医療・医薬・福祉 美容・健康

【フェムテック事例に精通】NewsPicksシリコンバレー支局長 洪由姫氏がGrace Bankへの寄稿を開始!

株式会社グレイスグループ
~女性の医学的機能を理解し、社会全体で向き合う時代へ~

 株式会社グレイスグループ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:花田秀則、以下「グレイスグループ」)は、Grace Bankのブランドにて「選択的卵子凍結保存サービス」及び「卵子や妊孕性に関する社会環境改善のための啓発活動」を展開しておりますが、この度NewsPicksシリコンバレー支局長であり、フェムテック分野の世界の最新事例に通じた洪由姫(こう ゆき)氏が、Grace Bankの活動に賛同し、Grace Bankのオウンドメディアへの寄稿を開始いたしましたことをご報告いたします。  なお、洪氏の最新記事として、本日2021年5月12日付にて「メルカリが福利厚生導入で話題!米国で進む卵子凍結サポート」が公開されており、洪氏は今後も、海外の最新事例や現地でのご自身の経験を踏まえた記事をGrace Bankのオウンドメディアに定期的に寄稿する予定です。  Grace Bankでは、こうした海外の先進事例を積極的に国内で発信することにより、引き続き「女性の医学的機能を理解し、社会全体で向き合う時代」の実現を強力に推進してまいります。


 日本は世界で最も深刻な少子化問題を抱える国でありながら、世界最多の体外受精件数を誇る不妊治療大国です。国内の不妊治療技術は世界最高と言われながらも、その成績は決して芳しくなく、2021年の年間出生数はついに80万人を下回るとまで予測されています(※出典:日本総研「コロナ禍で加速する少子化」)。また、世界経済フォーラムによる「世界ジェンダー・ギャップ報告書2021」によれば、日本の総合スコアは対象153カ国中120位と女性の社会進出や女性活躍の領域において、先進国の中でも大きな遅れを指摘されています。先進国の中でも生産性の低い日本が、女性の平等活躍を経済面で実現できれば、GDPは5,500億ドル増加するという試算もあります。

 グレイスグループは、これら「深刻な少子化」「高い技術がありながら、成績の低い不妊治療」「進まない女性の社会進出」の3つの社会課題の改善・解決には、「企業等を巻き込んだ社会全体での取り組み」、「最新のソリューションの積極的な活用」の2つが不可欠であると考えています。グレイスグループの提供する選択的卵子凍結サービス「Grace Bank」は、女性がご自身のキャリアやライフプランと向き合う上で有効な選択肢の1つですが、ご利用いただく単位は個人であったとしても、職場の理解や啓発が無ければ機能しにくい側面があります。
 グレイスグループは、多様化する女性のキャリアやライフプランを積極的に支援することで、社会全体の利益の創出に取り組み、「女性の医学的機能を理解し、社会全体で向き合う時代」の実現と、それによる日本の国際競争力強化及び社会環境の改善に貢献してまいります。

【洪由姫氏について】

NewsPicksシリコンバレー支局長 洪由姫氏

洪由姫氏 略歴
 テレビ東京で報道番組ディレクター・記者として勤務。 社会部、経済部を経て2009年から5年間ニューヨーク支局特派員として景気のどん底からIT産業をバネに立ち直るアメリカ経済を取材。その牽引力となったシリコンバレー流イノベーションの生み方に刺激を受ける。16年からスタンフォード大学客員研究員としてデジタルメディアの可能性について研究し、現在NewsPicks編集部に所属。2018年ごろより米国を始め世界での生殖医療領域に関する取材を開始。企業の先進的な取り組みやスタートアップの新サービス、世界の先端事例についても数多くのインタビューを重ねている。


洪由姫氏 NewsPicksでの主な記事 
(※一部有料会員のみ)


2021年5月9日「【実録】息子のために61歳で『代理母』になった家族の物語」https://newspicks.com/news/5828814
・2021年3月30日「【保存版】世界の最先端を先取り、必見フェムテック15社」https://newspicks.com/news/5721228?ref=user_1799394#
・2021年1月26日「【新常識】世界のトップ企業が導入する「福利厚生」はこれだ」https://newspicks.com/book/2734/article/5562537?ref=book_2734


※NewsPicksによるプロフィール及び過去の記事
https://newspicks.com/user/1799394/

【洪由姫氏によるGrace Bank寄稿記事】


・2021年5月12日「メルカリが福利厚生導入で話題!米国で進む卵子凍結サポート」https://note.com/yukikousf/n/nca2dfb40609d
2021年5月5日「私が卵子凍結をした、これだけの理由」https://note.com/yukikousf/n/n32ee04e70968
2021年4月17日「アメリカ発、卵子凍結のイメージをガラリと変えたKindbody」https://note.com/yukikousf/n/n2a1df8cb7470


※記事の公平性を期すため、テーマ選定や記事の中身についてGrace Bankは一切編集を加えておりません。
※洪氏は米国シリコンバレーに滞在しておりますが、上記日付はいずれも日本時間です。

【株式会社グレイスグループについて】
 グレイスグループは、「女性が願うあらゆるライフプランが社会的制約なく叶えられる未来の創出」をミッションに掲げ、女性の医学的機能(月経・妊娠・出産など)にまつわる様々な負担やリスクを軽減するための最先端の総合医療サービスの提供を目指しています。選択的卵子凍結保存サービス「Grace Bank」は、キャリアと出産の両立や、将来の不妊に不安を抱える人々を支援する、グレイスグループの最初の事業です。
Grace Bank ロゴ
株式会社グレイスグループ概要


商 号: 株式会社グレイスグループ(英語名:Grace Group Inc.)
設 立: 2020年8月31日
代表者: 代表取締役 勝見 祐幸/花田 秀則
本 社: 東京都港区六本木5-12-21-601
事業内容: 選択的卵子凍結保管サービス事業「Grace Bank(https://gracebank.jp/)」
ウェブサイト: http://gracegroupjapan.com


【“選択的卵子凍結”とは】
 「医学的に妊孕性喪失が差し迫っている状況ではない方」が「ご自身の将来のライフプランのために」実施する卵子凍結を、私たちは「選択的卵子凍結」と呼んでいます。
 これは、米国をはじめ海外で一般的に”Social Egg Freezing”と呼ばれるものとほぼ同義ですが、妊娠・出産はすべての女性に等しく求められるべきものではないこと、社会が女性に妊娠・出産を強いる風潮を醸成してはならないことを前提に、Socialの直訳語である「社会的」という、やや圧力的とも受け取れる用語ではなく、「選択的」という女性ご自身の意志を尊重した言葉でご案内をしています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)