医療・医薬・福祉 美容・健康

【一人暮らしのワンコイン見守り(¥500)】のサービスを受付開始

合同会社Looops
私はもちろん、実家の親へも、LINEで簡単、低費用で始めやすい見守りです

おひとり暮らしで「もしも私が急に倒れたら…」との不安がある方が増えています。今はまだ、元気なので大げさな仕組みでの見守りはイヤ。でも、もしもの時には、緊急対応までしっかりしてくれないと心配。そんな私はもちろん、心配な実家の親へも、LINEで簡単に、低費用で、しっかり対応できる、始めやすい見守りです。LINE、またはメールで受付をしています。 https://www.longlifeplan.jp/


 合同会社Looops(本社:東京都中央区 代表吉川修一)は、Webサービス「Long Life Plan」にて、「一人暮らしのワンコイン見守り」サービスを開始します。
 お一人暮らしで不安に思っている方へ、毎日の状況をLINEで確認し、もしもの時に緊急連絡対応ができるサービスです。朝、届くLINEに「元気です」という挨拶ボタンを押すだけです。既読にならない方には、再度個別にメッセージやお電話でご連絡します。状況が確認できない場合、予め定めた緊急連絡先などにご連絡いたします。
 万が一の場合、思いがけない入院や、機能の障がい、一命にかかわる際の取り決めをして、ご希望に応じたサポートをさせていただきます。オプションになりますが、緊急の病院連絡や、入退院の対応など、ご相談ください。緊急連絡先などが無い方も、行政書士によるサービスですので、もしものご対応について、ご相談できます。
 料金は月500円(税込)です。見守りサービスでは最安クラスにおさえ、自分に必要かをためらう方にも始めやすいサービスです。まずはサイトより、本サービス内容についてご相談できます。

<こんな思いの方にむけたサービスです>
・親が一人暮らしだが、遠方で何かあった際に駆け付けきれず、心配である。
・普段LINEで連絡もするが、毎日というわけにもいかないのでもしもの時が心配。
・センサーなどは監視される感じで抵抗感があるし、家に設置しても外出することも多い。
・まだ若く、今は元気だけど、都市の一人暮らしで、何かあった時に気づいてもらえるか心配。
・不規則な仕事で、人があまりいない時間に倒れたりすることが心配。
長寿時代ですが、明日何があるかわからない時代でもあります。
もしもという時、連絡手配や駆けつけてくれる人がいたら、少し安心して、毎日を過ごせませんか。

<サービスの特徴>
・見守るだけでなく、「もしもの時」に緊急対応ができます
・カメラやセンサーでの監視ではなく、日々の安否をボタンで押します
・大げさな見守りのしくみは必要なく、でも何かあればきっちり対応
・あなたのペースでやりとり、たまに少し温かみのある挨拶もできます
・月¥500(税込)、コーヒー1杯分で1か月の安心を

<サービス内容>
500円(税込)で、毎日の見守りと緊急時の対応をします。
(1)LINEで毎朝7時にメッセージを送ります。
(2)15時までに既読ボタンを押してください。
(3)既読にならない方へ、再度、個別にメッセージをお送りします。
(4)18時まで既読にならない際、お電話で状況を伺います。
(5)状況が確認できない場合、予め定めた緊急連絡先などにご連絡します。
※個別に連絡時間(週3、週末のみ)などのご希望はご相談ください。

<オプション>
万が一の場合、思いがけない入院や、脳機能の障がい、一命にかかわる際の取り決めをして、ご希望に応じたサポート内容をさせていただきます。
オプション例:緊急の訪問駆けつけ/鍵預り、病院連絡、入退院の対応・同行、実家・お子さまへの対応、成年後見人契約

<本サービスの背景>
 日本は、世帯構成が変化し、単身世帯が増えています。2019年の厚生労働省国民生活基礎調査では28.8%が単身世帯で、この割合は毎年増加の傾向です。主な要因は、老親と子どもの同居率が低下していることと、未婚者が増加していることです。そのため、介護は事業者への依頼、または別居家族が通うこととなり、そうでない日には一人の時間がうまれます。一方で、若年層も一人暮らしで倒れていたなどということも増えています。一人身の方は、コロナ禍のステイホームで、特に不安な気持ちで暮らしている状況です。

<お申込み>
 Long Life Planで相談受付をされました後は、メンバーであり、提携の行政書士である時田美奈が代表のときた行政書士事務所にて、契約をさせていただきます。
 Long Life Planの専門家メンバーは、高齢化、単身世帯化する日本での重要な対策のきっかけづくりになりたいというメンバーの想いから、今回のサービスを実施することにしました。サイトから、LINEまたはメールにて、以下の手順でご相談を受付けております。ご相談は無料ですので、お気軽に相談ください。
1.サイトにアクセスし、「一人暮らしのワンコイン見守り」の詳細を選択。
2.サービスの説明をお読みいただき、LINEに友だち申請、またはメールで相談文を送る。
3.LINEの公式サイトで「一人暮らしのワンコイン見守り」サービスのボタンを押し、LINEを閉じる。
4.行政書士時田美奈が1人ずつ個別のご対応をいたします。返信をお待ちください。
Long Life Planは、サービス利用の相談と受付となります。
サービスのご説明、オプションのご案内、ご希望や質問などの、ご相談ができます。
サービスを申込みされる場合は、ときた行政書士事務所との契約となります。
https://tokitamina-gyousho.com/


Long Life Planの概要
■サービス名
Long Life Plan < https://www.longlifeplan.co.jp/ >
■サイトの内容
人生の後半に向けた対策サービスのご相談に、専門家メンバーがお答えします。
「一人暮らしのワンコイン見守り」「自筆遺言書のチェックサービス」「ライフプランと相続の相談」の受付。
■専門家メンバー
吉川修一 ファイナンシャルプランナー
時田美奈 行政書⼠、家族信託専門⼠、相続診断⼠、AFP
⽮部祥太郎 司法書⼠、行政書⼠、宅地建物取引主任者、FP2級技能⼠
久保田一成 公認会計士、税理士
⾚沼要 宅地建物取引業/神奈川県知事免許(2)第27942号
■このサービスが目指すこと
・LINEできける:まずはLINEで聞けるから、楽に相談できる。ニックネームでプライバシーを守りながら、知りたいことを丁寧に教えてもらえます。
・専門家がいる:顔が見える専門家がいるから、安心できる。幅広い内容にそれぞれの担当が、または複数の担当が共有してお答えします。
・丁寧なアドバイス:親身で丁寧なアドバイスをモットーにしたサイトです。自分の状況をふまえて、話せるので、自分のペースで向き合えます。
■SNS
https://www.facebook.com/longlifeplan100/
https://twitter.com/LongLifePlanTW
■さらなる向上へ
AI化時代のはじまりに、ファイナンスや⼠業などの相談サービスをはじめました。⼠業はAIに代替されるサービスと言われています。我々は、この取り組みによって、便利なデジタルサービスを発展、向上させていきながら、一方で、本当に人が対応していくべきことは何かを追求していきます。そのために、お客さまの幸せに想いをもつメンバーでサービスを開始しました。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)