬は「薬」のため、サプリメントや健康食品では得にくい安心感や効果実感も得られる一方で、慢性の症状を改善しようと思った時などに自分にあった漢方薬を選ぶ難しさが存在します。体質から改善するためにまず見極めに1-2週間継続しての服用が必要です。さらに体質改善による改善症状などもあり、一般ユーザーが1人で使うにはハードルが高いという現状も存在しています。
そのため我々のサービスでは継続して効果を実感してもらうために薬剤師がLINEでサポート致します。慢性的な疲労を抱えている育児中の方や、日頃忙しく働いているビジネスマン、また仕事のやる気や元気が出ないといった悩みを抱える方などに最適です。
全てオンラインで対応可能なため、日本全国どこからでもサービスの利用が可能です。


■サービスの背景
オフィス薬局を開局した当初、企業様向けのサービスとして従業員の健康の悩みを漢方で解決出来ないか?ということを目指しておりました。
しかし、ヒアリングしていく中で「漢方って何となく体に良いイメージはあるけど、よく分からないしどこで売っているかもわからないから手を出せない」、「本当に効くのか?即効性がないのでは?」といった漢方に対する敷居の高さを感じる方や疑問の声も多くありました。
同時に、医療関係者や東洋医学を勉強している人、ユーザーとして漢方を飲み慣れている人以外には、漢方には非常に難解な表現や情報の統一性がなく、分かりにくい事が疑問の声に繋がっている事にも気付きました。そこで漢方に対する不安や不明瞭な状態を取り除き、クリアな情報を提供できるサービスが必要であると感じたのがきっかけでした。
漢方薬が商材として認知されることで漢方薬市場が広がり、顧客の悩みに対する有効な対策や選択肢の一つとしてより多くの人に届くようサービスを提供していきたいと考えています。

■サービス情報
名称   : +kampo「疲労倦怠感 / 心身・自律神経の疲れ 10日分お試し」
価格   : 3,900円(消費税込・送料込) ※1ヶ月の定期継続は9,800円
販売先URL :https://www.pluskampo.jp/
内容   :10日分の漢方薬、薬剤師によるLINEサポート
(リマインド機能、セルフ体調チェックシート、オンライン相談など)


【ウォンテッドリー株式会社 】
代表者:代表取締役 仲 暁子
所在地:東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
事業内容:ビジネスSNS「Wantedly」の企画・開発・運営:https://www.wantedly.com

【株式会社オフィス薬局】
代表者:代表取締役薬剤師 笹森 有起
本店住所:東京都千代田区神田錦町3-17Cube神田2号室
薬局許可番号:第0101190165号
+kampoサービスURL:https://www.pluskampo.jp
+kampoウェブマガジン:https://www.pluskampo.com
HP:https://officepharmacy.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)