自然・環境 美容・健康

【プラスチックを約50%削減するパッケージへ】 5億本突破(※)の「明色シリーズ」が、環境負担削減を目指した取り組みを実施

株式会社桃谷順天館
約90年続く超ロングセラー商品「明色シリーズ」が環境配慮型製品に。

美と健康を追求して135年、桃谷順天館グループの株式会社 明色化粧品は、持続可能な社会の実現に向けて、プラスチック廃棄物による環境負担削減を目指し、1932年より発売しているロングセラー「明色シリーズ」のパッケージの仕様を順次切り替え、変更していきます。これまでは、プラスチックのシュリンクフィルムを採用していましたが、切り替え後はシールラベルにすることでプラスチックの使用を約50%削減し、地球環境の保全に努めていく考えです。 ※シリーズ累計出荷数



SDGsの取り組み



明色化粧品の母体である桃谷順天館グループは2020年、国際目標であるSDGs(Sustainable Development Goals) 17項目の中から、当社が特に注力していく活動を大きく3つに定め「クリーンビューティー宣言」を制定いたしました。
<クリーンビューティー宣言>
1.すべての人が、美しく健やかな毎日を過ごすことができる社会へ貢献する
2.ダイバーシティを尊重し、働き方改革を推進し、女性の活躍を応援する
3.地球環境に配慮した製品やサービスを提供する

今回の取り組みは上記3に則り、実施するものです。日本は一人あたりのプラスチック容器ごみ発生量が世界で2番目に多い国であり、ゴミ全体の10%をプラスチックが占めると言われています。海に流れ込んだプラスチックごみがマイクロプラスチックとなり、魚などに取りこまれ、人間を含む動物にも悪影響を及ぼす「海洋プラスチックごみ」も問題視されています。
切り替え前のパッケージ
切り替え後のパッケージ
「明色シリーズ」のガラス容器を採用している12製品には、これまでプラスチックのシュリンクフィルムを採用していましたが、切り替え後はシールラベルにすることでプラスチックの使用を約50%削減し、持続可能な社会・環境の実現への貢献を目指します。
なお、発売当時から無着色であった商品特性が一目でわかるパッケージとなったことにより、お客さまからすでに好評をいただいております。
また、お客さまに商品をお届けする際にも、環境にやさしい包装資材を採用するなど、今後も一層、サスティナビリティを意識した取り組みを拡大させてまいります。
シュリンクをラベルシールに
<パッケージ仕様変更該当商品(明色シリーズ 12品)>
パッケージの仕様の切り替えは、順次行っています。

・明色 スキンフレッシュナー<無着色・弱酸性> 170mL 770円(税込)
・明色 ソフトアストリンゼン<無着色・弱酸性> 170mL 770円(税込)
・明色 レモンアストリンゼン<無着色・弱酸性> 170mL 770円(税込)
・明色 奥さま用アストリンゼン<無着色・低香料・弱酸性> 170mL 770円(税込)
・明色 無香料アストリンゼン<無香料・無着色・防腐剤フリー・ノンアルコール・オイルフリー> 170mL 770円(税込)
・明色 モイスチュアアストリンゼン<無着色・弱酸性> 170mL 770円(税込)
・明色 ソフト乳液<無着色・弱酸性> 158mL 770円(税込)
・明色 レモン乳液<無着色・弱酸性>158mL 770円(税込)
・明色 奥さま用乳液<無着色・弱酸性> 158mL 770円(税込)
・明色 うす化粧乳液 158mL 825円(税込)
・明色 薬用ホワイトモイスチュアローション【医薬部外品】<無着色・弱酸性> 170mL 770円(税込)
・明色 薬用ホワイトモイスチュアミルク【医薬部外品】<無着色・弱酸性> 158mL 770円(税込)



明色シリーズとは


1932年から続く超ロングセラー 5億本突破(※)の「明色シリーズ」
1932年に発売した「明色クリンシンクリーム」や1936年に業界に先駆けて発売した弱酸性の化粧水「明色アストリンゼン」をはじめとし、約90年の永きにわたり、多くのお客さまに愛され続けている実力派スキンケアシリーズです。ラインアップは15種類。若年層のあいだでは「レトロコスメ」としてSNS等で話題になるなど、幅広い年齢層のお客さまにご支持いただいています。

【明色シリーズブランドページURL】
https://www.meishoku.co.jp/shop/pages/ms.aspx

「明色シリーズ」は、各店舗やAmazon等で購入いただけます。


会社概要

会社名:株式会社 明色化粧品
代表者:代表取締役社長 桃谷 誠一郎(ももたに せいいちろう)
設立:1993年12月
本社:大阪市中央区上町1丁目4番1号
事業内容:化粧品等の販売
https://www.meishoku.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)