その他 医療・医薬・福祉

官民連携でコロナワクチンを輸送するシステムを構築【千葉県佐倉市】

佐倉市
冷凍管理状態で基本接種型施設から連携型(サテライト型)接種施設まで安全確実に輸送。

 国際貨物特殊温調梱包を業務とする株式会社日本パッキング&シールズ(成田市、代表取締役 小西治幸)と、千葉を中心とした医療用医薬品卸売を業務とし、医薬品の地域配送に精通した岩渕薬品株式会社(佐倉市、代表取締役 岩渕琢磨)とが、千葉県佐倉市(市長 西田三十五)と連携し、新型コロナワクチンを冷凍管理の状態で安全、且つ、正確に配送する仕組みを構築しました。  日本パッキング&シールズは、ファイザー社製ワクチンは非常に繊細な輸送形態を求められていることから、今回、基本接種型施設から連携型(サテライト型)接種施設のあいだを高度な温調冷凍容器を利用し、冷凍管理状態(零下20度以下)のまま輸送することを考案。  佐倉市は、この輸送箱を用いて岩渕薬品が持つ長年の輸送経験を利用し配送することで、市内全域の連携型(サテライト型)接種施設に温度管理が出来たワクチンを常時、安全・確実に輸送出来るシステムを構築しました。





◇2種類のボックスで配送
 使用するのは、株式会社日本パッキング&シールズが開発した、零下20度以下での冷凍保管ができるタイプと、温度を2~8度に保って冷蔵移送を可能とする2種類の配送ボックス。
 岩渕薬品株式会社が配送を担当し、超低温冷凍庫(ディープフリーザー)を備えた「基本型接種施設」からワクチンを受領したのち、集団接種会場や地域の医療機関などの「連携型(サテライト型)接種施設」へ配送します。


◇保管期間が延長
 零下20度帯での配送を実現することで、ワクチンをより安全に配送できます。また、冷凍管理での保管期間は(最大14日間)となっており、冷蔵保管期間(最大5日間)より長く保管し接種することが可能であることから、各医療機関ではワクチン接種をより柔軟に、計画的に実施することが可能となります。


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
佐倉市役所 新型コロナウイルス感染症対策室
住所:千葉県佐倉市江原台2丁目27
TEL:043-485-6711
URL:http://www.city.sakura.lg.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)